ヘルシオのホットクック購入の必要は?シャトルシェフユーザーのわたしが15日間おためし利用をした結果、「向いていない」と感じたこと

「ホットクックを使うと調理がラクになると聞いたんだけど、使いこなせるの?」

ヘルシオのホットクックの購入を迷っているあなたへ。

シャトルシェフを使っている私がホットクックレンタルした結果、購入しなかった理由をご紹介します。

お困りママ
シャトルシェフもホットクックもほったらかし調理高い値段するけれど、家電のホットクックの方が便利なんじゃないの?
Rumi
家電であることがメリットであり、時にはデメリットになることもあります。

ホットクックは、材料を入れると自動的に調理をしてくれるシャープ電気調理鍋

「今までの調理は何だったの?」

と言いたいくらい革命的なキッチン家電で、レンタルできるなら何回もお借りしたいです。

シャトルシェフは、電気を一切使わず、ガスの余熱だけで、丸ごと玉ねぎが箸で切れるほど柔らかく煮込めます。

「シャトルシェフ」の低温調理で作る!丸ごと玉ねぎのオニオンスープのレシピ。ほったらかしにするだけでお箸で切れるトロトロ食感を楽しめる。

2019-09-12

共通点は、ほったらかし調理。

小さな子どもを見ながら、火を付けっぱなしで料理をするって、危険と隣り合わせでストレスですよね。

同じ目的を持ったお鍋なのに、なぜ、ホットクックの家電ではなくアナログ調理のシャトルシェフを選んだのか?

▼ヘルシオ「ホットクック」のレンタルはこちらから▼

お試し利用にもオススメ!【Rentio】 

わたしには使いにくい?ホットクックの6つのデメリット

ヘルシオのホットクック KN-HW24F-R(2020年製)をレンタル

ヘルシオのホットクックのデメリットは、6つ。

  • パーツが多くお手入れが大変
  • 設置場所にゆとりが必要
  • 情報量が多く使いこなすまでに時間が必要
  • ガス調理の方が早いものもある
  • 自動調理が裏目に出ることも?
  • 価格が高い

パーツが多くお手入れが大変

ホットクックで使用するパーツ類

ホットクックのセットの内容はこちら。

「家電製品なら、パーツがたくさんあって当たり前だろ。」

と思うんですが、たくさんのパーツが付属されることで、

「とにかく使いこなさなければならない。」

「管理しなければならない。」

という不自由さが付いてきます。

わたしが炊飯器をやめたり、多機能の電子レンジを選ばないのと同じ理由です。

5人家族の育ち盛りの子どもがいる我が家で、わたしが炊飯器でご飯を炊くのをやめた理由。

2020-11-02

電子レンジは機能と使用頻度で選べ。5人家族の我が家が単身向けの小型オーブンレンジに買い替えた理由

2019-01-07
Rumi
お手入れする箇所が細かくなると、使うことが億劫になってしまいそう・・・。

混ぜる作業を行う「まぜ技ユニット」という便利なパーツがあります。

メニューによって、使う使わないありますが、調理で面倒な混ぜる作業を自動的に行ってくれます。

蒸し板は、内鍋に水を入れて重ねて使うことで茶碗蒸しや点心類などの蒸し物を作ることができます。

蒸し物を作る頻度はご家庭によってそれぞれですが、蒸し器を持っていない場合は重宝するかと思います。

お困りママ
1度で付属品をすべて使うってわけではないんですね。 
Rumi
使わない分洗い物が少なくなります。使わないパーツを保管する場所も必要です。

蒸し料理を作る頻度が月1〜2回程度の我が家は、レンタル期間中、蒸し板を一度も使いませんでした。

私が使っている蒸し器はこちら。

かもしか道具店「三とく鍋」は煮る・焼く・蒸すの三役をこなす土鍋♪中川政七商店でゲット!

2017-09-26

使用後のパーツは、こんな状態。お手入れするパーツは以下のもの。

  • 内鍋
  • 内蓋
  • まぜ技ユニット(カバーの取り外し可能)
  • つゆ受け
  • 蒸気口カバー

食洗機対応のパーツがほとんどで、お手入れしやすい工夫はされています。

けど、細かい部品が多く、中には取り扱いに気を使うものもあります。

わたしの所感なんですが、「まぜ技ユニット」の取り扱いがちょっと苦手・・・。

出っ張っている先端(まぜ技ウイング)汚れが付着するのですが・・・

「少し衝撃が加わるとポキっと壊してしまいそう・・・。」

それに、まぜ技ユニットのカバーや蒸気口カバー薄いプラスチック製のパーツ。

衝撃が加わって割ってしまわないよう、取り扱いに注意する必要があります。

水切りかごに入ったシャトルシェフの鍋とホットクックの内釜

パーツの中で一番大きな内鍋は、食洗機使用不可。

カレー鍋をスポンジで磨くように洗い、水切りかごで水気を切り乾いたふきんで拭き取るお手入れになります。

設置場所にゆとりが必要

ヘルシオのホットクックを段ボール箱から出した時、ずっしりと重い印象を受けました。

本体に取っ手が付いてなく両手で持つ必要があるため、持ち運びがラクではありません。

設置場所をあらかじめ決めて固定しておいたほうがいいと思います。

その際は、スペースに少しゆとりを持たせること。

賃貸マンションの我が家は、キッチンスペースが狭いため、設置場所がかなり限定されました。

以前、炊飯器を設置していたスライド棚に置いてみると、スペースの半分以上ホットクックで占めることに。

手前にスライドさせると途中で引っかかってしまい、使いづらかったので・・・

テーブルへ移動させて調理をし、使用後にスライド棚に戻すという風にしていました。

シャトルシェフを置いた場合、だいたいスペースはこれくらい。

我が家では4〜6人用の大サイズのものを使用していますが、まだまだゆとりがありますね。

上から見たシャトルシェフとホットクック

ヘルシオの重さと内容量を、我が家で使用しているシャトルシェフ(4〜6人用)と比較すると

 シャトルシェフ(KBF-4500)ホットクック(KN-HW24R)
容量4.3リットル(調理鍋)2.4リットル(内鍋)
寸法(幅×奥行×高さ )30cm×24cm×22cm 39.5cm×30.5cm×24.9cm
全体の重さ2.5kg6.1kg
対応人数4〜6人2〜6人

シャトルシェフのほうが軽く、お鍋の容量が2倍大きい一方で、ホットクックは全体的に大きく重たいという結果。

どちらも最大6人までの人数に対応できるお鍋であることは同じ。

シャトルシェフのお鍋のほうが大容量で、ホットクックは機械部分で寸法や重さを占めていることがわかりました。

情報量が多く使いこなすまで時間が必要

シャトルシェフとホットクックの取説のボリュームの違い

ホットクックには、モノクロ印刷の取り扱い説明書とオールカラーのレシピ集が付いてきます。

シャトルシェフはオールカラーの4つ折のリーフレット1枚に対し、ホットクックはボリュームのある冊子。

さらに、無線LAN環境があれば、クラウドサービス「COCORO KITCHEN(ココロキッチン)」と連携することもできます。

COCORO KITCHENができることは以下のこと。

  • 人気メニューや新メニューを検索・ダウンロード
  • 嗜好や調理履歴からメニューを提案
  • 画面や音声でレシピを案内

さらに、お手持ちのスマホでアプリと連携すると、

  • 空いた時間にレシピ検索
  • 買い物リストの作成
  • 予約調理の時間変更設定
お困りママ
AI時代だからこそできる便利な機能ばかりじゃないですか?
Rumi
便利な機能を持つこと以上に使いこなすことの方が大事です。

レンタル期間中、無線LAN接続をほとんど活用できなかったことが心残りなんですが・・・

無理して使いこなそうとしなくても、ホットクック本体の機能が高機能すぎて満足

私の場合、取説にかぶりついて操作覚えるだけでいっぱいいっぱいでした・・・。(ただの機械オンチ。)

ガスで調理した方が早いものもある

ホットクックは、ガスを使わず電気のチカラで野菜や麺をボイルすることもできます。

茹で時間2分のそうめんを茹でようとしたら、お湯を沸騰させるだけで20分も時間がかかりました。

Rumi
そうめん茹でるお湯を沸かすのに20分は、さすがに長い! 

写真にないのですが、ブロッコリーをボイルする場合、無水の状態で12分。(丸ごと加熱することが可能)

ガス調理の場合、小房に切ったブロッコリーを沸騰したお湯に入れ2分間ボイルしています。

・・・て、それでも、さすがに12分も時間かからないわ!

Rumi
ちょっとした茹でる作業は、ガスを使ったほうが断然早いです。

自動調理が裏目に出ることも・・・

ホットクック調理で煮くずれしてしまった男爵イモの肉じゃが

煮込み料理の自動調理が大得意のホットクック!

ただ・・・肉じゃがを自動調理におまかせしたら大失敗しました。

ホットクックで煮た男爵イモの肉じゃが

ドロドロに煮くずれしてしまい・・・

「とろけるおイモの煮物」に!

男爵イモの肉じゃがを好むのですが、それがいけなかったのでしょう。

頑張りママ
味や火の通りを途中で確認しないで、自動調理だのに頼るからでしょ?
Rumi
様子を見ながら料理した方が未然に失敗を防げるけど、自動調理で大事なのは試行錯誤ですね。

「自動におまかせすれば、中身を確認する必要がない!」

調理することがラクになっても、考えることをやめることはできません。

設定加熱を「弱火」にしたり、まぜ技ユニットで「混ぜない」設定にするなど、手動の調節が必須。

何度も繰り返し作ってみて自分好みの味に近づけていくプロセスが大切です。

Rumi
男爵イモの肉じゃがは、余熱で作るシャトルシェフのほうが煮くずれしにくいです・・・。

価格が高い

やっぱり・・・お値段!

購入するとなると、誰もが意識するのではないでしょうか。

  • シャトルシェフ(4.3リットル 4〜6人用):8691円
  • ホットクック(2.4リットル 2〜6人用):53800円

※Amazonより価格表示

その差額、45109円!

品番やお鍋の大きさ、販売元によって価格が異なりますが、アナログの調理器具より家電のほうが価格を上回ります。

お困りママ
高いお金を払う価値ありそう!けど、本当に美味しくできるのかな。
Rumi
購入に迷った時は、お手持ちのお鍋と同じ料理を作って食べ比べてみるといいですよ。

ガスで加熱して余熱を利用して調理をするか、電気を使って自動調理に切り替えるか。

実際に同じ料理を作ってみて、味を比較してみることにしました。

シャトルシェフとホットクックで牛すじ煮込みを作って比較

口の中でとろけるほど柔らかくジューシーな牛すじ煮込みは、火の元から離れられない料理のひとつ。

たくさんアク出るし、お肉が柔らかくなるまで相当な時間がかかります。

めっちゃ面倒な牛すじ煮込みを、カンタンに柔らかく加熱することができたら、何度も作りたくなりますよね。

  • 牛すじ(冷凍 ボイル済):500g
  • しょうが:適量
  • 白ネギの青い部分:適量
  • こんにゃく:1枚

より時間短縮ができるかと思い、今回は冷凍の牛すじ(ボイル済み)を用意。

以下、各メーカーの公式サイトのレシピを参考に「牛すじ煮込み」を作りました。

シャトルシェフの公式サイト 

ホットクックの公式サイト

こんにゃくは、湯通しして一口大

シャトルシェフで下ゆでをした牛すじ

ホットクックで下ゆでをした牛すじ

ボイル済みなので、油抜き臭い消しを十分済んでいますが、念のため白ネギの青い部分としょうがでボイル。

  • シャトルシェフは、沸騰したお湯で10分加熱。
  • ホットクックは、水を入れて手動調理で10分加熱

シャトルシェフで茹でた牛すじ

ホットクックで茹でた牛すじ

ナマの牛すじをボイルしたときほど多くありませんが、少しアクが気になったので取り除きました。

下ゆでしたお湯を茹でこぼし、ザルにあげた牛すじと調味料を加えて再び加熱。

ここからが分かれ道。加える調味料分量が大きく異なります。

シャトルシェフを使った場合の調味料の配合は

  • だし汁:350ml
  • 砂糖:大さじ1強
  • 酒:大さじ1強
  • みりん:大さじ3
  • しょうゆ:大さじ3

シャトルシェフは、余熱のチカラで蒸気をぎゅーっと溜め込んだ状態で保温調理

固形が被るほどの水分が必要で、熱を逃さないことが大切。

ホットクックを使った場合の調味料の配合は

  • 砂糖:大さじ3
  • 酒:大さじ4
  • みりん:大さじ4
  • しょうゆ:大さじ2

ホットクックは、スプーンで計量した調味料を加え、だし汁を使用しません。

無水調理ができるホットクックは、水分をたくさん必要とするシャトルシェフとは対照的

ビタミンやミネラルなどの栄養を損なわず、素材そのものの味を生かすことができます。

シャトルシェフは、保温容器に入れた状態で1時間30分放置。

ホットクックは、「牛すじ煮込み」をメニューから選び、調理開始。

調理時間1時間30分。シャトルシェフの放置時間とほぼ同じぐらいでした。

写真左:シャトルシェフで作った牛すじ煮込み 写真右:ホットクックで作った牛すじ煮込み

どちらのお鍋も調理時間2時間くらい。香りも、あまり変わりありません。

シャトルシェフで煮込んだ牛すじ煮込み

近くから見ると、シャトルシェフのほうが汁気が多いよう・・・。

具材がぷるんとしていて、ほとんど煮くずれしていません。

ホットクックで煮込んだ牛すじ煮込み

ホットクックで煮込んだ牛すじ煮込みは、汁気が少なく、くったり煮た感じ。

ところどころ細かい繊維が広がっており、やや煮くずれしているところがありました。

シャトルシェフで煮込んだ牛すじ煮込み

シャトルシェフで煮込んだ牛すじは、プルップルの牛すじが口の中で溶けて、ふわっとダシの香りが広った口当たり。

醤油辛さや砂糖の甘さが控えめで、ダシの風味とジュワッとした肉汁の味が強いです。

こんにゃくを味わうと、やや薄味であっさりとした感じ。

けど、決して染みてないというわけではなく、牛すじと一緒に食べるうまい具合に調和する後味です。

ホットクックで煮込んだ牛すじ煮込み

ホットクックで煮込んだ牛すじ煮込みは、シャトルシェフに比べて味が濃く甘辛いです。

箸で取ると、ホロホロと崩れそうな肉感で、レトルトの牛すじ煮込みに近い感じ。

味が染みにくいと悩んでしまうこんにゃくも、しっかりと染みており失敗いらず。

牛すじのジューシーさに加え、甘辛い後味が残るので、2杯でも3杯でもご飯をおかわりしてしまいそうです。

2回戦!シャトルシェフとホットクックで五目豆を作って比較

続きまして、火の元から離れられない硬い食材第2弾として、大豆を用意!

乾燥した大豆は、一晩水につけて水を浸透させ、さらに下ゆでをし柔らかくする必要があります。

  • 大豆(乾燥):140g ※一晩水につけておく
  • ごぼう:50g
  • にんじん:50g
  • こんにゃく:50g
  • れんこん:50g
  • 干し椎茸:2枚

一晩水につけた大豆は、およそ450gの重さになりました。

このまま加熱して煮物を作ってしまうと、まだまだ大豆の硬さが残ってしまいます。

下ゆでの方法は、公式サイトのレシピに頼ることにして。

  • シャトルシェフは、1800mlの水と一緒に沸騰させ10分加熱後、1時間保温容器で放置
  • ホットクックは、本体に大豆と調味液をセットし、メニュー画面から五目豆を選んでスタートボタンを押す

大豆を茹でる時から、どちらもほったらかし火の元に付いておく必要ありません。

シャトルシェフは火を消した状態、ホットクックは全自動で下ゆでをしてくれました。

シャトルシェフで煮込んだ五目豆

シャトルシェフの場合、加熱した大豆が柔らかくなっているかの確認が必要。

(もし硬かったら、柔らかくなるまで何度も茹でこぼします。)

柔らかくなっていたら、お湯を茹でこぼした大豆、すべての具材と以下の調味料をお鍋に入れて加熱。

  • だし汁:400ml
  • 砂糖:大さじ9
  • しょうゆ:大さじ6

沸騰したらアクを除き、弱火で5分間煮ます。

シャトルシェフで煮込んだ五目豆

加熱が済んだら、保温容器に入れて1時間保温しておきます。

ホットクックで煮込んだ五目豆

ホットクックの場合、浸漬した大豆と調味液を入れて、調理開始。

ホットクックで煮込んだ五目豆

煮込み時間は3時間。うち2時間は、大豆のみ煮込んで柔らかくする工程です。

できあがりまで残り1時間になったところで、チャイムが鳴り他の具材をすべて投入します。


写真左:シャトルシェフで作った五目豆 写真右:ホットクックで作った五目豆

ぱっと見、どっちがどっちなのか?・・・わかりにくいですね。

使用した煮汁は、ホットクックの方が量が多いのですが、出来上がりを見ると・・・同じぐらいにも思えました。

シャトルシェフで煮込んだ煮豆

シャトルシェフで煮込んだ五目豆は、具材に甘みがあり、大豆は少し柔らかい納豆のような食感。

にんじんや大豆は煮崩れをしておらず、固形を維持した状態。

れんこんやごぼうは、シャキッとした柔らかさです。こんにゃくの染み具合も◎。

ホットクックで煮込んだ五目豆

ホットクックで煮込んだ五目豆のほうが、薄味あっさりめ。

大豆の柔らかさは、2時間煮込んだホットクックの方が断然柔らかい!

他の具材も同じことが言えて、全体的煮柔らかく味が均一に染みていました。

あとになって、ミスに気づいたのですが・・・

ホットクックのレシピは、最初っから調味液を大豆と一緒に浸漬して一晩置くんだとか。

調味液ではなく、水だけで一晩置いてしまいました・・・。

調味液を乾燥した大豆と一緒に一晩漬けておけば、味がもう少し染みていたかもしれないです。

Rumi
取説をよく読んでいない私のミスですね。

シャトルシェフのガス調理にない「ホットクック」の使いやすい点

ホットクックを15日間使ってみて、シャトルシェフにはできないメリットが3つありました。

  • 無水で調理することができる
  • 食べる時間に合わせてアツアツを提供できる
  • キッチンが汚れにくい

無水で調理することができる

「チキンと野菜の無水カレー」は水を一切使わない。ホットクックの人気メニュー

ホットクックは、水を使わない無水調理ができることが大きな特徴。

シャトルシェフは、蒸気を蓋で閉じ込め、余熱で加熱をするため、たくさんの水分が必要になります。

チキンと野菜の無水カレーオムレツ乗せ。

無水調理をすることで、水の節約になるだけではなく素材の旨味がギュッと濃縮

ビタミン・ミネラルなどの栄養が溶け出ることなく、素材そのものを味わうことができますね。

食べる時間にあわせてアツアツを提供できる

シャトルシェフの保温時間が最大8時間に対し、ホットクックは最大12時間まで保温可能

シャトルシェフは、8時間以上の放置は厳禁。それに食べる前に再加熱をする作業が必要になります。

シャトルシェフの使い方を間違えてはいけない。保温調理器が食中毒の原因になるのか、ほったらかしの時間にかかっている。

2019-10-04

ホットクックの保温は、余熱ではなく電気のチカラでアツアツを維持しています。

さらに、本体に食材をセットさえすれば、腐らない温度帯で予約調理を行うこともできます。

出来上がり時間の変更は、スマホアプリを使って操作することが可能。

おうちを空けていても、スマホからの遠隔操作で出来上がり時間をズラすことだってできます。

キッチンが汚れにくい

ガス調理をするともれなく付いてくるレンジフードの汚れ。

ガス調理をすると、どうしてもキッチンが汚れてしまいますよね・・・。

作業台に具材をこぼしたり、コンロ周りに油がハネてしまったり・・・

レンジフードにダイレクトに油汚れが張り付いてしまったり。掃除のこと考えるとホント憂鬱・・・。

フィルターレスレンジフードの掃除はラクじゃない?シロッコファンの内部までお手入れをしてみて分かったこと。

2020-12-29

ガスの量を節約できるシャトルシェフも、料理によっては油を引いて菜箸をかき回し炒める作業があります。

他の鍋より炒める時間は短く済みますが、保温調理をするまで手動調理のため、少なからず油ハネがあります。

食材を入れて蓋を閉めて自動的に混ぜる作業を行うホットクックは、最初から最後まで密閉状態。

調理を終えても、作業台を清潔に維持することができるし、コンロ周りに油がついていないので、後片付けがラクちんです。

ホットクックはシャトルシェフとあわせて使いたい令和の神器!

メリットデメリットを知り、さらに食べ比べもして決めた結果、申し訳ありません。

わたしは購入することを見送りました。

ホットクックはとても素晴らしいキッチン家電ですが、実際に調理から実食まで比べてみた結果、

「シャトルシェフだけで十分事足りる」と思ったから。

比較してわかったことは

  • どちらの鍋も切り込み作業が必要
  • 途中で具材を投入する料理もあり、100%ほったらかしができるわけではない
  • 炒め物や焼き物は水っぽくなりやすく、フライパンで調理した方が良い
  • 下ゆでなど、ガス調理が必要な場面も多い

煮込み料理はというと、味や食感には違いがありますが、どちらも美味しいです。

  • シャトルシェフは、ジュワッと汁が口の中でとろける美味しさ
  • ホットクックは、味がしっかりと染み渡る美味しさ

「ホットクック高いし、シャトルシェフがあれば事足りるじゃん。」

と思っていた私も、レンタルをして使ってみると、

「ホットクック、めっちゃハイテクすぎるでしょ!」

と、感動するほどの仕上がりでした。

ただ、機能があまりに多くって、レンタル期間内に全ての機能を使いこなすことができませんでした・・・。

どちらも、時短料理のお手伝いができるキッチン用品。

  • 良心的な価格で、料理やお手入れなどをシンプルにしたい方は、シャトルシェフ
  • AIの機能と付き合いながら、どんな料理も確実に美味しく作りたいという方は、ホットクック

宝の持ち腐れにならず、長いお付き合いになることが、何よりも大切。

いざ!ホットクックを購入して後悔する前に、まずはレンタルから。

あなたのライフスタイルにマッチしているのかを実感してから、購入しても遅くありませんよ。

ラクラク調理ができるお鍋をミカタにして、毎日の料理を楽しんでみてくださいね。

▼ヘルシオ「ホットクック」のレンタルはこちらから▼

お試し利用にもオススメ!【Rentio】 

こちらの記事もあわせて

ル・クルーゼVSシャトルシェフ!おでんの大根が美味しく煮えるお鍋はどっち?食べ比べると分かる、味や食感に大きく異なる点があったこと。

2021-01-12