成分調整牛乳で自家製ヨーグルトを作ると失敗する?「まきばの空」を使って実験。成分無調整牛乳で作ったものと比較。

ヨーグルトメーカーを使用して、自家製ヨーグルトを作っています。

牛乳と種菌を混ぜて機械にセットするだけで、簡単!プレーンヨーグルトの出来上がり。

たっぷりと1リットル分作れて、コスパ抜群です。

自家製ヨーグルトをヨーグルトメーカーで!おすすめの種菌は?どんな容器に入れればいいの?量産できてコスパ最高!

2017.07.10

スーパーに行くと、牛乳のコーナーだけでずらりといろんな種類のものが並んでいます。

なるべく安い牛乳を買おう!

と思い「まきばの空」を選んだら、なんだか柔らかいヨーグルトに。

表示をよく見てみると・・・「成分調整牛乳」

成分無調整牛乳を使ってください」と、説明書の注意書きに書かれているのだけど・・・栄養面などに問題ないのかしら?

いきいきとした乳酸菌たっぷりの自家製ヨーグルト。

材料である牛乳の特徴を知って、毎日の食事にうまく使いこなしちゃおう。 

成分無調整牛乳と成分調整牛乳の違いは?

乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)によると、成分無調整牛乳

  • 生乳100%
  • 成分無調整で殺菌したもの
  • 乳脂肪分3.0%以上
  • 無脂乳固形分8.0%以上

これらにあてはまるものを、一般的に「牛乳」と呼んでいます。

スーパーに並んでいる牛乳の多くが、「成分無調整牛乳」なのです。

一方で、成分調整牛乳 とは、下記のものです。

  • 生乳100%
  • 成分調整して殺菌したもの
  • 無脂乳固形分8.0%以上

「調整」というものは主に乳脂肪分を水分で調整したものを言います。

例えば、「低脂肪牛乳」は、乳脂肪分0.5%~1.5%に調整したものです。

「成分調整牛乳」のひとつに該当します。

他の成分にも規定がありますが、今回は、「成分調整牛乳」が乳脂肪分が調整がされているもの、ということだけ知っておけばOKです。

成分調整牛乳の「まきばの空」でヨーグルトを作ってみました

成分調整牛乳のひとつに、森永乳業さんの「まきばの空」があります。

スーパーによってお値段いろいろですが、私の住んでいるところでは、比較的リーズナブルなお値段で購入できます。

乳脂肪分2.0%と調整されているため、成分調整牛乳になります。

こちらの牛乳でヨーグルトを作ってみた結果をご紹介します。

ヨーグルトの作り方は、こちらでもう一度確認してくださいね。

自家製ヨーグルトをヨーグルトメーカーで!おすすめの種菌は?どんな容器に入れればいいの?量産できてコスパ最高!

2017.07.10

牛乳と種菌はこれ。

種菌はLG21やR1など。無糖のヨーグルトまたはヨーグルト飲料を用意してください。

ヨーグルトメーカーを用意します。牛乳は生物でデリケートなものです。

機械は常に清潔にしておきましょう。

今すぐamazonでヨーグルトメーカーを探してみる

 

種菌を入れる前に牛乳を少し減らし、種菌を加えたらセットします。

できあがったものがこちら。

まっしろけで、ちょっと・・・わかりづらいかな。

表面テカったように見えて、上澄み液のような水分が浮き出ています。

すくってみます。

固まっているようですが・・・ところどころにダマができたような、固まり方です。

固形と液体が入り混じっています。

容器に移している様子です。

ねちょ、ねちょっとした音を立てて、ドローっとしたものが入っていく感じです。(変な表現でごめんなさいね。)

液体っぽい感じで、スパチュラにヨーグルトが、べちょっと付着しました。

一方、成分無調整牛乳で作ったヨーグルトは

イオンのプライベートブランド、トップバリュの「北海道牛乳」を使用。

種菌は、LG21です。

・・・成分調整牛乳の時と、あまり変わらないかな。

写真の撮り方がぶきっちょでごめんなさいね。(汗)

表面はプリンのように固まった感じで、上澄み液があまり出てないように見えます。

すくってみると柔らかいですが、ギュギュっと固まったようなヨーグルトです。

器に移している時の様子がこちら。

シュークリームのカスタードクリームようなとろみです。

固形と液体で分離した感じではなく、トロッと固まっています。

成分調整牛乳で作ったヨーグルトは、ドロっとした柔らかさ

成分調整牛乳でもヨーグルトは固まりました。

ヨーグルトを作ることが可能ですが、ヨーグルトのとろみ具合が大きく異なります。

もう一度比較してみると、ほら。

成分無調整牛乳のヨーグルトはプルンとしていますが、調整牛乳のほうはややドロっと水気があります。

なぜ、このような差がうまれてしまうのでしょうか。

それは、乳脂肪分と水分の量に関係があります

ヨーグルトが固まるしくみを説明すると、ヨーグルトに含まれる乳糖(ラクトース)を発酵することで乳酸が発生し、菌の増殖をします。

牛乳に含まれるカゼインというタンパク質が、乳酸と一緒に固めることでヨーグルトができます。

ヨーグルトが凝固すると、乳清(ホエー)という水分が発生します。

乳脂肪分は字のごとく脂肪です。液体ではなく固形です。

凝固で生じた乳清(ホエー)と合わさることで水分が増えて、固形分が減ったため、柔らかいヨーグルトに仕上がります。

お好みで!お財布と相談して自分に合ったものを選ぼう

成分調整牛乳のほうが柔らかくなりますが、決して失敗ではありません。

  • 柔らかめのヨーグルトが好き
  • 少しでも安いコストでヨーグルトを作りたい
  • 固形として食べるのではなくドリンクの材料にする

そんなときに、成分調整牛乳を使うとよいでしょう。

固形を口にするよりも、液体のほうが酸味を感じやすいからでしょうか。

成分調整牛乳で作ったヨーグルトのほうが、やや酸味があるように感じました。(私の主観です)

酸味を柔らかくしたい!というときは、はちみつを使ったりグラノーラをトッピングして召し上がるのがおすすめです。

カルビーさんのフルグラは、味のバリエーションが広いので、よく食べ比べています。

LOHACOで買うのがおすすめだよー 

自家製ヨーグルトを使ったスムージーは絶品です

「ラズロマ」なるものが気になり、遅ればせながらスムージーにハマる。大槻セレクトで休日の朝が楽しみに!

2018.04.26

1日の始まりに食パンもあわせてどうぞ

知る人ぞ知る!八天堂は「とろける食パン」もおすすめ!お店に行かず購入できる方法をご紹介します

2018.02.11