愛情たっぷり手料理じゃなくたって罪悪感はいらない。ここぞという時の時短テクを身に付けよ。

管理栄養士で専業主婦ブロガーのRumi(@rumi_kamaishi)です。

仕事や子育てなどで時間を費やすと、夕食作りのために時間が取れない!

子どもを見ながら長時間在宅で作業となると、私も区切りを付けるタイミングを逃してしまうことがよくあります。

「は!いつのまにか、こんな時間!」

さっと冷凍庫の中の冷凍食品のストックたちに手を伸ばしては、電子レンジのスイッチを入れる。

そんな時に聞こえてくる呪いの言葉

「子どもに良いもの食べさせないと・・・」

「いつも家にいるのに、手抜きばかりかよ。」

「愛情こもった料理が食べられないなんて、子どもがかわいそう。」

料理に時間をかけないことに対して、罪悪感を抱く方も少なくないと思います。

「料理にかける時間=子どもに良いもの=愛情」なのか?

便利な商品やサービスがいっぱいある。うまく利用したら、献立を考えるストレスから解放される。

とても幸せなことなのに、呪いの言葉にとらわれ過ぎていませんか。

日本のママたちよ!頑張りすぎですよー!

日本人の1日あたりにかける家事の時間をご存知でしょうか。

1日平均199分で、アメリカの1.5倍長いと言われています。

同じ先進国であるのに変わりないのに、手間暇かけて丁寧に家事をしています。

外に働くことの他に、子育てや介護、様々な家庭の都合も入り組みつつ、ライフスタイルはさまざまです。

時代とともに、時短で食べれる料理やサービスも右肩上がりに伸びている。

それにも関わらず、実際に使いこなしている方はほんの一部です。

せっかく便利な時代になってきているのに・・・毎日毎日がんばり過ぎているように思えます。

お外で働いているママさん、おうちでお仕事しているママさん、いつもお疲れ様です。

手の込んだ料理に理想を抱きたくなる気持ち、よくわかります。

毎日料理のために長い時間をかけることに対して、否定をするつもりはありません。

凝った手料理を作ることが子どもへの愛情だと、専業主婦歴が長い私も実際に思っていました。

食についての資格持ちであるから、なおその思いが強いです。

長い時間じっくりとかけたものは確かに健康な食事なのかもしれない。

でも、必ずしも食べる人の口に合うとは限りません。

食べるもの、食べたいものは、その時その時の気分や体調などで異なります。

一汁三菜作れば愛情こもっているんだと決めなくてもいいのです。

もっと時短をうまく利用して、自分の好きなことや家族との会話などに回せないのかな?

一緒に美味しいと笑顔でご飯を食べることができれば、自然と愛情が深まるのではないでしょうか。

時短をすることが”悪”だなんて思わないで。

罪悪感ゼロ!自己肯定感を上げる時短料理テクニック

「でも、外で買うと高い。野菜が足りないし栄養偏っちゃう!」

と、思ってしまうものです。

外食や宅食は、手料理に比べて経済面や栄養面でデメリットが生じやすいです。

そのデメリットを補う方法が、食事をアウトソーシングしながら、ほんの少し手を加える方法です

頑張って料理を作るというハードルを下げて、作ったという実感を沸かせる時短料理術をまとめました。

1.とりあえず食器に盛り付けよう

「今日もお惣菜弁当買っちゃった。」

たまたま通りかかったお弁当屋さんで、なんとなく目にしたお弁当を買って、透明なプラスチックの蓋を開けて、お弁当容器そのままで、口に運んでいませんか。

そう、こんな感じで。カップの味噌汁にお湯をジャーっと入れて。

「いいじゃん、食器洗わなくて済むんだし。」

お腹ペコペコで早く食べたいのに、わざわざ食器に移すなんて、本当に面倒ですね。

容器のままササッと食べても味は変わらないけど、お皿に盛り付けるのを心がけてみて。

食器に盛り付けたということは、あなた自身が行動をしたことです。

「出来上がった料理を、わざわざ盛り付けたのよ!」

ほんの少しのわざわざしたことが、自信になります。

ペラペラのプラスチックや紙素材の容器ではなく、どっしりとした食器を手にすることができて、気分が上がります。

見た目も彩りも格段とよくなります

冷蔵庫の中にトマトやブロッコリーなど、作り置きの残り物を加えれば、栄養バランスがよくなります。

立派な夕食の完成です。

2. 材料は残り物。一品作ってみよう

「本当に手料理を作らなくていいの?」

食卓にのぼったものがすべてインスタント食品や出来合いのものばかりだったら、

「あ〜・・・私、料理してないんだな。」

と、凹んでしまうことも。

もしも、100%出来合いのものに違和感を感じたら、冷蔵庫の中を漁ってみて。

卵焼きや納豆ご飯、葉物野菜をちぎっただけのサラダ、残り物野菜のお味噌汁など。

5分〜10分程度でできるメニューを1品作ってみましょう。

栄養価が高い卵や豆腐、納豆など、下ごしらえが短く済むものを利用するのがオススメです。

「こんな簡単なものでいいの?」

と思うかもしれませんが、品数が増えようと、作った事実に変わりありません。

一品だけ自分の作ったものが手元にあるので、料理をしていない罪悪感が少なくなります。

作った事実は、自然と記憶に残りやすいです。作っている姿を子どもに見せることもできます。

子どもにとって、その小さな意識がキラキラして見えて輝かしく感じるものです。

3. 茹でるだけ焼くだけで十分料理です。

複数の食材を切って→下味をつけて→煮込んだり蒸したり炒めたり油で揚げたり・・・

「あーーーーーーー!終 わ ら な い!」

複雑な調理工程があるから、料理を作るのが面倒くさいと思ってしまうもの。

調理方法を「茹でるだけ」「焼くだけ」とシンプルな調理法にしてしまえば、料理をするのがぐんと楽になります。

管理栄養士が選ぶ!冷凍や水煮が食べられない! 焼くだけ茹でるだけで美味しい野菜5選!青果売り場で購入します

2017.08.08

調理器具を使ってる時点で立派に料理をしています。手抜きではありませんよ。

そんな私も、包丁使いたくないという理由で、ミニトマトを常備しています。

野菜嫌いの子どもが食べることができる数少ない野菜のひとつ。ミニトマト最強。

4.トッピングをしてカラフルにしてみよう。

カレーやラーメンなどの一品料理は、単品のまま食べると、炭水化物や脂肪で栄養が偏りがちです。

お肉や卵、野菜などをトッピングすることでたんぱく質、ビタミンなどを補うことができます。

  • 「やっぱりカロリー高いな・・・」
  • 「塩分多いな・・・」
  • 「健康にいいのかしら?」

インスタント食品やレトルトのパッケージの裏面見ると、不安に感じてしまうもの。

もちろん、カロリーや塩分量を意識することは大切なことです。

でも、よく考えてみてください。

これは、裏面通りの調理法で、作ってひとりで全部口にした場合の表示です。

例えば、袋のインスタントラーメンは、野菜炒めを作ってラーメンの上にトッピングするとどうでしょうか。

野菜ラーメンにすることでカサ増しして、お腹が膨れやすくなります。

子どもひとりで食べるには十分な量です。(もちろん、個人差があります。)

子どもが小さい時は、分けて食べてもいいですね。

もしかしたら、うちの場合だけかも。

野菜炒めを出すより、ラーメンに野菜を乗せたほうが、不思議と子どもって食べるんですよね。

↑この日は、卵とたっぷりの白ネギをトッピングしていただきました。

スープと一緒に少し野菜が沈んでることもあるけど・・・まぁ良しとしよう。(笑)

手抜きではない!効率的に食材を使いこなす”手段”なのだ。

お惣菜やレトルト、インスタント食品など。

”料理の一品”だと思うから、罪悪感を抱いてしまうのではないかと思います。

この考え方をきっぱり捨てましょう。

料理じゃない、食材の一部だ!

野菜やお肉、卵など栄養価が高いものと組み合わせて、はじめて料理が出来上がるんだ!

どんなに完璧な栄養食を食べて健康な体を手に入れても、イライラが増してしまったら心が疲れてしまいます。

料理を作るストレスを減らして、満たされた気持ちでご飯を食べること。

作る人の笑顔が増えれば、自然と愛情が増すもの。一番の栄養源ではないでしょうか。

「わたし、管理栄養士だから。ママだから。専業主婦だから。」

もしも栄養を考えた食事を作らなければならないと、自分を呪いかけるような言葉があなたの中に聞こえたら、先ほど挙げた事を思い出してみてください。

私もかつては、栄養学を学んでいた有資格者です。

これからも、苦痛に感じない食生活の方法について、一緒に考えていきましょう。

便利なサービスを利用する方法も

忙しくても、バランスの良い食事をとりたい!というときは、手づくり惣菜を真空パックの状態でお届けするサービスなどもあります。

旬の手作りおかずをお届けする「わんまいる」の通販サイトです

販売実績累計50万食!国産野菜100%の手作りおかずを中心に、ご自宅に居ながら全国のご当地グルメ・専門店の味を1品から楽しめる食のセレクトショップです。

わんまいる は、経験豊富な管理栄養士さんが監修したメニューをお手持ちのお皿に盛り付けるだけ。

カロリーや栄養バランスもしっかり計算されているものだから安心です。

健康を考えて栄養価の高い食材を買うことも大切ですが、作るのが億劫と感じる時は、”サービスを買う!”というのも手っ取り早いですよね。

夕食時間が遅くなった時に「わんまいる」で時短をした私の体験談を読んでみる。

おうちに届けてくれる日替わりのお弁当、オススメだよ!

セブンイレブンのお惣菜「セブンミール」は、コンビニ店舗に置いていないネット限定のお弁当を日替わりで届けてくれます。

医師や管理栄養士監修のお弁当で、カロリーや塩分の量もきっちりと決められています。

たったの500円のお買い物で送料無料なのも魅力。

※2018年9月24日より下記に変更になりました。(セブンミールのHPより引用)

【お届け】ご注文の合計金額が1000円(税込)以上からお届けを承ります。お届け料(配送料)216円(税込)を頂戴いたします。1回のお届けにつき3000円(税込)以上のご注文でお届け料無料となります。
【店舗受取】ご注文の最低金額の条件はございません。

7日分まとめ買いをすることができますので、献立を考える手間が省けます。

「コンビニ弁当・・・美味しくなさそう」

実際にそう思っていた私が書いたレビュー記事は、こちらです。

セブンミールのお弁当を産後の私が利用する体験談を読んでみる。