伝えるべき事は言葉ではない、気持ちだ。「内なる言葉」をオープンにするT字型思考法を実践してみる




こんにちは。

ブログでズケズケ話しているが、人前では言いたいことを言えずいつもモゴモゴしています、Rumi(@rumi_kamaishi)です。

言葉で何か伝えるのって簡単そうで難しい。

誰もが経験したことあるのではないでしょうか。

ぶっちゃけ、私も苦手です。

言葉で気持ちを伝えることで大事なことは、上手な話し方をするのではないんです。

自分の気持ちを知ることが重要です。

あなたの感じた「内なる言葉」を心の奥にしまっていませんか?

今日は、「内なる言葉」をオープンにして気持ちを伝えるレッスン「T字型思考法」を実践します。

言葉には2種類。外に向かう言葉と内なる言葉がある

例えばこの画像を見て、「内なる言葉」のレッスンをしてみましょう。

次の画像を5秒間見つめてください。

はい、どのように思いましたか?

 

 

  • 「肉まんが4つあります。」
  • 「半分に割られている肉まんがひとつあります。」

 

普段使っている話し言葉や書き言葉は、「外に向かう言葉」です。

メールやブログ記事で打っている説明文も含まれます。

では、あなたの思っていることは、どうですか?

例えば、

  • 「うわぁ、肉まんだー!うっまそ〜う!」
  • 「全部食べたーい!」
  • 「寒くなると、つい手を伸ばしちゃうんだよね。」
  • 「てか、真夏に肉まんって、季節外れクネ?」
  • 「そもそも、肉まんってわかってるのはひとつで、残り3つはピザまんかもしれないよ!」

こんな感じ。

思ったことや感じたことが「内なる言葉」です。

外に向かう言葉と内なる言葉は繋がっています。

言いたいことをうまく伝えるコツは、内なる言葉を自分の中に閉じ込めておくのではなく、外に出すことです。

内なる言葉があることに気づけたら、気持ちを言葉にすることができる近道になります。

「でも、どうやって外に出せばいいのかな?」

内なる言葉の次のステップが「T字型思考法」についてです。

内なる言葉を外に出す方法とT字型思考法

「内なる言葉」を外に出す方法は、3つあります。

  1. 内なる言葉を書き出してみる
  2. 内なる言葉を広げる・深める
  3. 内なる言葉を使ってみる

「忘れないようにするため」に書き出すことはもちろんなんですが、他にも理由があります。

頭の中のゴチャゴチャなった「内なる言葉」を整理するためです。

考えがゴチャゴチャしてしまうと、一体何から伝えればいいのか?わからなくなります。

考える場所を作ることで、心に余裕をもたせて、自分の思いを引っ張り出しやすくするためです。

内なる言葉を広げて、深めていく方法として、「T字型思考法」を使います。

説明しよう!T字型思考法とは?

「なんだか、TSUTAYAのマークを思い出しました。」

そう。こういうのが、「内なる言葉」ですよ。(笑)

内なる言葉を中心に書いて、T字の枠にさらに自分の気持ちを書いていく方法。

これが、「T字型思考法」です。

広げていく言葉は3つあります。

  • それって本当だろうか(左)
  • その結果何が起こるのだろうか(右)
  • どうしてそうなんだろうか(下)

中心の内なる言葉に加えて、さらに気持ちを書き足していきます。

このように書き足すことで、自分の気持ちを掘り出すことで、ゴチャゴチャした考えが次第に整理されていきます。。

書き出した思いをどんどん広げていき、考えを深めていきましょう。

「T字型思考法」をいざ!私も実践。

このように大きめにスペースを取って書いてみました。

上に自分の伝えたいこと(テーマ)を決めます。

中心に、「内なる言葉」を書きます。

私の場合は・・・言葉を選んでしまうんです!(言いたいことを言えるようになりたい)

ひたすら書き出していきます。

丁寧に書こうとせずに、単語や箇条書きでOK!

語彙とか全く気にせずに、思うがままに書いていきましょう。

私はうっかり消しゴム使っちゃいましたが・・・消しゴムを使わないほうがいいです!

いらないと思った言葉も、あなたが思っていた大事な「内なる言葉」です。

「夕食作るのめんどくさいなぁ・・・」作るのやめようかな。

こんな感じで打ち消し線で消していきましょう。

書き終えたら、文章を作ってみます。

あなたが書き出した言葉たちをつなげていきます。

「えー!文章にするの?文章力ねーわ!」

って思ったでしょ?

不思議なことに、つながるんですよ。

「書けない・・・」と私も最初思ったのですが、めちゃめちゃ書きやすくなってスラスラと文章になりました。

書いていると、どんどん新たに考えが思い浮かんでいきました。

「言い切ったという達成感から生まれてきたかな」

「とても自信があるように見える」

T字型に書かれていなかった気持ちまでもが文章に入っていきました。

すごいすごい!内なる言葉がどんどん広がっていく〜!

この思いは、最終的に「自分が気づいたことなのかな」と感じます。

まとめ

思いを伝えるって、こんなにシンプルなことだったんだ。

書いた後、めっちゃめちゃ心の中がデトックスされました。

シンプルで実践しやすい方法だから、オススメです。

よく、自分の考えや感情を整理するために、紙に書いたほうがいい!

と言うけれど、まともに実践したことがありませんでした。

学生のとき、ひたすら書きまくって勉強をしていたけど、なかなか成果が出なかった・・・。

書くことに対してあまり効果が得られないと勝手に考えていたからです。

効果が得られなかったのは、整理しながら丁寧に書こうとしていたからだと思います。

ノートをきれいに仕上げることが目的になっていたんでしょう。

言葉を気持ちにするというのは、いきなりきれいなノートを書いて作っていくものではない。

真っ白な紙にゴチャゴチャとした気持ちのシールをペタペタ貼っていく感じ、なのかな。

そこから、気持ちを拾い出して、1ページ1ページ繋げていくんです。

積み上げたページが思考を深め、これから自分の気持ちのノートへと変わっていくのですね。

初心者の私が下手くそな文章で記事を書いて→まとめて→修正して→よりよいものを作り上げる。

なんだかブログ脳が鍛えられるのに、そっくりだわー!

ブロガーさんなら、実感しているコトだよね。

これだから、ブログはや め ら れ な い!

気持ちを言葉にできないと悩んでいる方、これは読んどけ。

「バイトするならタウンワーク」

「世界は誰かの仕事でできている」

タウンワークとジョージアのCMです。

親しみやすい言葉で、頭に残っている方も多いはず?

このCMのコピーライティングを手がけている梅田悟司さんが書いた本です。

一昨年に『「言葉にできる」は武器になる。』がベストセラーになりました。

「気持ちを言葉にできる魔法のノート」は、より読みやすくなった実践書です。

コトバードと中学生の僕。かわいいキャラクターが登場しストーリー形式で進みます。

途中4コマ漫画やイラストがふんだんに盛り込まれていて、読んでて楽しくなりますよ。

本読むのが苦手な方にもオススメの一冊です。

「子育てにも実践できそう!」と思い、活用しようかなと私の中で考えています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい食を求めて、自由気ままに過ごす主婦ブロガー。 ズボラな私も上手にできる!キレイすぎない料理術を発信していきます。 育児や家事に完璧を求めず気楽に過ごせる方法、専業主婦が負い目を感じない働き方を模索中。 神戸在住の30代。管理栄養士。夫と7歳,4歳,0歳(2018年1月出産)の子の5人家族。 ご飯にシチューをかけて食べる派。ピザは、ドミノピザ派。