エックスサーバーとエックスドメインを契約しブログデビューするまでをワードプレス歴2年目の私が解説します。

「ワードプレスって難しいの?」

ブログを始めることに迷っているあなたに、エックスサーバー “” を契約してブログを始める手順を解説していきます。

「サーバー契約?何それ?」と言ってた私も、ワードプレスを開始して2年が経とうとしています。

この通りの手順で行えば、あなたもワードプレスデビューができます。

ワードプレスを始めて、あなただけのオリジナルブログを作っていきましょう。

\エックスサーバーの公式サイトはこちら  “"

ワードプレスでエックスサーバーをオススメする理由

  • 表示速度がとにかく早い
  • 安定性が優れている
  • 安いプランで200GBの大容量
  • 運用サイト数160万人。信頼性◎

エックスサーバーは、現在運用サイト数160万人以上のレンタルサーバーです。

「エックスサーバーを選んでおけば、まず失敗しない!」と言われるほど、ワードプレスと相性抜群です。

その理由は、

  • ワードプレスの画面を高速表示させることができること。
  • 閲覧時に読み込み速度が悪くなることなく安定性が良いこと。

詳細は、「ブログ初心者がワードプレスで失敗しないサーバー選び。表示速度と安定性重視が成功への近道。」にも書かれております。

ワードプレスを始めるために、サーバー契約とドメインの取得が必要です。

「ドメイン?何それ?」と思った方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

当ブログもエックスサーバー “”で運営しております。

今からエックスサーバーで契約した場合、ワードプレスのセットアップの仕方をご紹介していきます。

これから長くブログを書き続けていきたいという方は、エックスサーバーを選ぶことをオススメします。

エックスサーバーの契約とワードプレス開始まで。

ワードプレス開始の大まかの流れを説明すると、

  • エックスサーバーを契約する
  • エックスドメインを契約する
  • ドメインとサーバーを連動する
  • ワードプレスをインストールする
  • ワードプレスを起動する

全ての作業を完了させるのに、だいたい1時間ほどお時間をいただきます。

エックスサーバーの契約方法

エックスサーバー “”のトップページを開いていきます。

エックスサーバーとググれば、一番トップに公式サイトが出てきます。

こちらが公式サイトのトップ画面です。

トップ画面のメニューバーの「お申し込み」のなかから「お申し込みフォーム」を選びクリックします。

 

向かって左の「サーバー新規お申し込み」をクリックします。

入力画面に契約内容と会員情報(あなたの情報)を入力します。

プランは、個人ブログを作る分では「X10」で差し支えありません。

サーバーIDについて

「【サーバーID】xsrv.jp」となっていますが、こちらは初期設定のドメインです。

あなたが始めるブログのURLではありません。

※初期ドメインでブログを始めることもできますが、独自ドメイン(.comなど)を使用した場合と比較してSEO効果が半減します。

難しく考えずに、ハンドルネームを考える感じでIDを考えていきましょう。

※個人情報のお取り扱いにご注意ください

画面下の規約をよく読み、同意をチェックします。

申し込み内容の確認を押します。

契約内容の確認画面が表示されます。

間違いないかどうかを再度チェックし、「お申し込みをする」をクリックします。

エックスサーバーのお申し込み完了です。

契約時に入力したメールアドレスにメールが送られてきます。

送られてきたメールを確認しましょう。

届いていない場合は、登録時にメールアドレスが間違っている可能性があります。

迷惑メールのフォルダーに入っていないかも再度チェックしてくださいね。

後ほど登場しますが、エックスサーバーでは以下の2つのパネルを使用します。

  • インフォパネル
  • サーバーパネル

同じ公式サイト内で2つのパネルを使いこなしていきます。

初期のIDとパスワードが異なります。

自分で分かりやすいように設定し直したほうがスムーズに作業できます。

最初は紛らわしく感じるのですが、慣れてくるとサクサクと使いこなせます。

頑張ってブログを作っていきましょう。

エックスサーバーのお支払い設定を忘れずに

先にお支払いを済ませておきましょう。

「無料期間中なのに、カード番号入力するの?」

と、ドキドキしてしまいますね。

※無料期間中に引き落とされることはありません。(ご安心ください)

しかし、試用期間内にお支払いが未登録の場合、見つかり次第アカウントが凍結されます。

「これからブログを書いていくぞー!」

と意気込んだ矢先に凍結・・・となると、設定が最初からやり直しになっていまいます。

ほったらかしにせず、必ず早めに済ませておいてくださいね。

お支払いの設定手順を説明します。

インフォパネルをログインします。

「インフォパネル」とは、登録情報の確認・変更、利用期限の確認、料金のお支払いなどを
行うための管理パネルのことです。

こちらがインフォパネルのログイン画面です。(青色のログイン画面)

会員IDとインフォパネルパスワードを入力します。

(契約時に送られてきた確認メールに記載されています。)

※エックスサーバーで使用するパネルは2つあります。後ほど「サーバーパネル」の説明をいたします。(オレンジ色のログイン画面)

 

インフォパネルのログイン後の画面です。

向かって左側の「料金のお支払い」をクリックします。

左側にチェックを入れて、更新期間を選びます。

更新期間は「3ヶ月」「6ヶ月」「12ヶ月」「24ヶ月」「36ヶ月」からお選びできます。

私は「12ヶ月」を選択しています。

公式サイトから、料金表を引用しておきます。

※出典元:エックスサーバー(公式サイト)

※期間が長くなるにつれて利用料金(月額)が安くなりますが、契約満了まで解約できませんのでご注意ください。

設定の手順に戻りますね。

「お支払い方法の選択」を押した後の画面です。

契約期間中に支払う金額の合計が表示されます。

お支払い方法は、銀行振込、クレジット決済、コンビニ決済、ペイジーの中からお選びできます。

私はクレジットを選択しました。

必要事項を入力し「確定」ボタンを押すと、決済が完了します。

エックスドメインの契約方法

続きまして、ドメインを取得する契約をします。

お名前ドットコムやムームードメインなど、数多くのドメイン取得サービスがありますが、エックスドメインを使用した契約方法をご紹介します。

エックスサーバーの公式サイトのトップ画面のフッター部分(サイトの一番下)に「ドメイン取得&無料レンタルサーバー」というリンクがあります。

ここをクリックすると、エックスドメインの公式サイトへジャンプします。(別窓が開きます。)

こちらがエックスドメインのトップ画面です。

向かって左側にあるメニュー「自分だけのドメイン新規取得」をクリックします。

すると、このような画面が出ます。

「ドメイン名を入力してください」と書かれた検索窓に希望するドメイン名を入力し、検索ボタンを押します。

チェックはいじらなくてOKです。

「取得可能です」と表示されたものをドメインとして使用できます。

取得するものを選び、チェックを入れます。

いろんなドメインの種類がありますが、世界的に使われるドメインの8割が「.com」です。

「.com」を選択します。

表示されているドメインは、ドメイン1つあたりの価格です。

同じドメイン名でも、それぞれ異なる文字列に該当します。

取得しない文字列は、お忘れのないようチェックを外してくださいね。

注意

これからお付き合いするブログのドメイン名です。

途中で変更することができません。

ドメイン名がブログのURLの一部になります。慎重に考えて入力し手続きを行ってください。 

会員登録の手続きを行います。向かって左側のボタンをクリックします。

会員情報を入力します。

WHOIS代理公開サービスとは、登録者の個人情報を公開せずにドメイン名の取得や管理を行うサービスのことです。

個人情報が気になるという方は、とりあえず希望しておくと良いでしょう。(ドメイン取得後も変更可能です。)

「利用規約に同意する」にチェックを入れます。

利用規約の下に、個人情報の取り扱いについての規約があります。

「個人情報の取り扱いに同意する」をチェックし、「確認画面に進む」をクリックします。

確認画面が表示されます。

内容をよく確認し、「支払い方法の選択に進む」をクリックします。

決済方法は、クレジット決済、コンビニ振込、現金振込、チャージ残高(引き落とし)から選択できます。

上の画面はクレジット決済の申し込みの場合です。

必要事項を入力し、「お申し込み内容の確認」をクリックします。

確認画面が表示され、画面下に先ほどの規約が再び表示されます。

「同意する」をクリックし、「申し込む」のボタンを押します。

ドメイン取得完了です。

お申し込みIDは、ログイン時に必要になります。

あなたの登録したメールアドレスに、このような内容のメールが送られてきます。

会員IDは、エックスドメインの公式サイトをログインする時に使用します。(後ほど登場します)

エックスドメインの契約期間は、1年です。

年ごとに更新の手続きがあります。(更新が近くなるとメールが送られてきます。)

ドメインとサーバーを連動する

今からすることは、あなたが取得したドメインをサーバーに繋げていく作業です。

ワードプレスをセットアップするのに必要なサーバーとドメインを契約しました。

作業も折り返し地点です。ここまで来れば順調に作業に進んでいるということです。

残りも頑張ってくださいね。

エックスドメインのトップページから、先ほど取得した会員IDとパスワードを入力します。

ログインすると、管理画面が表れます。

管理画面の画面下にこのようなメニューがあります。

「ドメイン管理」をクリックします。

「ネームサーバーの確認・変更」というボタンをクリックします。

「エックスサーバー」を選び、「確定」ボタンを押します。

エックスサーバーの公式サイトを開きます。

サーバーパネルをログインします。

サーバーパネル」とは、サーバーに関する設定(メールアカウントの発行・ドメインの設定など)を行うための管理パネルのことです。

こちらがサーバパネルのログイン画面です。(オレンジ色のログイン画面)

サーバーIDとサーバーパスワードを入力します。

(契約時に送られてきた確認メールに記載されています。)

※先ほどお支払いの手続きをしたパネルは「インフォパネル」になります。(青色のログイン画面)

このような画面が出ます。

向かって右上の「ドメイン設定」をクリックします。

ドメイン設定の追加のタブを選び、ドメイン名を入力します。

「無料独自SSLを利用する」に必ずチェックを入れてください。

「CSRを入力する」はチェックしなくても大丈夫です。

「ドメイン設定の追加」を押します。これで連携OKです

SSLの設定を必ずしておこう。

ブログ初心者がワードプレスで失敗しないサーバー選び。表示速度と安定性重視が成功への近道。」で少し紹介しましたが、エックスサーバーを選ぶメリットのひとつに、「SSL化を簡単にできること」が挙げられます。

(「SSL化って何ぞや?」と初めて知った方は、上のリンクをチェックしてみてくださいね。)

サーバーパネルを開き、「SSLの設定」を開きます。

SSLの設定を行いたいサイトをクリックします。

「独自SSL設定の追加」のタブをクリックし、「独自SSLの追加をする」のボタンを押し確定します。

たったのこれだけで、ひとまずOKです。

ワードプレスをインストール後、続きがあります。

完全にSSL化が完了していませんのでご注意くださいね。

ワードプレスをインストール

いよいよワードプレス登場です。

ワードプレスデビューまでもう少しですよ。

サーバーパネルの向かって左下の「WordPress簡単インストール」を押します。

インストールURLの中に先ほど設定したドメインがあります。

そのドメインを選択します。(そのまま放置でOK)

ユーザー名とパスワードは、ワードプレス起動時のパスワードです。

覚えやすいものを登録しましょう。

「WordPressのインストール」というタブに確認画面が出ます。

内容をよく確認してインストールボタンを押します。

インストール完了したら、ログイン時に必要な情報が表示されます。

忘れないようにメモを残して記憶をしておきましょう。

※大切な個人情報です。保管にお気をつけください。

ワードプレスを起動する

青いリンク(URL)をクリックしログインをします。

※こちらのリンクをブックマークに残しておくと、その後ログインが容易にできると思います。

このような画面が出たら、少し時間を置いてください。

キャッシュが削除されていないのが原因と思われます。

1時間以内に表示されると思います。

ログインが成功したら、「設定」を選び、一番上の「一般設定」を選びます。

あなたのブログのURLが表示されています。

「http://」を「https://」に書き換えます。

これでSSL化が完了です。

おつかれさまでした。