箱入みかんはカビが生えやすい。傷んでしまう原因は?長持ちする保存方法は?

冬の食べ物と言ったら、みかん。箱買いしているご家庭も多いのではないでしょうか。

「チマチマ買いに行くのも面倒だから、まとめてストックしておこうよ!」

ということで、我が家ではふるさと納税の返礼品を利用し、みかんを箱入でいただいています。

みかんは年齢問わず親しみやすく、包丁を使わないし、時間や場所を選ばず手軽に食べれる果物です。

「たくさんみかんが食べたい!」

と箱入みかんをゲットしたとしても、心配なのが・・・そう。カビですよね。

キレイなオレンジ色のみかんの中に埋もれている、あのグニャッとした感触といい青白いものといい・・・

あんまりいい気分になれないですよね。

たっぷり入ったみかんをカビを生やさずに、長持ちさせるポイントがあります。

このポイントを知っておくと、カビでみかんを捨てることなく美味しいみかんをたくさん食べることができますよ。

※当記事ではカビの生えたみかんが登場します。閲覧の際はご注意ください。

そもそも、なぜ箱に入ったみかんはカビが生えやすい?

食べごろをすぎると、みかんはすぐに傷んでしまう。

箱に入ったみかんは、カビが生えやすい。その理由は2つ。

  • 湿気や温度による影響を受けやすい
  • みかんの皮が薄く破れやすい

にあります。

湿気や温度による影響を受けやすい

ゴロゴロと重なったみかんは、満員電車のように皮と皮がくっ付き合っています。

みかんの段ボール箱を触ってみると、長旅の経過で多くの湿気をたくさん吸い、ジメッとしていますよね。

低カロリーでビタミンCが豊富なみかんですが、その90%が水分

寒い冬に出荷されていますが、段ボールの中はぬくぬくしてて温かいのです。

届いたみかんを見ると、写真のように重なった状態です。

密集し合っているみかんは押しくらまんじゅうをしながら水分を蒸発して、段ボール箱の中で蒸発した水分を吸い、湿度と温度を上げてしまっています。

みかんの皮が薄く破れやすい

コロコロしてて小さな形をしているみかんですが、大量に重なってしまうとかなりの重さ。

箱の中で重なり合っているみかんは、下に行くにつれて、このように潰れているものがありました。

これは、不良品とかではなく収穫時や運搬時で起こる自然のこと

みかんが潰れることによって皮が破れやすくなり、破れた皮から水分が流れ出て細菌が付着しやすくなります。

届いたみかんの中には、傷んでいたりカビが生えているものはひとつもありませんでした。

しかし、保存方法を怠ってしまい、ほったらかしにしておくと、カビを生やしてしまう恐れがあります。

傷んでいるみかんとは、どんなものなのか?

みかんの表面が柔らかく白いものが見えると、傷んでいる可能性あり。

  • 表面が青いまたは白い胞子が浮いている
  • グニャッとしてて柔らかく汁が出ている
  • カビくさい異臭がする

早いうちに処分しておかないと、傷んだみかんの汁が隣接し合っているみかんに伝染し、他のみかんの劣化が早くなってしまいます。

箱の中で、上記のみかんを見つけたら、真っ先に処分をしましょう。

写真のみかんは、表面が柔らかく汁っぽいものが出ており、葉っぱの下に少し白いものが浮いています。

ここまで進行しはじめたら、傷んだ箇所を取り除き、早めに食べ切ったほうがいいです。

「変な味・・・」と、もしも食べた時に違和感を感じたら、無理して食べないで廃棄をします。

箱入みかんの保存方法とカビを生やさないポイント

たっぷりいただいたみかんを、カビを生やさず、全部食べ切りたい!

そんな願いを応えるため、注意すべきポイントをまとめました。

箱にたっぷり入ったみかんにカビを生やさないポイントは、

  • 適度に箱を入れ替えて、湿気を溜め込み過ぎない
  • みかん同士を密着しすぎず、スキマを空ける
  • みかんの変形に注意。重ねるときは大きいものが下
  • 10℃以下の風通しの良い場所に保存する

ひとつひとつ手順に沿って、説明していきます。

適度に箱を入れ替えて、湿気を溜め込み過ぎない

届いたばかりのときは、みかん同士が密着していますよね。

このまま保管していると、いつかカビを生やしてしまうことにもなりかねません。

ちょっとした一手間を加えて、カビ対策をしましょう。

ご自宅に届いたみかんの段ボールは、湿気をたくさん吸っています。

お手持ちの段ボールにみかんを移動させて、段ボールの水分から湿気を増やさないようにします。

段ボールにみかんを移動させるときの並べ方を次でご紹介。

みかん同士を密着しすぎず、スキマを空ける

新しい段ボールの底に新聞紙を敷き、この上にみかんを並べていきます。

我が家では新聞を取っていないためチラシを敷いていますが、新聞紙の方が水分を吸いやすいのでベターです。

並べるときは、みかんが重ならないようにスキマを空けて並べていきます。

密着することで皮に傷がつきやすくなる原因になります。

みかん同士を離すことによって、このような効果があります。

  • みかん同士が密着せず傷がつきにくなる
  • 風通しがよくなり湿気がたまりにくくなる

みかんの変形に注意。重ねるときは大きいものが下

並べるときは、ただやみくもに並べるのではなく、意識してほしいことがあります。

箱入りみかんの量はハンパなく多いので、できるだけ重ねず並べることができればベストです

しかし、並べるとなるとかなり場所を取ってしまいますよね。

箱の中でみかんを重ねて保存する際は、形が大きかったりずっしりと重たいみかんを必ず下にすることを意識しましょう

あともうひとつ。お気づきでしょうか?

みかんを置くとき、ヘタを下にしていますよね?

ヘタの部分は固く厚みがあるため、ある程度の重さが伴います。

重みの影響で他のみかんを潰してしまわないように、ヘタを下にして防いでいます。

二重に重ねる時は、さらに新聞紙を敷いて、みかん同士の接触を避けます。

一番上まで重ねたみかんが達したら、新聞紙でをし、みかんの皮の乾燥を防止します。

10℃以下の風通しの良い場所に保存する

12月中旬に玄関で保管した箱入みかん。気温が高い時は置きっぱなし注意。

温度と湿度の影響を受けると傷んでしまうように、みかんは高温多湿を嫌います。

保存する時は、10℃以下で保存。5℃〜8℃が適しています。

冷蔵庫の野菜室や冷凍保存も可能ですが、箱入の大量のみかんを密着せず保存だと限度がありますよね。

常温で保存するときは、暖房や暖かい空気が当たらない風通しが良い場所がベストです。

間取りによって温度帯が変化しますが、直射日光が当たらない窓際か、温度が冷えやすい玄関付近がベスト。

リビングや台所は、エアコンや調理中の蒸気などで空気が暖かくなることがありますので、注意しましょう。

カビは、10℃を下回ると増殖しにくくなります。低い温度帯に置いておくだけで、カビを増殖させる可能性がグンと下がります。

同じ場所に置きっぱなしはNG。1日〜2日おきに配置の入れ替え必須。

「密着せず重いものを下にしたから、これで大丈夫!」

と、安心しきってしまい、みかんを放置したままにするのはNG。

必ず、1日〜2日おきにみかんが傷んでいないかを確認し、配置の入れ替えを行いましょう。

みかんの入れ替えをキチンとしていたものの・・・、あっちゃ〜・・・

私もつい油断してしまい、1個傷ませてしまいました。(ゴメンナサイ)

室温が14℃と少し高く、敷いていたものがチラシなので、温度と通気性の条件がやや劣っていました。

みかんの配置の入れ替えは、傷ませないコツなんですけども、目視をして傷みがないかをチェックをするという意味合いも兼ねています。

百聞は一見にしかず。

どんなに優れた保存テクニックがあっても、ひとつひとつ目視でチェックしたほうが確実です。

マメなみかんのチェックを忘れないようにしましょう。

正しい保存とマメな入れ替えで美味しさ長持ち。

こたつで食べるみかんは、やっぱり美味しい。

箱入りみかんは、温度や湿度の影響を受けやすく、皮が柔らかい上に破れやすいです。

狭い箱の中で、みかん同士ぎゅうぎゅうに密着し合っているため、傷みやすくカビが繁殖しやすい環境になってしまいます。

みかんを傷みにくくするためには、

  • 適度に箱を入れ替えて、湿気を溜め込み過ぎない
  • みかん同士を密着しすぎず、スキマを空ける
  • みかんの変形に注意。重ねるときは大きいものが下
  • 10℃以下の風通しの良い場所に保存する

以上のルールを守って、美味しいみかんをたくさん食べて、寒い冬を乗り越えてくださいね。

こたつにみかん!最高ですね。

こちらの記事もあわせてどうぞ。

バナナの中身に茶色っぽい黒い筋。変色しやすい果物だけど食べないほうがいい現象もあるよって話。【閲覧注意】

2019-12-13