1日外出録ハンチョウ6話 再現レシピ!5分でできる「ねぎトロ丼 ねぎ多めで豆板醤とうずらの卵付」は美味!”君の名は。”ネタで大爆笑!

第6話「前世」は、外出先で出会った男と繰り広げられるシンクロニシティ連発なストーリー。大槻の行き先のお店や注文したメニューが被りまくるという偶然(なのか・・・?)が重なります。

ここで登場した「ねぎトロ丼」。いつも食べているねぎトロ丼ではありませんよ。ほんの一手間かけるだけでこんなに美味しくなるとは・・・!

 

出典:1日外出録ハンチョウ 1巻6話(福本伸行 協力/萩原天晴 原作) 

今回は1人分レシピです。少ない材料でできるから嬉しい!一人暮らしの方だけでなく、主婦のお昼ごはんにも。

ねぎトロ丼 ねぎ多めで豆板醤とうずらの卵付の再現レシピ(1日外出録ハンチョウ 第6話 「前世」より) 

材料(1人分)

<必須のもの> 

  • マグロのたたき(マグロを刻んで潰したもの):100g
    ※刺身醤油:小さじ1 ※なければ普通の醤油でOK
  • 青ねぎ(刻みねぎ): たっぷり適量
  • 豆板醤:お好みで適量 ※
  • うずらの卵(生卵):1〜2個 ※
  • ご飯:お好みで適量

<お好みで>

刻み海苔・白ごま・納豆・とろろ芋・追加の醤油など・・・

豆板醤とうずらの卵を必ず用意!

出典:1日外出録ハンチョウ 1巻6話(福本伸行 協力/萩原天晴 原作)

被りまくってたメニュー。ついに外した?!

どうやら、大槻は”豆板醤とうずらの卵付き”のねぎトロ丼をまだ口にしたことがないようだ・・・。 

作り方はかんたん!

マグロのたたきと刺身醤油をしっかりと混ぜましょう。

丼によそったご飯に乗せて真ん中に少し凹みをつけます。

刻みねぎをたっぷりとふりかけます。お好みで他の薬味を加えてもOK!

うずらの卵を真ん中にゆっくりと割り入れていきましょう。

味が薄いかな?と思った時用に追加の醤油があると便利です。

豆板醤を乗せてできあがりです。

調理時間5分以内!包丁いらずで調理することも可能ですよ! ※ご飯を炊く時間は調理時間に含まれません

マグロのたたきはだいたい400円前後で販売しています。

1パック分の量はスーパーによって異なりますが、100gあれば十分な量です。

生ものですので、新鮮なうちにお早めに召し上がりましょう♪

食べ方はお好みですが、私は潰したうずらの卵と豆板醤をぐるぐるとマグロにしっかりと絡めていただきました。

出典:1日外出録ハンチョウ 1巻6話(福本伸行 協力/萩原天晴 原作)

ハンチョウさん、実際にご賞味してみましたよ!

辛いのに慣れている方は、豆板醤多めに入れても良いかも。

まろやかさが欲しい方は、うずらの卵を2つにすると良いかもしれません。

いっぺん食べ出すと箸が止まらなくなるほどの美味さ。他のおかずも食べたいが丼が手放せなくて、一気に掻き込んでしまいます。(笑)

この回オチで笑ってしまいました!

出典:1日外出録ハンチョウ 1巻6話(福本伸行 協力/萩原天晴 原作)

ちょっとネタバレになりそうですが・・・第6話は、2016年社会現象を起こした「君の名は。」のパロディが絡んでいました。話のタイトルもRADWMPSの「前前前世」を文字って「前世」ですしね。何度読んでも笑いが止まりません。(笑)