ジャワカレー(甘口)はバーモント(辛口)級に辛い?子供が食べることができるのか食べ比べてみた。

みんな大好きカレーライス。

スーパーに行くといろんなメーカーさんのカレーがズラリと並んでいて、各ご家庭で”いつものルウ”が決まっているのではないでしょうか。

我が家は、カレーもシチューもハウス食品さんのもの。子どもが幼稚園になった頃からバーモント甘口で過ごしていました。

長男
ママー!ちょっと辛いのが食べたい!

と、8歳になった長男が言い始めました。

大きくなれば辛いカレーが食べられるようになると思い込んでいるよう・・・。子どもの成長って早いですよね。

カレーの辛さを見直そうと、カレールウの裏面の辛さ順位表を見ると・・・

え、ジャワカレー甘口??!

「ジャワカレーに甘口があるんだー!知らなかった!」

でも・・・スーパーで売っていないよね?見たことあります?

ジャワカレーに《甘口》というものが存在することを知り、あまりに気になってしまいました。

ネットで買えないかと思い、ググってみたところ簡単に購入することができました。

amazon、楽天、ヤフーショッピング、いずれでも購入可能。「ない!」というものを「ある!」に変えることができるネット通販はスゴイ。

ロハコでも購入することができました。

ロハコはYahoo!と提携している通販サイトです。

Tポイントカードを使うことができますし、Yahoo!プレミアム会員ですといつでもポイント5倍でお買い物をすることができます。

詳しいことは、ロハコ、使ってないの?amazon並みに品数豊富だし早く届くしオシャレな日用品が揃っているよ。をご覧くださいませ。

スーパーで買えないよね?ジャワカレー(甘口)とはこれのこと!

さわやかな辛さと深いコク!

って、甘口なのに辛いのか・・・?子どもが食べて大丈夫かしら?

ジャワカレーというと・・・「大人が食べる辛いカレー」というイメージが、私の中であります。

「ジャワカレーの甘口だなんて想像できないんですけど・・・」

「ていうか、ジャワなんだから、甘口も辛いんじゃね?」

「甘口だから子どもが食べても大丈夫・・・なんだよね?(弱気)」

どっちつかずな感じがして、一体どれくらいの辛さなのか?

ますます疑問に感じてしまいますよね。

辛さレベル3で、バーモントカレー(辛口)と同じぐらい

ジャワカレー(甘口)と同じレベルの辛さのカレーがこちら。

「りんごとハチミツ〜♪」でおなじみのバーモントカレー。

ジャワカレーとは対照的な感じで、「甘くてお子様が喜んで食べているカレー」というイメージです。

青色パッケージは《辛口》。赤・緑・青と並んでいるバーモントカレーのパッケージを見たことある方は多いはず。

バーモントカレー(辛口)の辛さが、ジャワカレー(甘口)の辛さに匹敵するんです。

その証拠がココ。ほら、辛さが同じですね。

あれ?パッケージを並べてみると・・・何か違和感ありません?

2つとも、パッケージが青い!

そうです。ジャワカレー甘口のパッケージは、青色なんです。

ハウスのカレールウ、他の2ブランドと比較すると

 

 

子ども用に甘口のカレーばっかり買っていたから、てっきり、甘口が赤、中辛は緑、辛口は青という法則を勝手に作っていました。

ジャワカレーは、甘口と辛口のパッケージのが入れ替わっていると思いきや・・・辛口の色が赤というよりか・・・茶色っぽい赤です。

Rumi
みなさま、お間違いなく。

おそらく辛さを色でランク付けをしているのではないかなと思われます。

順位表を見て色分けしてみると・・・

  1. バーモント(甘口)
  2. バーモント(中辛)こくまろ(甘口)
  3. バーモント(辛口)ジャワ(甘口)こくまろ(中辛)
  4. ジャワ(中辛)こくまろ(辛口)
  5. ジャワ(辛口)

このように辛くなるほど、 の順で色が集中していますね。

ジャワカレー(甘口)、子どもが食べるには辛いんじゃないだろうか・・・

食べることができなかった万が一に備えて、レトルトカレーも一緒に常備しておきましょう。

\ククレ(甘口)は赤とオレンジのパッケージ/

ジャワ(甘口)とバーモント(辛口)のレシピと原材料を比較

裏面のレシピと側面に記載されている原材料を比較していきます。

今回は、1/2箱(半量)ずつ調理をしていきますので、具材の量が半分になります。

1箱と1/2箱では水の分量が異なりますのでご注意ください。(1/2箱の場合は半量ではありません。

ジャワカレー(甘口)のレシピ

パッケージに記載されているお味の特徴は

  • 口に広がる爽快な香りと辛さ
  • ローストオニオンの深いコク
  • スパイシーで深みのあるカレー

ということ。甘口だけど、書いていることが大人びた感じです。(超主観なんですが)

ルウ1/2箱の場合、使用した分量は

  • 肉(牛肉):250g
  • 玉ねぎ:1個
  • じゃがいも:1個
  • にんじん:1/2本
  • 水:700ml(蓋をしない場合)

バーモントカレー(辛口)

パッケージに記載されているお味の特徴は

  • バーモント州で伝わる健康法 りんごとハチミツ
  • まろやかでコクのあるカレー
  • りんごは国産のものを使用

辛口なんだけど、りんごとハチミツという名を聞くだけで、スイーティな印象を受けます。(主観です。)

ルウ1/2箱の場合、使用した分量は

  • 肉(牛肉):250g
  • 玉ねぎ:2個
  • じゃがいも:1個半
  • にんじん:1/2本
  • 水:850ml(蓋をしない場合)

レシピに違いはありませんが、具材や水の量にそれぞれ違いがあります。

バーモントカレーの方が具材と水の量が多いですね。

原材料はこちら

スパイスがビッシリですね。

辛さのレベルが同じですが、原材料に違いがありました。

調味料やスパイスを一部抜粋すると・・・

ジャワカレー(甘口)

ローストオニオン・ガーリックパウダー・ココナッツミルクパウダーなど

アレルギー表示要確認

小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

バーモントカレー(辛口)

トマトパウダー・ポークエキス・チーズ加工品・バターミルクパウダーなど

アレルギー表示要確認

小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・りんご

バーモントカレーにもローストオニオンやガーリックパウダーが含まれますが、順番では後ろの方です。

※ 原材料は使用した重量の割合が多い順に表示されています。(消費者庁「食品表示法」より)

原材料のイメージから、ジャワカレーは香りや風味を重視して、バーモントカレーは甘味を重視した感じです。

ジャワ(甘口)とバーモント(辛口)を一気に調理してみる

辛さレベル3と同じ辛さのハウスのカレー「ジャワカレー(甘口)」と「バーモントカレー(辛口)を使って、

  • どれくらい辛さに違いがあるのか
  • 子どもが食べることができるのか?

実験していきましょう。

ルーを開けるとこんな感じです。

ハウスのカレールウは1箱で2回に分けて作ることができます。

今回は、1/2箱ずつ使用します。

どちらも同じような濃い焦げ茶色の色。若干・・・ジャワカレーの方が濃いかな?

見た目の違いとしては、

ジャワカレー(甘口)

角が少なく丸っこいルウ。茶色いケースに入っている。

バーモントカレー辛口

角がある丸みのあるルウ。オレンジ色のケースに入っている。

といった感じです。

あ!小さなことなんだけど、ここにも違いがありました!

1/2箱あたり、ジャワカレーは4等分でバーモントカレーは6等分のルウの固形が分かれています。

仕切り鍋を使って、2つの異なるルウのカレーを分けて調理しています。

カレーは子どもと大人で鍋を分ける?甘口カレーを辛くするには?辛口を甘口にする方法も存在するの?

レシピ通り作ってグツグツ煮込んだ後に火を止めて、それぞれルウを投入していきます〜。

・・・え?どっちがどっち?

分からなくなりそうですね。

とりあえず・・・目印つけておきますw

ルウを入れて火を再びかけて煮込んだ10分後の様子

ジャワカレー(甘口)

バーモントカレー(辛口)

色やトロミは、あまり変わらない??

使用している具材の量がバーモントカレーの方が多いので、バーモントのほうが具沢山ですね。

それでは、食べ比べてみましょう。

ジャワカレー(甘口)とバーモントカレー(辛口)を食べ比べ

「今日の夕食はカレー!イェーイ!」

と、楽しみにしている我が子たちに2種類のカレーの試食してもらいましょう。

どうか食べてくれますように。

ジャワカレー(甘口)

長男
んまっ!

長女
ママ〜・・・お茶〜!お茶〜!

8歳の長男はイケるようですが、5歳の長女にはちょっと辛かったよう。

長男
おかわりー!

おかわりは、バーモントカレーの辛口にしてみましょう。

バーモントカレー(辛口)

長男
ママ〜まだ食べれるよー!

スプーンを動かすスピードがますます早くなってます。

長男からは「辛い」という一言が出てきませんでした。

1杯目と2杯目のカレーの味に変化がないかどうかを訊いてみると

長男
味、おんなじ。どっちもおいしいよー!

とのこと。うちの子は、”違いがわかる男”ではないようだな。(コーヒーではなくカレーなんだけどw)

辛口派の夫の食べた感想はというと、

んめっ!

・・・親子ですね。長男とコメント一緒じゃないですか。(笑)

辛さについて訊いてみたところ、辛くはないけど、いつもより甘くないとのこと。

そこそこの辛さだけど刺激的な辛さではないので、思う存分スパイスや調味料のコクを楽しむことができました。

子どもに合わせて辛いカレーが食べれないというパパさんママさんにオススメですよ。

食べ比べた結果・・・

8歳の長男はジャワ(甘口)もバーモント(辛口)も両方食べることができて、そのうえおかわりまでしました。

5歳の長女は、辛く感じたようで・・・途中ではちみつを足すことに。

はちみつを入れたら少しはスパイスっぽい辛さが残りますが、完食。

長女
甘いのがいいよー!

という結果でした。実験にご協力感謝。

ジャワカレー(甘口)はバーモント級の甘口ではなかった。

子どもがカレーを食べている様子

辛いものの感じ方や好みに個人差ありますが、

ジャワカレー(甘口)は、低年齢の子どもには辛い。

という結論でした。

「ジャワ(甘口)もバーモント(辛口)も味、一緒じゃん!」というコメントを家族は残していますが・・・・両者を私なりに比較してみると

ジャワカレー(甘口)は、

玉ねぎのコクを感じながらスパイスがじわじわと来る辛味

バーモントカレー(辛口)は、

フルーツの甘味を感じながら後からピリッと来る辛味

両者ともじんわりと辛味はありましたが、ある程度の年齢でしたら耐えれるレベルです。(もちろん、辛いものが苦手でなければの話です。)

辛さを例えると、最初は普通にモリモリ食べれるけど、後から残る感じです。

バーモントカレー(甘口)に慣れているお子様にとって、少し辛く感じるかもしれません。

お子様が食べるときは、様子を見ながら切り替えていく感じで、年齢は小学校中学年くらいを目安にしたほうがよいでしょう。

刺激派のジャワ(甘口)

まろやか派はバーモント(辛口)

あなたをどちらを食べてみますか?

同じレベルの辛さだけど・・・ちょっぴり味が違う2つのカレーを、あなたも食べ比べてみてくださいね。

ロハコで購入すると、最短翌日でお手元に届きますよ。

ロハコは、カレー粉など常温保存ができる食材だけでなく、お野菜やフルーツの宅配も行っております。

ロハコで野菜とフルーツが買えるようになってる!ネットスーパー感覚で利用してみた感想。

ロハコで野菜とフルーツが買えるようになってる!ネットスーパー感覚で利用してみた感想。

2019-03-30

今すぐロハコでカレーの材料の用意をしておく

ロハコはYahoo!と提携している通販サイトです。

Tポイントカードを使うことができますし、Yahoo!プレミアム会員ですといつでもポイント5倍でお買い物をすることができます。

詳しいことは、ロハコ、使ってないの?amazon並みに品数豊富だし早く届くしオシャレな日用品が揃っているよ。をご覧くださいませ。

▼ ココイチのカレーをおうちでチャレンジ▼

35%もの糖質をカットした白いごはんが食べられます。

「今日もご飯、おかわりちゃった・・・」

食べ過ぎることに罪悪感を抱いていませんか。

太らないために、健康のためにと、糖質を控えているけど、たまにはお腹いっぱい白いご飯を食べたいですよね。

糖質は、砂糖や果物など甘いものだけでなく、ご飯や小麦、イモ類、ニンジン、カボチャなどにも含まれ、今や 「ダイエットの大敵!」とまで言われています。

しかし、摂取する方法を変えることで摂取量を抑えやすい栄養素でもあります。

ごはんをモリモリ食べたいあなたにオススメなのが、【レアモノ家電】 “" のサンコーの炊飯器「糖質カット炊飯器 匠」です。

1日2000kcal摂取する成人の糖質量の目安は、およそ60%(約1200kcal)。

1日の活動量を維持するために必要なエネルギーである主食は、車でいうとガソリンの存在です。

お仕事するのも家族や仲間と楽しく過ごすのも、健康あってこそ。

朝食にパンを食べて、ランチや夕食でご飯をモリモリ食べて、お仕事や移動の合間にスイーツ食べて、寝る前に一杯飲んでいると、あっというまに1日のカロリーや糖質量を超えてしまいます。

摂りすぎると肥満や生活習慣病の原因になってしまい、反対に無理な糖質制限をしてしまうとエネルギー不足で疲れやすい体になってしまうことも。

糖質カット炊飯器 匠 を使えば、「主食を食べない」と言った我慢をすることなく、ふだん食べているお米で糖質を最大35%までカットしてくれます。

お茶碗軽く1杯のごはん(150g)の糖質は、およそ55g。

35%カットとなると約19gもの糖質をカットするため、 1杯あたり36gの糖質で白いごはんを召し上がることができます。

丼飯を食べても、お茶碗1杯食べたのと変わらないことなりますよね。

我慢せずに白いご飯を食べることができる「糖質カット炊飯器 匠」で、あなたのダイエットに役立ててみてくださいね。

“"

当ブログで紹介していますので、ご興味のある方はどうぞご覧ください。