リビング学習でインテリア映えする卓上クリーナーは1台3役。消しゴムのカスを片手でサッと吸い取り吊るして魅せる。

「いつも手元に置けて、サッと取り出せて、素早くお掃除できるクリーナーがないかしら?」

我が家は子ども部屋に学習机がなく、リビングで宿題や勉強、塗り絵遊びなどをしています。

リビングのダイニングテーブルに置かれる教科書や文房具類は夕食を食べる直前に猛ダッシュで片付ける始末・・・。

片付けだけでは済まず、消しゴムのカスや鉛筆の芯、お菓子の食べカスなど・・・細やかなゴミの掃除がクセモノですよね。

わざわざ大きな掃除機を引っ張り出す前に、テーブルのそばに卓上クリーナーを置いておけば、勉強しながらサッとお掃除することができますよね。

実際使ってみて便利だったかどうかをご紹介します。

購入した卓上クリーナーは片手で使えて吊るせるタイプ。楽天市場で発見!

今回購入した卓上クリーナーは、ライフスタイルショップ アンジェ楽天市場店で購入しました「バキューミ」。

片手で持って使えるベル型の卓上クリーナーです。

どんなインテリアにも映えそうな白い本体の掃除機ですが、お色は白・イエロー・ピンクから選べます。

私が購入したのは、イエローのデザインです。

希望の色は入荷待ちで、在庫が残っていたイエローを選びましたが・・・派手すぎず落ち着いた色。

濃いパステル色で、優しいけれど元気が出るお色味で気に入りました。

クリーナーの吸引力は2段階で充電式。ボタンひとつでカンタン操作。

重さ222gとめっちゃ軽く、こんなに持ち手が広く握りやすいです。

消しゴムで文字を消しながら、もう片方の手で消しゴムのカスを吸い取ってくれそうですね。

長さ17.6cmで、スマホ(iPhone7+)より少し長いくらいの長さ。

吊るして収納することができるよう、ストラップが固定されています。

クリーナーの断面の直径は6.8cm。ペットボトルの底くらい大きさです。

裏側に短いブラシがポツポツと付いてて真ん中に大きな穴があり、ここからゴミを吸い上げていきます。

電源の位置はこちら。先端にあるのがUSBケーブルをつなぐ差込口。

電池で動かすのなく、スマホやタブレット端末と同様、充電して繰り返し使うことができます。

電源ボタンを長押しすると起動し、LOW(弱)→HIGH(強)→停止の順で切り替わります。

「ブラシの長さが短めで数が少ないので、吸引力大丈夫かな・・・」

と最初感じましたが、小さなゴミや消しゴムのカスを吸い込むのにはLOWで十分。

クルクル回して移動させていくのがポイント。

大きくカタマリになったものは、もう一度電源ボタンを押してHIGHモードに切り替わり。

ドライヤーのような「ウイーン」という音がし、排気口の穴から扇風機のような空気が上に舞いました。

ホコリが直接顔に当たったりせず、クリーンになっていくを肌で感じました。

充電する時は、USBケーブルをつなぐと、赤いライトが点灯します。

充電中は本体を使うことができませんが、2時間半でフル充電することが可能です。

電源をオンにしたとき青色に点灯すればOK。

1日2回1分間使用をした場合、20日連続使用が可能。電力が少なくなると赤色に点滅します。

テーブルの消しゴムのカスを吸い込むのは、我が家の場合、だいたい40秒くらい。

20日連続、充電なしで使用できるなら十分な電力量だと思います。

アタッチメントの取り替えで毛玉取りや身の回りのお掃除も。

ちょっとオシャレなクリーナーかと思いきや?

セットの中に、本体の他に取り替えができそうなアタッチメントが2種類。

  • 毛玉取りアタッチメント
  • ノズルアタッチメント。

ダスト容器を含めて3種類のノズルを取り替えて、3パターンの使い方があります。

毛玉取りアタッチメント

ダスト容器を取って、毛玉取り容器に替えます。

シャキーン!このように毛玉取りに変身!

鉛筆でノートに書いているとき、袖の毛玉が気になってしまいます。

え、私だけか?(←集中力しろよ。)

ニットをよく着る冬とか・・・手の甲の摩擦で袖に毛玉ができやすくなりますよね。

休憩の合間に・・・お洋服のお手入れをして気分転換するのも良いかも。

※着用したままの毛玉取りはケガの原因になりますので、くれぐれもしないこと。

ノズルアタッチメント

再びダスト容器を取り付けて、ノズルアタッチメントをつけると、シャキーン!(2度目)

細かいところのホコリを吸い込むことができます。

休憩中によくお菓子を食べているのですが、ホント、ボロボロこぼすんですよね。

気をつけてはいるんですけどね・・・忘れた頃にソファのスキマに溜まっていたりとか。

さっき勉強で使っていた卓上クリーナーに、ノズルをサッと取り付けるだけでミニ掃除機に変身。

重たい掃除機を用意せず、お菓子を食べたらパッと掃除をしておくというスタイルが完成しました。

これは助かるわ〜。

フィルター付きの蓋でゴミが飛び散らない。水洗いができて衛生的

ダスト容器を外して、細かいフィルターの蓋を外すと、吸い込んだゴミが入っています。

「ちょっとめんどくさいな・・・」と思うかもしれないけれど、フタを2重にすることで

本体からゴミを捨てるときに、うっかりこぼしてしまうという失敗が防げると思います。

細かいフィルターを挟んでいることで、見えないゴミをしっかりキャッチしてくれそう。

フィルターを開けると、このように吸い込んだゴミが容器の中に溜まっています。

あれ?これは、練りケシ製造機だっけ??!

ちょっと消しゴムのカスを吸い込んだだけなのに・・・カタマリになった状態でまとまっていました。

小さな消しゴムのカスがまとまるほど、威力があるってことではないでしょうか。

ダストカップやアタッチメント、3種類とも水洗い可能です。

長くお付き合いをするためによく洗って乾かすことが重要ですが、普段使うものこそ常に清潔にしておきたいもの。

マメにお手入れして、ピカピカにしておくと、気分が上がりますよね。

1つで3つの使い方ができる卓上クリーナーを見えるとことに吊るしておこう

散らかっているテーブルにボンと置いても、ジャマになりにくく馴染みやすくスリムな卓上クリーナーです。

写真ではお見せできないほど、我が家のリビングはもっとゴチャついていますが・・・(笑)

目立つところに吊るして収納しておけば、いつでも取りやすくサッとお掃除に取りかかれるのではないでしょうか。

ストラップが付いているので、教科書やテキストが並んでいるラックのそばに、私は吊るしています。

ブラシの毛がちらっと底から覗かないので、さりげなく飾っておくことで、パッと見掃除機だと分かりません。

最初、卓上クリーナーだと分からなかった子ども達も、勉強中に掃除をすることが習慣化に。

学習内容が身についていればそれで良しなんですが、スイッチ入れてお掃除することのほうがおもしろいようですね、ハイ。

片手でサッとお掃除ができる卓上クリーナー「バキューミ」で、楽しくリビング学習。お掃除ストレスも一緒に吸い取ってくださいね。