Check!主婦の在宅ワーク求人多数!募集中の在宅・時短のお仕事情報を今すぐチェック!

土用の丑の日って何?ウナギを食べるのはなぜ?

このページのリンクには広告が含まれています。

夏は暑くて、元気が出ないこともありますよね。

そんなときにおすすめなのが、ウナギです。

毎年、土用の丑の日というウナギを食べる行事があります

子ども

どようのうしのひって何?なぜ、ウナギを食べるの?

Rumi

ウナギはビタミンやミネラルなどの栄養がたくさん入っていて、夏バテを防ぐのに効果のある食べ物だからよ。

土用の丑の日って何の日?言葉の意味を教えて

土用の丑の日とは、夏の土用の期間にあるの日のことです。

子ども

土曜日のどようではなく、「土用」って書くんだね?

Rumi

土用は、新しい季節が始まる前の18日間のことだよ。

土用は、土の神様が支配する時期だと考えられています。

春は、夏は、秋は、冬はの神様。

それぞれの季節に神様がいらして、土の神様は季節の変わり目を支配すると考えられています。

新しく季節が始まる日を、それぞれ、立春立夏立秋立冬というんだよ。

4つの時期が始まる前が季節の変わり目で、土を動かす日と言われているんだ。

土を動かす日は、新しいことにチャレンジしたり、おひっこしや旅行は良くないと言われていたんだよ。

運動をしたり、温泉に入って休んだり、えんぎの良い方向に向かってご飯を食べるなどが良いと言われていたんだ。

Rumi

季節の変わり目は、気温が高くなったり低くなったりするから、体の調子が悪くなりやすいね。

ところで、キミたち、干支(えと)を12個言えるかな?

子ども

ね・うし・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い。あ、うしがある!

Rumi

漢字で書くと、子・・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥。

カレンダーの日にちに、干支を当てはめると、12日ごとに「丑」と書かれている日がめぐってくるよ。

2023年の立春・立夏・立秋・立冬
  • 立春(りっしゅん):2月4日(土)
  • 立夏(りっか):5月6日(土)
  • 立秋(りっしゅう):8月8日(火)
  • 立冬(りっとう):11月8日(水)

2023年の夏の土用の期間は、7月20日(木)~8月7日(月)の18日間です。

その後、8月8日(火)に、秋の始まりを意味する立秋(りっしゅう)が訪れます。

Rumi

2023年の夏の土用の丑の日は、7月30日(日)だよ。カレンダーにしるしをつけておいてね。

土用の丑の日になぜウナギを食べるの?

子ども

なぜ、どようのうしの日にウナギを食べるの?牛肉じゃないんだね。

Rumi

暑さがきびしく、体調をくずしやすいから、ウナギを食べて元気をつけようという風習が広まったんだよ。

土用の丑の日は、暑い夏を元気に過ごすために、「う」の付くものを食べる日として広まったものです。

その中で、代表的なのが「ウナギ」で、江戸時代後期に発明家の平賀源内さんが考えたと言われています。

ウナギ屋さんに「今日は丑の日」という看板を出すことを考え、ウナギを売りこんだのがはじまりだそうです。

ウナギの栄養は元気のもとがたっぷり!
  • たんぱく質:皮ふやきん肉、骨、血管をじょうぶにする
  • ビタミンA:目や皮ふをじょうぶにして、体の調子をよくする
  • ビタミンB1:エネルギーのはたらきを助け、つかれた体を元気にする
  • カルシウム:骨や歯をじょうぶにする
  • DHA:頭のきおくや目のはたらきを良くする
  • EPA:血液の中の悪い物質をやっつけ、心臓や血管の血をサラサラにする

子ども

ウナギには、元気になるための栄養がたくさん入っているんだね。

Rumi

ウナギ200グラムのビタミンAの量は、卵1個の約67倍だよ。

ウナギのビタミンAの量は、他の食材よりとても多いんだよ。

ビタミンAの過剰摂取(かじょうせっしゅ)に注意!

1日の食事で取り入れられるビタミンAの上限量は、おとなの場合、2700マイクログラムまでだよ。

ウナギ1尾(約200グラム)には、2400マイクログラムのビタミンAがふくまれているよ。

1日に理想とされているビタミンAの量は、おとなの場合、700~900マイクログラムなんだ。

ウナギは、1日のビタミンAの量より、はるかに高い数字だから、食べ過ぎに注意してね。

まとめ

土用の丑の日にウナギを食べる理由について、おはなししました。

この記事で学んだことをおさらい!
  • 土用の丑の日はウナギを食べる行事である
  • 土用とは、新しい季節が始まる前の18日間のことを言う
  • カレンダーの日には12の干支の日が当てはめられていて、12日おきにめぐってくる
  • 2023年の夏の土用期間は、7月20日(木)から8月7日(月)で、その次の日8月8日(火)に立秋が訪れる
  • 2023年の土用の丑の日は、7月30日(日)である
  • 土用の丑の日は、暑い夏を元気に過ごすために、「う」の付くものを食べる日として広まった
  • ウナギには、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンB1、カルシウムなどが多く、夏バテを防ぐ栄養が多い

子ども

ウナギを食べると元気になれるなら、毎日食べたいなぁ。

Rumi

ウナギにふくまれるビタミンAは、たくさん食べすぎると、めまいや頭痛などをおこすことがあり、逆に体調を悪くしてしまうことがあるよ。

土用の丑の日をチャンスにして、とくべつな日だけにしておいてね。

とくべつな日に食べるウナギだからこそ、食べるのが楽しみだね。

土用の丑の日に、おいしいウナギを食べてくださいね。

こちらの記事もあわせて

シャトルシェフで一気に作る!親子丼のレシピ。材料たったの5つ。大人数家族の作り方は親子鍋なしで全員まとめて時短が鉄則。
シャトルシェフだけで!下茹で・別茹で不要のパスタを作ることができるのか?保温だけ調理で麺の茹で具合を実験
シャトルシェフの欠点。買って失敗?後悔しないためにデメリットの対処法を知りメリットへ変えよう。
シャトルシェフでヨーグルトを作ると失敗しやすい?牛乳パックの代わりに耐熱容器と湯煎を利用して実際に作ってみることにした
ヨーグルトメーカーで温泉卵を作ると失敗いらず。温度計を使わない低温調理!
ヨーグルトメーカーでローストビーフを作るときの注意点!低温調理の温度と時間に注意せよ。

■ はじめてのブログに最適なWordPressテーマ『XWRITE(エックスライト)』がおすすめ! ■

『XWRITE(エックスライト)』は、
ブログ運営に役立つ機能を多数搭載し、誰でも簡単に使えるシンプルな操作性を実現。
軽量設計で高速表示。読み込みのストレスなくお使いいただけます。

\当サイトで使用しているテーマ/XWRITEのレビュー

当サイトは、エックスサーバーで運営されています
WordPressテーマ「XWRITE」を使用しています

URLをコピーしました!