薄型弁当箱「フードマン」でカレーを持ち運ぶ?鞄の中もすっきり!レンジ可能で大容量!




先月、夫のお弁当箱を「フードマン」に買い換えました。今までのお弁当箱はがっしりとしていて、奥行きの小さいビジネス用のカバンに入りづらいのが難点。夫はいつもサブバッグに入れて別々に持ち歩いていました。最近荷物が増えてしまい・・・不便に感じているとのこと。

そこで、夫のリクエストで「フードマン」に買い替え。2年くらい前からじわじわと人気が出ている薄型弁当箱です。

1.今さら聞けない フードマンのここがすごい!

一辺が21cmのお弁当箱 厚さはわずか3.5cm 薄いですが お茶碗4杯分(800ml)入ります

 

一辺ごとにロックができる蓋 内部はつるつるとしてて汚れが落ちやすそう

 

サイズはB5ノートよりも小さいです

 

薄型のお弁当箱なので、書類やノートなどとよく馴染みます。かさばらないよう工夫がされています。スマートで収納しやすさも◎!仕切りも付いててランチプレートのよう。おかずごとに分けて盛り付けられます。おかず同士の接触を防ぐことができますので、お弁当を傷めにくくします。 ※必ず食中毒を防ぐものではございません。

おにぎりの持ち歩き 夏場の対策をご紹介!具は何がおすすめ?保存で気をつけることは?

2017.06.12

夏の弁当おかず前日のものでOK?加熱と保冷のポイントは?私が気をつけていることをご紹介!

2017.06.08

2.実際に詰めてみました

購入初日のお弁当 Before After

  

※写真提供by夫

あらら・・・寄り弁しちゃいました・・・。(苦笑)失礼いたしました。パッキンで密閉しているため液漏れなどはなかったのですが、さすが立てて持ち運ぶお弁当箱。控えめに盛り付けて隙間を開けてしまうと、寄ってしまいますね。薄いからって遠慮しないで・・・たくさん盛っても大丈夫そうです。

改めて盛り付けに気をつけたところ・・・・Before After

 

※写真提供By夫

うまくいきました!薄型にも関わらずに思った以上にたっぷり入ります♪唐揚げなどの大きいものは器からはみ出てしまい蓋で少しおかず潰れることもありますが、隙間を空けないできつく詰めたほうが寄り弁せずに済みます。ご飯もお茶碗2杯分とたっぷり入ります。サラリーマンだけでなく、育ち盛りの中高生の子どもに使ってもいいですね。

ポイントは・・・中心やパッキンの縁に沿ってプッシュ!

蓋を閉めるだけでは空気が少し残っていますので、液だれやおかずがズレる原因になります。中心部やパッキンの縁のところをプッシュして空気が通らないようにすることがポイントです。

直立してみると・・・

ピクリとも動きません。熱いうちに閉めてしまうと蒸気で空気が溜まりやすくなりますので、冷めて蓋をしたほうがいいですね。

3.カレーも入れられるのか?チャレンジしました

漏れにくいということですので・・・思い切ってカレーを入れてみました。(※夫からの強い要望により行いました )

夫の強い要望により・・・カレーを入れました ルー多めとのことで広い面にカレールーを入れました

 

傾けてみると・・・このような感じ

今のところ漏れてはいませんが、やはり漏れそうで怖いです・・・。大丈夫かなぁ。

夫が食べる前のお弁当の状態です

※写真提供by夫

ちょっと危ないような気もしますが・・・液漏れはなかったとのことです。トマトを先に食べて、残りをレンジで温めて美味しくいただいたそうです。

※フードマンは完全密閉のお弁当箱ではございません。水分の多いものは漏れの原因になることもあります。ビニール袋などで保護をして自己責任の上で行うようにしてください。

※電子レンジでフードマンを温める場合は、蓋を必ず外してから行ってくださいね。

お弁当に入っているカレーの作り方はこちらです 

ココイチカレー再現レシピ!サイゲン大介さんのカレーが美味しすぎる!ミキサー使用で時短!昨年TVで紹介されました

2017.08.05

4.カレーを入れるときは注意が必要ですよ!

電子レンジで再加熱もOKなのでこれでカレーなどを入れることができたのならば、お弁当の幅が広がります。漏れにくい弁当箱とはいえ、さすがにカレーを入れて持ち運ぶのに抵抗があるという場合は・・・レトルトカレーを別に持参しご飯にかける方法もありますね。

水分が多いものはあまりおすすめできませんが、お弁当にカレーを持ち運びたい!という方は、具が多めのゴロゴロカレーかルーが濃いめのドロっとしたカレーにしたほうが無難ですよ。(サイゲンさんのカレーはとても美味しいんですけど、汁気があるため液漏れが心配なところです)

女性の方や小食の方にこちらがおすすめです

ABOUTこの記事をかいた人

料理は得意でないが料理を作らずにはいられない 結婚生活の85%専業主婦で過ごした30代前半の主婦ブロガー。 2017年6月1日から運営している「まごころ365」は、運営開始半年で累計10万PV突破。 酒好きマンガ好きの夫とイタズラ大好きの子ども2人の4人家族。現在第3子妊娠中。 家庭料理とグルメのこと、料理における体験談を主に書いています。