「むかご」を知らない人にオススメしたい美味しい食べ方。カンタン・シンプル調理で秋の味覚を味わう。

「むかご」という食べ物をご存知ですか?

「♪いちじく、にんじん、さんしょにしいたけ、ごぼうにむかご〜」

子どもが通った保育園で聴いたわらべ歌を思い出しましたが、その中に登場します。

丸っこいかわいらしいおイモ?豆?種?のように見えますが、実は、ヤマイモの赤ちゃんなのです。

名前はなんとなく知っていたのですが、いままで一度も食べたことありませんでした。

流通量が少なく、スーパーでなかなか入手しにくいむかごは、昔から日本で食べてきた山の幸。

知る人ぞ知る秋の味覚です。

オイシックスの「ちゃんとオイシックス 」のキットの中に入ってて、今回食べる機会をいただきました。

ちゃんとオイシックスの献立セットで買い物と献立問題を同時解決!カット野菜を使わず時短の野菜料理3品を30分以内で。

2019-07-14

「調理するの難しくないかな?」

キットのレシピを見たりネットで検索したりしましたが、コツ食材との相性を知れば、カンタンに美味しく食べることができます。

秋が旬の食材「むかご」とは、これのことだ!

オイシックス の「ちゃんとオイシックス」のキットの中に含まれていたむかごです。

「炊き込みご飯やアヒージョ、てんぷらなどに。そのまま茹でて塩をふりかけても。」

と紹介されていますが、どれも食べてみたい・・。

開けてみると、こんな感じ。

ちょっと不揃いの大きさなのが、自然の中で作られたことを物語ります。

小さくなったジャガイモのような形と色で、ザラザラと土っぽい触り心地。

水でよく洗って土臭さを落とすだけで、皮むき不要です。

包丁を使わずこのまま調理することができます。

むかごは生食できますが、粘りが強く土臭さが残ります。

初めて食べるときは、塩茹でして食べて、味に慣れることから始めるのがよいでしょう。

塩の量は、1リットルあたり小さじ2入れました。

茹でることで、土っぽいニオイや独特な粘りを和らげることができます。

それに、塩で茹でることで、ほんのり塩っ気が残り、味をつけることもできます。

茹で時間は、沸騰したお湯でだいたい1〜2分。

今回使用するむかごは、不揃いで大きいサイズのものが多かったので、2分間茹でました。

茹で終えたら、ざるでお湯を切っておきましょう。

1粒2粒食べてみましたが、とろろではなく、カットしたヤマイモを食べたときのようなシャキッとした食感。

味と香りは、ジャガバターを食べたときのジャガイモの皮っぽい旨みがします。

このままパクパク食べ続けると、料理する前になくなってしまいそうですので、次。

次行きましょう。

むかごの美味しい食べ方その1 ご飯と混ぜる。

ちゃんとオイシックス のレシピの中に、むかごを使ったレシピがあります。

その中でこちらを作ってみることにしました。

白いご飯に、むかご、すりごま、調味料類を混ぜるだけです。

豆ご飯のような見た目ですが、豆にはない独特な香ばしい香りがします。

知らなければ、豆ご飯と思って食べてしまいそう・・・。

ですが、食べたときの食感は、豆とはまったく異なります。

最初のひとくちはシャキッとした感じですが、食べていくうちにほっくりとした柔らかさに変わりクセになりますね。

一口かじった写真で失礼します。

むかごの断面は、ヤマイモのような白くシャキッとしています。

こんな小さな粒の中に味と食感と香りをギューっと詰め込んでて、1口1口がとても貴重なものです。

美味しい食べ方その2 油と加熱する。

むかごは、との相性が抜群。素揚げをするような感覚で多めの油で炒めています。

和の食材っぽいですが、洋風にもアレンジ可能です。

オリーブオイルとバター、おろしニンニクを加えてソテーにしてみました。

むかごが余ったり、少量しかないときとかに、作れるシンプルな料理です。

調理時間たったの5分で完成しました。他の料理と並べると、めっちゃシンプル。

彩りがおとなしい感じがするので、パセリをふりかけると映えそうですね。

でも、地味だなんて言わせない。

なんてったって、コイツがよく進むのです。

おかずだけではなく、おつまみ枠として、むかごは大活躍。

むかごに夢中になりすぎて、飲み過ぎ注意ですよー。

ヤマイモの赤ちゃん「むかご」の栄養ってそんなにスゴイの?

「むかごが美味しい!」ということが分かったところで・・・

そもそも、むかごってどんな栄養があるのか、説明しよう。

むかごの栄養は、ヤマイモの成分をギューっと閉じ込めたもの。

  • アミラーぜ:でんぷんの消化を助ける消化酵素
  • アルギニン:成長を助ける必須アミノ酸
  • 食物繊維(ガラクタン・マンナン・ムチンなど):体の調子を整えるネバネバ成分
  • ミネラル(鉄、カリウムなど):体を維持するための5大栄養素のひとつ

むかご(零余子)とは、自然薯の肉芽のこと。「ヤマイモの赤ちゃん」の難しい言い方です。

自然薯(じねんじょ)は、「ヤマトイモ」や「ヤマイモ」の本当の名前です。(「ヤマイモ」と私は呼んでいます。) 

肉芽とは、ヤマイモの茎と葉の付け根にできる球状の芽で、種と同じ、地上に落ちると再び発芽をします。

その繁殖能力の高さから、栄養豊富な食べ物です。

健康を意識する大人だけでなく、成長期のお子様にもぜひ食べて欲しい食べ物ですね。

お店で「むかご」を見つけたら手にとってみよう。

むかごは、こんなに小さな粒粒なのに、栄養がたっぷり入った万能食材です。

たくさんの食材を用意しなくても、少ない材料と味付け、簡単な調理だけで味わうことができます。

栄養だけではありません。

一度食べると、また食べたいと思うくらい、香ばしくってやみつきになる味でした。

忘れちゃいけない秋の味覚の仲間になりました。

オイシックス で私は入手したけど、SNSの情報を見ると道の駅でゲットしたという口コミがちらほら。

「むかごなんて知らなかったよー!」

と言う方も、もしもお店で見かけたら、一度手にとってみて。

むかご料理にチャレンジしてみてくださいね。

こちらの記事もあわせて

幻の果実「ポポー」を道の駅で入手!まずいって本当なのか?自分へのお土産に思い切って味わってみた感想。

2020-10-05