さつまいも採れたて!収穫後のものはすぐに食べたらダメ?食べ頃時期と保管方法は ?

芋掘り遠足で、たっぷり採れたてのさつまいもを持って帰ってきて大喜びしているお子様もいらっしゃるのではないでしょうか。

泥や根っこがびっちりと付いて連なった新鮮なおいも。自然のめぐみを感じます。

採れたてをすぐに食べたい!

と思いがちですが、実は・・・採れたてのものはすぐに食べちゃいけないとアドバイスをいただきました。その理由は?

採れたてのさつまいもは時間を置いたほうが美味しい

採れたて=新鮮なもの。

早く食べないと・・・と思う気持ち、分かります。

食べるのはちょっと待ってくださいね。

採れたてのさつまいもはでんぷんが多くホクホクとした食感で、水分を多く含むため甘みが少ないのが特徴です。

ホクホクしたものが好きな方は、早いうちに食べてももちろん美味しく召し上がれます。

お芋特有の甘みを求めている方は、1〜2週間保存をしておくことをおすすめします。

さつまいもにはβ-アミラーゼという酵素が多く含まれています。

さつまいもに含まれる麦芽糖は、掘りたてのものは少量しか含まれておらず、ほとんどがでんぷんでできています。

さつまいもの甘さの秘密は、でんぷんにβーアミラーゼが働き麦芽糖を作るからです。

1週間〜2週間常温で保存することにより、じっくりと甘みを強くしていくのです。

さつまいもの保管の方法は?長期間置いて大丈夫なの?

正しい方法で行えば、さつまいもは常温で1ヶ月以上保存することが可能です。

さつまいもの弱点は湿気と乾燥です。

この2つの弱点に注意すれば、さつまいもを傷ませずに美味しく召し上がることができます。

ここで・・・我が子が持ち帰ったさつまいもをもとに説明します!

たっぷり泥がついたさつまいも。

持ち帰り用のビニール袋に入れっぱなしにせずに必ず袋から出して泥を落としましょう。

泥を落としたおいも。

「水洗いしてきれいにしよう」と思ってしまいがちですが、絶対にしてはいけません!

水分を多量に含ませることになり、カビの原因になります。

冷蔵庫に入れれば安全と思ってしまいますが、これもNG。

冷蔵庫の中は乾燥しやすく、さつまいもそのものを黒色に変色させてしまいます。

泥を落としたあと土が乾いたら、新聞紙に包み風通しのよい冷暗所で保存します。

温度は13℃〜15℃の常温保存が理想です。

土を完全に落としたほうが良さそうですが、土が少し残っていることでより自然に近い状態を保てます。

湿気を吸いやすくするためにダンボールに入れて保管します。

保管中もさつまいもは呼吸をしています。

時間が経つと新聞紙が湿ってくることもあります。

あまりにも湿っぽく感じたら新聞紙を交換するとよいでしょう。

新聞紙に包むと中身が見えなくなってしまうから心配な時は、こまめに中身を確認して新聞紙の状態を確かめるといいですね。

常温保存でこまめにチェック!気長に待とう

マメにチェックをしていますが、今のところカビたり傷んだりしていません。(よかった。)

たっぷりのお芋をどのように調理しようか迷うところです。

長い時間、新聞紙の中に包まれっぱなしですもの。

「まだおいも食べないのー?」

我が子たちから、お芋コールが止まりません。

楽しみが限界まで来てるようです。(笑)

長い間待った甲斐があるほど、甘みのある美味しいお芋になります。保存方法を守ってお試しくださいね。