週末が苦痛!と感じる奥様へ 主婦で母親であることを忘れよう!憂鬱にならない土日の過ごし方




「主婦は365日休みがない」

よく言われている言葉ですが、休んではいけないって誰が言った?

もしかしたら、周囲の行動に気を遣いすぎてしまい、休みがないというのを自分で作り出しているのかもしれない。

家事や子育てをするのは、主婦の仕事として当然だと思っている方は、決して読まないでくださいね。

今まで週末を苦痛に感じた2つの理由

かつての私も週末が苦痛で仕方がありませんでした。

私が週末を苦痛に感じなくなったのは、ブログを始めたのがきっかけ。

本当に、ごく最近のことなのです。

終末を苦痛に感じる理由は2つ。

1.子どもを遊びに連れて行かなければならない

週末だからどこか遊びに連れて行く、上の子が幼稚園の時はその気持ちが強かったです。

「週末〜に行ったよー」という話題作りのためでしょうか。

子どもから「●●ちゃん、昨日遊園地に行ったんだってー、いいなぁ。」と言われ、なぜうちは休日どこも行かないの?と遠回しに言われた気分でした。

ママ友同士でも「終末の過ごし方」の話題はよくありました。

その話題作りのために、自分達が置いていかれそうな気持ちになったこともよくありました。

「子どものためにおでかけしなければならない」

「その話題についていけない私はダメなんだ」

「子どもが外出できないのはかわいそうなことなんだ。私はダメ母なんだ。」

そう追い詰める時期もありました。

2.働いていない自分は家事をするべきだ

その一方で、「専業主婦だから家のことをしなければならない」という強迫観念もありました。

家に人がいる限り、部屋の中は散らかります。洗濯物が溜まります。もちろん、食事も必要です。

この終わりのなさが「休みがない!」を作り出しているんだなと感じます。

会社と学校がお休みのとき、夫や子どもは好きなことして過ごしているのに・・・

「なぜ私ばっかり!」と思うこともありました。

家事を分担できているご家庭もたくさんある。

けど、これはすべてのご家庭で当てはまるわけではありません。

夫には仕事を優先させたい

その気持ちもあり、家事のほとんどは私が担っています。

その思いが私の中にも強くあった反面、

「私は専業主婦だから仕方がない・・・仕事してないし家事と子育てはしっかりやらないとね。それが仕事だもの。」

と諦めの気持ちもありました。

週末を苦痛と感じることで家族に影響ありました

家にいるときの”無言の圧力”がすごかったこと、今になっても覚えています。

夫や子どもの言い分は「せっかくの休みなのに、Rumiの顔色を伺わなければならないから苦痛だ・・・」ということでした。

彼らはそれに耐えられなかったようです。

週末を苦痛に感じたことで不満が溜まってしまい、笑いたくても笑えない・・・我慢が限界だったのでしょう。

この感情、声に出さなくてもヒシヒシと周りに伝わるものがあり、自然と家の中をギスギスとさせていました。

それがいけなかったのか終日大げんかしてしまい、夫や子どもにとっての貴重な休日を潰してしまった!ということも実際によくありました。

ここまでくれば、本末転倒もいいところですよね。

週末を苦痛に感じないために、どうすればいい?

家族が許す範囲で、自分の好きなことをする!

結論から言いますと、これに限ります。

家事を完璧にして身の回りを綺麗にすること、

美味しい料理を作って家族を喜ばせること、

週末家族で仲良くお出かけすること、

「終末〜に行ったよ!」と誰かに話すこと、

私自身も夫も子どもも本当に望んでいることなのか?

まずは、そう自分に問いかけてみてください。

・・・実は、そうではない!

と思ったら、あなたが週末にするべきと思っていることは、確実に間違っています。

主婦だから母親だから仕事をしていないから、休んではいけないのか?

そんなことはありません。

確かに、人と関わる以上、他人の目が気になります。

奥さまの間でお付き合いがあるのと同じように、夫も子どもも会社や学校と異なる場所でお付き合いがあります。

あなたの前では見せない他の顔を、相手に見せています。

それは、とてもエネルギーを使うことでしょう。

平日、人のために使い切ったエネルギーを、休日に家族のためにまた使う

そうなると、せっかくの休みなのに休んだ気にもなれずに、また人のためにエネルギーを使う5日間が始まってしまいます。

お外で人のために使った顔と、おうちで休む時の顔を使い分ける時間が必要だ。

そのためには、自分の好きなことをする時間を作る。

最終的に、その考えにたどり着いたのです。

家族皆が楽に過ごしていれば、休日に対する満足度が上がる

「夫と子どもがちゃんと休めているなら、それでいいや〜!」

スウェット姿でポテチを片手に、マンガやスマホを見るのに休みを使いたい夫、

わざわざ遠出して疲れて帰らなくても、近所の公園の大型遊具で満足できている子ども、

本人が満足しているのなら、わざわざお金をかける必要ない。

ちゃんと休めているじゃん。

休むのは自分自身なのに、人に気を遣う必要は全くないのです。

あなたが「しなければならない」と考えなくてもいいのです。

家族のことを気にしなくなってから、記事を書く時間が増えました。

空いた時間にブログ掲載用に料理を作ったり、グルメを楽しんだりしています。

外出や外食をするにしろ、完全に家族と別行動なこともよくあります。

子連れ外食のここが大変!「うるさい」と言われたことも…乳幼児2人連れで学んだ私の外食術

2017.07.05

ただ、ブログを作る際、我が家のライフスタイルをベースにしています。

部屋の周りの生活感が写真に写ってしまわないために、掃除が欠かせなくなりました。

そのように考えると、家事をすることが苦痛だなんて思わなくなりました。

義務感ではなく、目的を持っているから。

人のために休んでいるのではない 自分のために休もう

人から「休日の過ごし方」について訊かれたら、自分のことを大きく見せないで正直に話すようにしています。

「何をしようかなと思うだけで、休日終わっちゃうんだよね」

と濁すことが、最終手段です。

誰かのためにお休みを過ごすなんて、非常にもったいないこと。

誰もが休んでいい、自分が楽しければいい!

それでいいじゃありませんか。

それに気づかせてくれた夫や子どもに感謝しています。

皆が笑って毎日過ごせられるよう、私も(せめて)家の中では笑っていようと思います。

※夫の休日が土日ですので、週末と書かせていただきました。それぞれのご家庭で休日が異なることについて配慮ができないことをお許しください。

それでも家で過ごすのが苦痛と感じたら

いっそのこと、家にいながらお金を稼ぐというのも一つの選択です。

ワードプレスでブログを始めたいけど・・・サーバーにお金をかけるのはちょっと敷居が高い!

そんな奥様へ。クラウドソーシングで記事作成をしてみるのはいかがでしょう。

サグーワークス は日本最大級の記事作成サービス。ライティングのお仕事に特化しています。

主婦の方も多数いらっしゃり、おうちでできるお仕事がほとんどです。

ブログを立ち上げる前に、私も記事を書く練習として利用していました。

おうちでパソコンに向かっていると、時間が経つのもあっという間。

記事を納品したときは達成感がありますし、報酬を得ることができると自信にも繋がります。

無料登録も5分でパパッとできますし、初心者から始められる作業も多数。

家事や子育てしながら自分のペースで働けますし、もちろん休憩も自由です。

記事作成で10万の報酬をゲット!サグーワークス

 

せっかくの週末。家事や子育てだけでヘトヘトになって、月曜日になって・・・また終わりのないことの繰り返し。

もうひとつ、何か刺激が欲しい!

というときに、週末を有意義に過ごす手段のひとつにいかがでしょう。

有意義な休日の過ごしたい方へ送る、オススメのバイブル

地下の労働施設「帝愛」。厳しい環境で働いて稼いだ”ペリカ”で得られるのが「1日外出券」。

1日の限られた時間で外出できるなら、どう過ごす?

グルメや旅行、時には「おっ!」と目からウロコになるようなことまで。

1日を有意義に過ごすためのヒントが描かれた1冊です。

「賭博黙示録カイジ」で人気の福本伸行さんが協力。「中間管理録トネガワ」に続くスピンオフ作品です。

ハンチョウで登場するお料理は、もはや飯テロ!

読むと、実際に料理をしてみたくなるほど、魅力的なものばかりです。

「1日外出録ハンチョウ」の再現レシピを作ってみる

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい食を求めて、自由気ままに過ごす主婦ブロガー。 ズボラな私も上手にできる!キレイすぎない料理術を発信していきます。 育児や家事に完璧を求めず気楽に過ごせる方法、専業主婦が負い目を感じない働き方を模索中。 神戸在住の30代。管理栄養士。夫と7歳,4歳,0歳(2018年1月出産)の子の5人家族。 ご飯にシチューをかけて食べる派。ピザは、ドミノピザ派。