麦茶を大量に作る方法を考えてみた!ごくごく飲む子どものために大量生産はできるのか?




暑い日が続きますね。

熱中症対策にも水分をしっかり摂ることが大切です。

子どもが水筒を持参し始めたため、今まで通りの量で作るとすぐにお茶がなくなってしまいます。

まさにお茶不足です。

そこで、お茶を大量に作る方法が何かないだろうか?と、考えてみました。

今のところアイディアが3つ思い浮かびました。

麦茶を大量に作る方法は存在する?!

1.  ボトルややかんを増やして可能な限り作る

  • メリット:確実に飲みたい分だけ作ることができる
  • デメリット:保冷スペースの確保

我が家がいま実行している、とりあえず増やすという方法です。

現在ボトルを2本から3本に増やしました。

1本は冷蔵庫、残り2本は野菜室に入れています。これで1日は持ちます。

お茶の残量の確認、出来上がったお茶の飲む順番を間違わなければなんとかなります。

2.  ジャグで作る

  • メリット:一度にたくさんお茶を用意できる
  • デメリット:冷蔵庫に入れることができない 費用と置き場所に悩む

ママ友から聞いた話です。

お子さんがスポーツをしてますので大会でジャグを使い、使わない時はお茶を作って普段使いしているとのことです。

我が家はジャグを持っていません。

しかし、これから運動会もあります。それに息子がサッカーを始めたばかりなので、今後長時間外で活動することが増えることでしょう。買っても損はないかもしれませんね。

3.  市販のものを購入する

  • メリット:飲みたい時に飲める 衛生的である
  • デメリット:荷物がかさばる 処分の方法

今や便利な時代ですので、コンビニや自動販売機で飲みたい時にすぐに購入することができます。買ってバッグに入れて持ち運びも可能です。

しかも市販のものは厳重に衛生管理がされていますので、手作りのものよりも食中毒になりにくいというメリットもあります。

ただ、ペットボトルはとてもかさばるものですし、処分のことも気にしないといけない・・・。

密閉できませんが、買うなら紙パックのものにしてコンパクトにした方がいいかもしれないです。

3つのアイディアをもとに考えた結果・・・

今作っている本数で今のところ何とかなっていますので必要に応じて調整をすると思います。

外出の際は・・・

  1. 自宅から水筒やマイボトルを持参し家に帰るまでに飲みきること
  2. 無くなり次第市販のものに切り替える
  3. 市販のものは処分が簡単なのものを選ぶこと

という結論に至りました。ジャグで作る方法もとてもいい考えと思っています。

どのようなものがおすすめなのかまだ情報が少ないですので少しずつ調べてみようと思います。

麦茶を作るのは大変だけど、子どもがたくさん飲んでくれるのは元気な証拠。

ゴクゴク飲んで、体も心も満たしておきたいですね。

 

すぽーつ麦茶!水分補給の質で、子供は変わる

そもそも、麦茶じゃなくてもいいのでは?という発想

あれこれと考えて悩んだ結果、夫が一言

「そもそもお茶である必要はなくない?浄水器つけてるんだし。」

子どもが納得すれば水でいいのですが、子供が持参する飲み物といえばお茶ですよね?

あれ?

学校と幼稚園のプリントには「お茶または水でお願いします。」と書いてあるではないですか。(驚)

そして、子どもが一言

「ママ、カルピス飲みたい。おうちのお水で薄められるやん。」

私が思っている以上に、うちの者達はお茶を必要としていなかったようです。(笑)

お茶があるからとりあえず飲むってことか。飲める水なら水でよい!そういうことなんでしょうか。

浄水器は無限にお水が出ますので便利ですよね。

積極的に使わないと確かに損ですよね。

浄水器を使って水出しのお茶を作っているのに、浄水器の水が飲めるということに気づかないとは、なんということか・・・。(涙)

作っている人間にしか感じることができない苦労のようですね。

お茶を作ることができているのも、綺麗なお水が家庭で飲めるおかげですからね。

 

新ウォーターサーバーブランド【Kirala】

いっそのこと、氷から変えてみるという方法もありかも?

麦茶をコンパクトに量産したい!製氷皿で作る「お茶氷」でひんやりカサ増し!

2018.06.07

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい食を求めて、自由気ままに過ごす主婦ブロガー。 ズボラな私でも上手にできる!キレイすぎない料理術を発信していきます。 育児や家事に完璧を求めず気楽に過ごせる方法、専業主婦が負い目を感じない働き方を模索中。 神戸在住の30代。管理栄養士。夫と7歳,4歳,0歳(2018年1月出産)の子の5人家族。 ご飯にシチューをかけて食べる派。ピザは、ドミノピザ派。