ココイチカレー再現レシピ!サイゲン大介さんのカレーが美味しすぎる!ミキサー使用で時短!昨年TVで紹介されました




お野菜をゴロゴロと煮たお鍋いっぱいのカレー、なかなか減りません。

おうちでカレーの日が続くと、ブーイングを言い出す人少なからずいます。

「え〜・・・!またカレー・・・(嫌)」

デリバリーでCoCo壱番屋のカレーを注文することもあります。ココイチのカレーのときは、悔しいことに子どもたちのテンションが高い。

どうやら、外食にあっておうちのカレーにない”何か”があるようです。

そこで、ココイチのカレーを再現できないのか?と”再現レシピ”を調べてみました。

若手お笑い芸人のサイゲン大介さんのカレーのレシピが、昨年TV番組で紹介されたことご存知でしょうか。そのレシピをインターネット上で発見!

私も作ってみることにしました。ココイチのようなカレーがこんな短時間でできるなんて驚き!今度こそは家族を飽きさせません。(笑)

サイゲン大介さんのCoCo壱番屋のカレー

(「あのニュースで得する人損する人」坂上忍の得ワザ 2016年1月14日の放送でご紹介されました)

材料(約6皿分)※TVでご紹介された分量の2倍換算で表記しています


豚バラスライス  100g
たまねぎ  200g
にんじん  60g
サラダ油 大さじ4
水 1200ml
コンソメ 小さじ4(固形約3個分)
フライドオニオン 大さじ4
カレールー 70g
カレー粉 小さじ1
ウスターソース 小さじ2
中濃ソース 小さじ2
砂糖 小さじ1
塩   4つまみ
ホワイトペッパー(またはコショウ) 2g
インスタントコーヒー 4つまみ
酢 小さじ1
ご飯 適量

※ココイチのメニューを参考にお好みのトッピングを用意しておきましょう

※カレールウは、はちみつやハーブなどの香り付けがないシンプルなものを選びましょう

※サラダ油の代わりにオリーブオイルを使用しています

※コンソメは固形のものを潰して計量しています

※写真のカレールウとカレー粉はミックスしています

※写真のウスターソースと中濃ソースはミックスしています

※写真の砂糖と塩はミックスしています

※コショウ2gは多い量なので様子を見ながら加えました 我が家はすこし少なめです

作り方

①たまねぎはスライス、にんじんは半月切り、豚バラは1cm幅煮切っておきます

②油を熱し、たまねぎを少し焦がしめにしっかりと炒めます 

③豚バラ、にんじんを加えて火を通し、水を加えます

④コンソメ・フライドオニオンを加え6分煮込みます

⑤お鍋の中身をミキサーにかけてペースト状にします

⑥鍋の中に戻し カレー粉・カレールウを溶かし、ウスターソース・中濃ソース・砂糖・塩・コショウを加え、さらに煮ます

⑦仕上げにインスタントコーヒーと酢を加えて5分煮詰めて・・・完成です♪

レシピサイトでいくつかご紹介しています。我が家はたくさん食べますので、2倍の量で作りました。こちらの分量で約6皿分です。ル・クルーゼ ココットロンド22cmのお鍋、半分くらいの量です。

大きな具がないスープのようなカレーですが、しっかりとご飯に絡みます。冷蔵庫の中身と相談して、お好みのトッピングをつけてくださいね。

お鍋の中身をミキサーにかける際は冷ましてから入れるようにしましょう。熱がミキサーにこもって蓋が急に開いたことがありますので慌てないように。コショウの量は普段お料理する量よりも多めですので、小さなお子様が召し上がる場合は少し減らすとよいでしょう。

お味の感想は、自分で言うのも何ですが・・・美味しい!の一言につきます。お店の味より少し辛さは抑えられている感じがしますが、小さな子どもがいますのでちょうどいいです。大人から4歳の子どもまでペロリと平らげました。

アレンジもいろいろ♪

暑い夏こそ焼き野菜!作るのはとても簡単です♪

暑い夏に焼き野菜はとても優秀!オーブンひとつで一品完成!毎日食べたい活用法をご紹介

2017.06.17

ココイチで人気!福神漬けとらっきょうの買い方はこちらをどうぞ 

CoCo壱番屋の注文は「楽天デリバリー」で!カレーと一緒にサイドメニューをついで買い♪購入可能な便利な調味料や食材をご紹介

2017.07.16

コクと辛さを足すためにこちらの2つは外せません!楽天デリバリーで購入可能!

 

 

具がないシンプルなカレーだからこそ使い方いろいろです。トッピングを変えればアレンジ可能。パンやピザに塗ったりオムレツにかけても美味しいと思います。もちろんナンカレーにしても◎!市販のカレールーで作るカレーの半分の量ですので食べきりやすいです。あまりの美味しさに家族に好評でした。遅くとも次の日に食べきってしまいますので、「またカレー!」攻撃がなくなりました。(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

管理栄養士の資格を取得し就職するも1年で失敗。 その後、結婚・出産。7歳4歳0歳の3児の母です。 結婚生活の85%を専業主婦で過ごしてきた、自称【お料理主婦ブロガー】。 仕事と家事を完璧にこなす「スーパーウーマン」を目指すことに疲れてしまい、日々お気楽に過ごす方法を模索中。 料理はカタチから入るタイプです。 「ていねいな暮らし」を心がける、スーパーズボラ主婦の生活を公開。 節約と人付き合いと、オムレツを焼くのが大の苦手です。 料理は得意じゃないが、料理をせずにはいられない! 好きな言葉は『適当万歳』