夏の弁当おかず前日のものでOK?加熱と保冷のポイントは?私が気をつけていることをご紹介!

6月〜9月までの間は食中毒件数が高いため、夏のお弁当作りは注意が必要です。

「細菌をつけない・ふやさない・やっつける」の原則を毎日復唱して、栄養士の仕事に取り組んでいた私も、家庭でお弁当を作る際に意識しています。

私がお弁当を作るときに気をつけているポイントは

1.傷みやすいおかずは避けること

夏入れるとに傷みやすいものは次のようなものです

  • 生で食べるもの(サラダ・果物・ハム・ちくわなど)
  • 卵料理(ゆでたまご・半熟のもの)
  • 炊き込み御飯・混ぜご飯
  • マヨネーズで味をつけた料理
  • 海苔を巻いたおにぎり

おかずは、水分が少なく火が完全に通っているものを選びます。

加熱調理の中でも水分を飛ばしてくれる揚げ物や焼き物がおすすめです。

下味をしっかりとつけて料理をします。わさびやからし、香草、梅や紫蘇などで風味付けができるとベストです。

茹でた物や炒め物は水分が残りやすく注意が必要です。

もしも使用するのでしたらキッチンペーパーで余分な水分を落としてから使用するようにしてたほうがよいでしょう。

他にお弁当に向いている食材は、塩気が強いもの、酢や梅など酸味が強いものです。

漬け物は入れても問題ありませんが汁気をしっかりと切るようにしましょう。

卵やハム、ちくわはお弁当の定番ですが、必ず完全に火を通すようにしましょう。

特に卵は夏は傷みの進行が早いです。昼食が遅くなりがちな人は控えたほうが無難かもしれません。

ご飯にふりかけや海苔を使っている方もいらっしゃると思います。

これらをご飯に直接混ぜてしまうと水分を吸って傷みやすくなります。小包装のタイプを持参して食べる直前に加えることがおすすめです。

2.加熱をしっかりとする

前日作ったおかずを使用される方もいらっしゃると思います。積極的に使うことのはもちろんよいことです。

必ず再加熱をして使用しましょう。

中心温度が75℃の状態が1分続くと、細菌のほとんどが死滅します。

冷凍食品は好き嫌いあると思いますが、もちろん積極的に使っていただいてOKです。

使用方法に従ってくださいね。

私も以前したことある方法ですが、おすすめしないことがあります。

おかずをアルミカップに小分けで入れて冷凍したものをそのままお弁当に詰めることです。

自然解凍を利用した冷凍食品のおかずが販売されていますが、市販の冷凍食品は厳重なる衛生管理のもと行われています。

水分が多いものや傷みやすいものでおこなうと反対に菌を増やすことになります。

この方法をどうしても使いたい場合は揚げ物や焼き物など水分が少ないものを選んだほうがいいでしょう。

3.急速に冷やす

菌を増やさないポイントは加熱と保冷です。

細菌のほとんどが10℃〜75℃で活動しています。細菌の活動する温度のスパンはとても長いです。

75℃以上に加熱をしたあと10℃以下に急速に冷やすことで菌が増える可能性を下げることができます。

冷たいおかずをそのまま詰めたほうが菌が増えにくいかもしれませんが、冷たい状態でも菌が残っていることもあります。

一度加熱しなおして菌を死滅させることが必要です。

自宅で急速に冷やす方法は、お弁当の下に保冷剤や冷凍庫に入れておいた金属トレーを置き冷やしていきます。

温度が伝わりやすいアルミの弁当箱ですとより一層保冷効果が高くなります。

市販の保冷バッグを利用して、タオルやハンカチで巻いた保冷剤を一緒に入れて持ち歩くと低温が持続されます。

100均などで販売されています。積極的に利用するとよいでしょう。

2.食中毒はなくならない でも愛情こもったお弁当を作りたい!

私も夫と娘にお弁当を作っています。ここは特に改善したほうがいい!というところも多々あります。

節約のため、手作りが好きなため、自分磨きのためなど、お弁当を作る目的はさまざまです。

しかし、がんばって作ったお弁当で健康を害してしまった!ということにしたくはないですね。

どの時期においても、残念ながら完全に食中毒をなくすことはとても難しいものです。

でも、注意することは可能です。3つのポイントを意識して愛情こもったお弁当を作ってくださいね。

こちらの記事もあわせて読みたい!

おにぎりの持ち歩き 夏場の対策をご紹介!具は何がおすすめ?保存で気をつけることは?

2017.06.12