Check!主婦の在宅ワーク求人多数!募集中の在宅・時短のお仕事情報を今すぐチェック!

WordPressテーマは有料のほうがいい?買い切り型を選ぶ時の注意点と無料テーマを使いたいときの対策

このページのリンクには広告が含まれています。

WordPressでブログを始めるときの悩みのタネって、テーマ選びではないでしょうか。

WordPressテーマは、無料でインストールできるものと、有料で購入するものがあります。

お困りママ

WordPressを始めるとき、有料テーマを買ったほうがいいの?

サイトのデザインだけで1万円以上の出費は高いよね。

Rumi

有料テーマを使ったほうが効率的に作業ができます。

けど、記事を増やすまでは、無料テーマを使ったほうが低コストで運営ができます。

WordPressテーマとは、サイトのデザインや機能を決めるテンプレートのこと。

サイトのイメージや使いやすさ、SEOに影響するため、テーマ選びは重要!

それぞれのメリットデメリットを紹介します。

\当サイトで使用しているWordPressテーマ/

XWRITE(エックスライト)は国内シェアNo.1エックスサーバーが開発したWordPressテーマです

無料テーマのメリットとデメリット

無料テーマのメリット
  • 費用がかからない
  • 気軽におためしができる
無料テーマのデメリット
  • 機能が少ない
  • コードの編集が必要な場合がある
  • 足りない機能はプラグインで補う必要がある
  • 他の人と差別化しにくい
  • サポート対応やアップデート更新が不十分

無料テーマは、字のごとく、お金のかからないWordPressテーマです。

無料テーマは、記事を書いて公開することに特化しています。

サイトのデザインは、あらかじめテーマの中に用意されているデザインや機能を選択します。

サイトの外観にオリジナリティを出したり、欲しい機能を追加したいときは、プラグインとあわせて使うことが多いです。

プラグインは、WordPressの機能を追加するプログラムです。プラグインで、サイトの外観を細かく設定するときは、専門知識が必要なことがあります。

Rumi

プラグインなしで無料テーマを使うと、他のサイトと似たような外観になったり、作業するときに不便に感じることがあります。

有料テーマのメリットとデメリット

有料テーマのメリット
  • 機能やデザインが豊富
  • SEO対策や表示速度がすぐれている
  • サポート体制が整っている
有料テーマのデメリット
  • 費用がかかる
  • 人気のテーマは被りやすい

有料テーマは、言うまでもなく・・・お金のかかるテーマです。

お金のかかるテーマだからこそ、無料テーマにはできない高品質な機能が備わっています。

万が一の不具合やトラブルにも対応できる点は、初心者にとって特に重要なところ!

ブログの外観は、デザインやレイアウトを自由に変更することができて、オリジナリティが出しやすいです。

スマホから見てもキレイに表示されたり、プラグインを使わなくても機能が備わっていることもあります。

Rumi

プラグインのインストールは、サイトエラーを起こすトラブルがあり、初心者には難易度の高い作業です。

プラグインに自信のない方は有料テーマを使いましょう。

有料テーマには買い切り型とサブスク型がある

有料テーマは、2種類あります。

  • 買い切り型の有料テーマ
  • サブスク型の有料テーマ

買い切り型の有料テーマ

買い切り型の有料テーマとは、一度購入すると期限なしに使い続けることができるテーマです。

購入すると、複数のサイトで使いまわせる場合も多いです。

1万円~2万円代が多く、ブログ初心者が投資するにはとても高価です。

買い切り型の有料テーマの例
  • SWELL/スウェル(17,600円)
  • JIN:R/ジンアール(19,800円)
  • AFFINGER6/アフィンガー6 (14,800円)
  • SANGO/サンゴ(14,800円)
  • STORK19/ストーク19 (11,000円)

※税込価格(2024年1月の情報)

Rumi

買い切り型のテーマは、1度購入すると払い戻しができません。

どのテーマも優秀ですが、悩みのタネになるのがデメリットです。

サブスク型の有料テーマ

サブスク型の有料テーマとは、月単位や年単位で定額料金を支払って利用するテーマです。

サブスクとは、サブスクリプションのこと。」

定期的に料金を支払い、サービスを利用するため、アップデートも積極的に行われます。

一度有料テーマを購入すると、買った後じゃないと分からないもの。

サブスク型にすることで、使用感が自分に合わなくても、他のテーマへ乗り換えがカンタンにできます。

サブスク型の有料テーマの例
  • Snow Monkey/スノーモンキー(年額16,500円)
  • THE SONIC/ザ ソニック(月額900円・年額7,800円)
  • XWRITE/エックスライト(月額990円・年額9,900円)

※税込価格(2024年1月の情報)

Rumi

初期費用を安く抑えることができるので、ゆっくり慎重にブログを書きたい方向けです。

当ブログは、XWRITEを使用しています。詳細はこちらの記事をご覧ください。

Rumi

XWRITEは、サブスク型からスタートし、その後買い切り型が登場しました。

XWRITEの購入で、買い切りにしようか、サブスクにしようか、迷っているときは、こちらの記事をご覧ください。

テーマ選びは急ぎではない!先にブログに慣れること!

ブログを始めて、最初にすることはひとつです。

まずは、記事を書きましょう!

初心者にとって、なかなか難しいですけど、大事なことです。

私はブログを6年やっていますが、最初の4ヶ月間は無料テーマを使っていました。

記事数が100を超えたときに、有料テーマに変えました。

Rumi

無料テーマでも、記事を書くには十分!

ブログの見た目や作業効率は、記事が増えてから考えても遅くありません。

有料テーマが必ずしも稼げるというわけではありません。

有料テーマは、

  • 表示速度やSEO対策に優れている
  • 検索結果の上位に表示されやすい
  • アクセス数が向上しやすい

だから、「稼げる」と言われています。

Rumi

無料テーマでも、表示速度やSEO対策をしっかりすれば、稼げる可能性はあります。

最終的には、ブログの内容を充実させることで収益化につながります。

Rumi

とにかく記事を書く!

それから、目的や予算に合わせてWordPressテーマを選びましょう。

あわせて読みたい

XWRITE(エックスライト)のデザインスキンは3種類!ソリッド・マイルド・シンプルのどれがいい?スキンの着せ替えの設定・保存と復元の方法
WordPressテーマは有料のほうがいい?買い切り型を選ぶ時の注意点と無料テーマを使いたいときの対策
「XWRITE(エックスライト)」のWordPressテーマの購入プランは買い切りとサブスクどっちがお得?メリットとデメリットを比較!
「シン・ブログ」は、エックスサーバーの契約なし!無料でWordPressが使えて、アフィリエイト対応で、有料ブログ初心者にやさしい。
トップページの記事一覧をタブ切り替えで表示させる方法【XWRITEの使い方】
プラグインや追加CSSを使わない!ブログカードのデザインまとめ!ボックスと組わせた小技も【XWRITEの使い方】

■ はじめてのブログに最適なWordPressテーマ『XWRITE(エックスライト)』がおすすめ! ■

『XWRITE(エックスライト)』は、
ブログ運営に役立つ機能を多数搭載し、誰でも簡単に使えるシンプルな操作性を実現。
軽量設計で高速表示。読み込みのストレスなくお使いいただけます。

\当サイトで使用しているテーマ/XWRITEのレビュー

当サイトは、エックスサーバーで運営されています
WordPressテーマ「XWRITE」を使用しています

URLをコピーしました!