成城石井の「あえるパスタソース」はコスパ良すぎ。即席だけど「味薄!」と感じない。冷蔵庫の残り物を混ぜちゃえ!




野菜室の中のしめじ。

半分使って、もう半分は袋の状態で、輪ゴムでぐるぐる巻きの状態になっている・・・

「使い道、ないかしら?」

中途半端に食材が残ってるときに、市販のパスタソースを常備しておくと便利です。

茹でたパスタと残り物の具材をあえるだけ。

あっという間に、パスタが完成します。

高級スーパーというイメージのある「成城石井」。

お買い物をすると、つい財布の中身と相談してしまいます。

でも、こちらのパスタソースは、すべて500円前後で購入できますよ。

成城石井の「あえるパスタソース」とは

成城石井のプライベートブランドで販売されているパスタソースです。

成城石井のパスタソースは全部で7種類。こんなにたくさんのラインナップがあるのです。

成城石井のパスタソースというと、「desica(デシカ)」が大好評。

でも、「あえるパスタソース」にもメリットがあります。

開けてみると・・・小さな袋が5つ。

平日5日分あります。

冷蔵庫の残り物と合わせて、主婦ランチにちょうど良いです。

開けたらそれで終わり。食べきりサイズなのも、いいですね。

お店によって若干お値段が変わりますが、ネットで税込496円で購入しました。

1袋あたり5食分で・・・1食あたり、およそ100円とコストパフォーマンス抜群です。

では、今から7種のパスタを味わってみます。

※使用している麺は、すべて分量100gで計量しています。

「あえるパスタソース」7種類を食べ比べ!

ペペロンチーノ

この日は、残ったしめじと、スナップえんどう、冷凍のむきエビで作りました。

具材はあらかじめ炒めておくか、パスタと一緒にボイルしておきましょう。

茹でたパスタと和えて、ソースをかけます。

味が均等になるように満遍なく混ぜましょう。

パパッと完成です。

ほんのりピリッとした辛さがあり、全体にしっかりとした味がついています。

どんな具とも合わせやすそうです。

クリームソース

同じ具材で作ったクリームソースバージョン。

ソースの色はこんな感じです。

袋そのものは少ない感じがしますが、ソースはドロっと濃厚です。

絡めると、ちょっと少ないかなと思ったのですが、チーズの風味と塩味が効いています。

底にソースがたまりやすいので下からすくって、しっかりと絡めて召し上がりましょう。

ジェノベーゼ

この日は、ブロックベーコンと冷凍のフライドポテトです。

綺麗な緑色。バジルの風味がいい感じです。

ジェノベーゼというよりか、みじん切りのバジルが全体に絡んだオイリーなソースという印象です。

お店で食べるジェノベーゼよりも、ややあっさり目です。

スライスベーコンにすると物足りない感じになりそうだから、ブロックの方がいい!と思いました。

たらこ

独特の風味があり、好き嫌いが分かれるたらこ。

イカと刻み海苔を用意しました。

薄いピンク色のたらこ。オイルがしっかりと包んでいます。

ソースはピンクがかっていますが、絡めてみると薄っすらとしています。

よく見ると・・・たらこが見えるという感じです。

薄いパスタのように見えますが、味はたらこ風味の塩味がきいています。

イカを加えることで、プリプリの食感と旨味が増します。

面倒だけど、刻み海苔は必須ですね。

ボッタルガ

ボッタルガとは、高級食材のカラスミのことです。

速水もこみちさんがテレビで使ってて、知ったという方も多いのではないのでしょうか。

もこみちさんの「ボッタルガのタリアテッレ」を作ってみたら、謎が解けるほどの旨さだった!材料費もあわせて計算してみた

2018.04.08

たらこと同様、イカと刻み海苔を使用します。

写真ではオイルっぽく見えますが、ほんのりとオレンジ色の粉がミックスされています。

肉眼でまじまじと見ると、よくわかります。

オイリーなパスタに見えますが、イカのプリッと感が引き立つ濃厚な塩味。

おうちでは表現できない上品な味です。

材料費およそ724円で作った「ホタルイカとホタテのタリアテッレ」をより安い方法で作ることもできます。

実際に作ってみたところ、こんな仕上がりに。

ホールのボッタルガを使った方が美味しいのは、言わずもがなですが、具材が揃っていればパパッと作ることができます。

太麺のタリアテッレですが、しっかりと味が絡まりました

時短で贅沢な味を楽しめておすすめです。

アラビアータ

辛いトマトソース、アラビアータです。

「ペンネアラビアータ」という言葉があるように、ペンネと合わせるのがデフォなのでしょうか。

ペンネとあえてみることにしました。パルメザンチーズもプラス!

ドロっと濃厚なトマトソース。

ぱっと見ソースは少なく、太いパスタと絡まるかと心配しましたが

全体的に赤く染めることができました。

ペンネの穴のところにしっかりとソースが入っていますので、ソースの量少ない!ってことはなかったです。

後から少しピリッと辛くなりますが、パクパクとフォークが進みます。

パルメザンチーズをかけるとより美味しくなりますよ。

ウニクリーム

なんと、ウニもあるんです。

インスタントのウニ味って、生臭い感じがして、失敗してしまうことがよくあります。

アラビアータ同様、濃いめのソースと相性の良いペンネとあえてみます。

刻み海苔を入れて風味もプラス。

ドロっとしていますが、ややオイリー。

アラビアータやクリームソースよりも汁気が強い感じです。

ウニ特有の独特な味がしますが、生臭さはそれほど気になりません。

美味しいかは好き嫌い分かれるところですが、私はパクパクと完食。

太いペンネを使用したにも関わらず、意外なことにソースが余ってしまいました。

濃厚な塩っけが癖になり、ソースまで最後までいただきました。

インスタントっぽくない味!あえるだけでパパッと、おうちがレストランに

市販のパスタソースを使うと、どうしても味が薄くなってしまうというのが、悩みでした。

でも、成城石井のパスタソースは、「味薄ー!」って感じがせず、気になりませんでした。

ソースの分量はぱっと見少ない感じがしますが、ソースそのものにあじがしっかりと付いています。

  • パスタが食べたい!
  • 野菜やきのこ、加工肉など、残り物だらけ。
  • 短時間でパパッと料理を済ませたい。
  • 毎日違った味を楽しみたい。

そんなときに、成城石井の「あえるパスタソース」がおすすめです。

お味が7種類もありますので、気分に合わせて、「どれにしようかなー」と決めるのも楽しいですね。

 

今すぐ成城石井の「あえるパスタソース」を探してみる

とろりとした濃厚パスタを自分へのご褒美に楽しみたい!

成城石井「desica(デシカ)」のパスタソースを食べ比べ。シェフお墨付きの濃厚ソースをご自宅で。

2018.08.15