Check!主婦の在宅ワーク求人多数!募集中の在宅・時短のお仕事情報を今すぐチェック!

見出しのデザインは途中で変更できる?記事ごとの設定方法とスタイル14パターンのまとめ【XWRITEの使い方】

このページのリンクには広告が含まれています。

XWRITEのテーマには、たくさんのデザインの見出しがあります。

サイトの外観やイメージとあわせて、見出しのデザインを決めたいですよね。

最初のうちは、何度も見出しのデザインを変えては、試してみたくなるもの。

お困りママ

一度決めた見出しのデザインは、1記事ずつ修正しないといけないの?

Rumi

変えたいときに一括で変えられます。ひとつずつ修正しなくて大丈夫ですよ。

見出しを途中で変更したいときは、カスタマイザーを使うと、すべての記事に反映されます。

もちろん、記事ごとに見出しのデザインを決めることもできますよ。

\当サイトで使用しているWordPressテーマ/

XWRITE(エックスライト)は、国内シェアNo.1エックスサーバーが開発したWordPressテーマです

XWRITEの見出しの設定方法

XWRITEの見出しの設定は、2つ

  • カスタマイザーから設定する
  • 記事投稿画面から設定する

カスタマイザーから設定する

カスタマイザーから見出しのデザインを設定すると、設定した見出しの内容がサイト全体に反映します。

見出し2~見出し5までのデザインを一括で決めておくことができます。

  • 外観(カスタマイズ) > デザイン設定>記事内の見出しのデザイン

Rumi

ちなみに、見出し1は記事のタイトル部分です。タイトル部分は、装飾なしで固定です。

記事投稿画面から設定する

記事投稿画面から、見出しひとつずつ設定することもできます。

特定の記事だけ、見出しのデザインを変えたい時に使えます。

  • 記事投稿画面 >見出し> スタイル

Rumi

記事投稿画面での見出しの設定は、カスタマイザーの設定よりも優先されます。

XWRITEの見出しのスタイルは、見出し2~見出し5までそれぞれ14パターンずつあります。

スタイルの中にある「デフォルト」は、あらかじめカスタマイザーから登録した見出しになります。

デフォルト/装飾なし/帯/下線アクセント/左線アクセント/ブロック/ふき出し/下線シンプル/上下線シンプル/下線ストライプ/ストライプ/付箋/セクション用①/セクション用②

「装飾なし」は、デザインを付けない文字のみの見出しです。

見出しの作成方法

STEP1
「見出し」アイコンをクリックする

記事投稿画面のブロック挿入ツールから「見出し」のアイコンをクリック!

クリックすると、デフォルトの見出し(見出し2)が挿入されます。

Rumi

挿入される見出しは、カスタマイザーで設定した見出しです。

サイズは、見出し2で挿入されます。

STEP2
見出しの大きさを変える

最初は、見出し2のサイズの状態です。

見出しの大きさを変えるときは、サイズを変えたい見出しクリックし、ツールバーの中にある「H2」をクリックします。

H1~H6までズラッと並びます。

「H」とは、headingの頭文字で、見出しの意味です。

「H」の後の数字が小さいほど、見出しの項目が大きくなります。

STEP3
見出しのテキストを入力する

挿入された見出しをクリックすると、テキスト入力ができます。

XWRITEで選べる見出しのデザイン一覧

Rumi

見出し2~見出し5までお好みの組み合わせを設定することができます。デザインは、以下のとおり!

装飾なし(H2)

装飾なし(H3)

装飾なし(H4)

装飾なし(H5)
装飾なし(H6)

帯(H2)

帯(H3)

帯(H4)

帯(H5)
帯(H6)

下線アクセント(H2)

下線アクセント(H3)

下線アクセント(H4)

下線アクセント(H5)
下線アクセント(H6)

左線アクセント(H2)

左線アクセント(H3)

左線アクセント(H4)

左線アクセント(H5)
左線アクセント(H6)

ブロック(H2)

ブロック(H3)

ブロック(H4)

ブロック(H5)
ブロック(H6)

ふき出し(H2)

ふき出し(H3)

ふき出し(H4)

ふき出し(H5)
ふき出し(H6)

下線シンプル(H2)

下線シンプル(H3)

下線シンプル(H4)

下線シンプル(H5)
下線シンプル(H6)

上下線シンプル(H2)

上下線シンプル(H3)

上下線シンプル(H4)

上下線シンプル(H5)
上下線シンプル(H6)

下線ストライプ(H2)

下線ストライプ(H3)

下線ストライプ(H4)

下線ストライプ(H5)
下線ストライプ(H6)

ストライプ(H2)

ストライプ(H3)

ストライプ(H4)

ストライプ(H5)
ストライプ(H6)

付箋(H2)

付箋(H3)

付箋(H4)

付箋(H5)
付箋(H6)

セクション用①(H2)

セクション用①(H3)

セクション①(H4)

セクション①(H5)
セクション①(H6)

セクション用②(H2)

セクション用②(H3)

セクション用②(H4)

セクション②(H5)
セクション②(H6)

Rumi

見出しの色は、カスタマイザーのサイト基本設定の基本色(メインカラー)で選択した色になります。

  • 外観(カスタマイズ)>サイト基本設定> 基本カラー

まとめ

XWRITEのテーマで見出しを設定する方法とデザインについて紹介しました。

見出しのデザインは、カスタマイザーでいつでも変更できて、記事ごとに変えることもできるので、ご安心ください。

見出しを付けることで、記事の要点が分かりやすくなり、記事の内容が頭に入りやすいメリットがあります。

Rumi

当ブログの多くの記事は、H2とH3で構成されています。目次に見出しが表示されるので、記事の内容がパッと分かるようになりますよ。

記事の構成とサイトの外観をを見て、試行錯誤しながら見出しのデザインを決めてくださいね。

あわせて読みたい

XWRITEのふき出しブロックの機能と使い方をくわしく教えるよ【XWRITEの使い方】
XWRITEで選べるアイコンは?Word Press管理画面の一覧にないアイコンを記事に表示させる方法【XWRITEの使い方】
プラグインや追加CSSを使わない!ブログカードのデザインまとめ!ボックスと組わせた小技も【XWRITEの使い方】
エックスサーバーのWord Pressテーマ「XWRITE(エックスライト)」の使用レビュー!初めてのブログ開設の有料テーマ選びに失敗したくないならこれ!
見出しのデザインは途中で変更できる?記事ごとの設定方法とスタイル14パターンのまとめ【XWRITEの使い方】
WordPressテーマは有料のほうがいい?買い切り型を選ぶ時の注意点と無料テーマを使いたいときの対策

■ はじめてのブログに最適なWordPressテーマ『XWRITE(エックスライト)』がおすすめ! ■

『XWRITE(エックスライト)』は、
ブログ運営に役立つ機能を多数搭載し、誰でも簡単に使えるシンプルな操作性を実現。
軽量設計で高速表示。読み込みのストレスなくお使いいただけます。

\当サイトで使用しているテーマ/XWRITEのレビュー

当サイトは、エックスサーバーで運営されています
WordPressテーマ「XWRITE」を使用しています

URLをコピーしました!