《簡易版》1日外出録ハンチョウ 9話再現レシピ!10分で完成する!大槻班長流「長ネギと生姜たっぷりのつみれ鍋」を1人分で作りました

マスクをつけている方をちらほら見かけるようになりました。これから風邪がどんどん流行っていく時期になると思います。生姜がたっぷり入ったつみれのお鍋を食べて風邪予防をしましょう。実際、原作では大槻班長がひとりで1人分作っていましたね。

今回は、1人暮らしの方やお忙しい方用へ簡単に作れるように簡易版レシピを作りました。風邪で本当にしんどい際は、簡易版をご利用くださいませ。

長ネギと生姜たっぷりつみれ鍋の再現レシピ(1日外出録ハンチョウ 2巻第9話 一休より) 

材料(1人分)

<必須のもの>  

鶏ミンチ:120g
※刻み生姜:20g
※刻みネギ:20g
※刻みニンニク:5g
※片栗粉:小さじ1
※塩:少々
豚肉ロース:50g
長ネギ:1/2本
スープ(水+麺つゆ(12倍希釈)):500ml

※卵はお好みで入れてもOKですが今回は使っていません

今回は即席用ですので、麺つゆを使用しました。つみれと混ぜる薬味はチューブのものを使用してOKです。体調悪い時に、薬味を細かく刻むのは結構しんどい作業ですので、無理をしないようにしてくださいね。

おだしをイチから作る方はこちらからどうぞ。

今さら聞けない?”一番だし”の取り方は?時間がない場合はどうする?素材の特徴を知りワンランク上の料理を作りましょう

2017.10.11
<道具>

土鍋(1人分用)※100円均一などで購入できます。

<お好みの具材> ※前回4人分を作った時と同じものを使用しました

木綿豆腐:50g
油揚げ:1枚
しいたけ:3個
ニラ:ひとつかみ
もやし:ひとつかみ

※今回はファミリー用ではなく1人分バージョンです。お間違いのないようご注意くださいませ

<たれ&薬味>

ポン酢:適量
(大根おろし:適量) 
きざみねぎ  ゆずごしょう もみじおろし など・・・

<おじや>

ご飯:お茶碗1/2杯分
溶き卵:1個
みつばまたは青ネギ:適量

作り方と具材を入れる順序

①つみれの材料(鶏ミンチと※の材料)を全部混ぜておきましょう。お好みで卵を割って入れてもOKです。(卵を加えると、柔らかめのお団子になります)

②土鍋にスープを300ml入れて沸騰させて、豚肉ロースとつみれを加え中火で5分煮ます。アクが出たらとりましょう。

③豆腐→油揚げ→しいたけの順に入れて火を通していきます。

④長ネギを加えて好みの固さまで火を通しましょう。

⑤召し上がる直前にもやし→ニラを加えて火を通していきます。

⑥おろしポン酢とお好みの薬味を用意していただきましょう♪

〆におじやもできます♪スープが足りなかったら残りのぶんを足して調整してくださいね。薬味が足りなかった〜!(笑)ネギ好きな方は多めに用意しておくことがオススメです。

麺つゆで作るおだしは、味が濃いめになります。スープを作る際お塩は不要です。薄く感じたら気持ち入れる程度で十分と思います。

ファミリー用はこちらです

1日外出録ハンチョウ9話 再現レシピ!大槻班長流「長ネギと生姜たっぷりつみれ鍋」は風邪気味さんに効果あり!3種の薬味を使用した肉団子で我流にアレンジ♪病院や薬に頼る前に食事で風邪撃退!

2017.09.25








コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz