まだネットスーパーでまとめ買いしているの?家にいながら野菜やお肉をちょこっとだけ買う方法を教えます。




「あ、ミニトマト買い忘れた。」

長女のお弁当にミニトマトをよく入れますが、夕食でもよく消費しやすい食材のため、すぐに使い切ってしまいます。

そのうえ、傷みやすい。

一度でたくさん買えないっていうのも難点なんですよね。

赤ちゃん抱いてスーパーへ買い物は、本当にしんどい。

我が家は、専らネットスーパーです。

でも、ネットスーパーって、5000円以上で配達料無料とか、配達料のハードル高いんですよね。

ミニトマト1パックのために、利用できるネットスーパーってあるのかしら?

セブンミールは、たったの500円の買い物で無料配達

最も簡単に生鮮食品を買う方法は、セブン─イレブンのお届けサービス セブンミール を利用することです。

「え、セブンって・・・野菜売ってるの? どうせ、カット野菜でしょ!」

と、思っているそこのキミ!

サイトの画面をじっくりと眺めてみてくださいね。

※出典元:セブンミール

セブンミールのトップ画面から、「飲料・食品」のカテゴリーにカーソルをあわせると、「生鮮品」というカテゴリーが表示されます。

これをクリックしてみよう。

 

※出典元:セブンミール

左側の「カテゴリーを絞り込む」のリンクを見ると、野菜、果物、お肉、お魚など、さらに生鮮品が細かく分類されます。

上の画面は、「お肉」をクリックしたときの画面です。

ネットスーパーと同様、カートに入れれば購入することができます。

コンビニでパックのお肉が買えるなんて・・・びっくり!

豚の細切れ肉やバラ肉は、残り物の野菜と合わせるときに便利な食材です。

例えば、野菜が残っているのに・・・お肉がない!っていうとき。

野菜炒めはもちろんのこと、中華丼やちゃんぽん、焼きそばなどに変身!

これで1品完成。1食分、なんとか凌げます。

1日分から注文OK!セブン─イレブンのお届けサービス セブンミール

※出典元:セブンミール

「野菜」をクリックすると・・・こんな感じです。

あ、ミニトマト。ありましたよー!

コンビニの野菜というと、袋入りのカット野菜のイメージが強いのですが、セブンミールでは原型の状態で購入できます。

他にもキャベツやきゅうり、にんじん、玉ねぎなど。定番のお野菜を販売しています。

コンビニの利用層が単身の方をターゲットとしているのか、スーパーよりも量が少なめかな?と感じました。

しかし、足りないときに補うには、十分な量です。

※出典元:セブンミール

買いたいものを買い物カゴに入れて、注文を確定。

500円以上で配送料無料!と言いながらも・・・ついつい余計なものを買っちゃうんだよね。

ちなみに・・・ピザは、明日の朝ごはん用です。(笑)

配達は、最短で翌日までにお届け

次の日の午前中に届きました。

宅急便のようにダンボールではなく、レジ袋で届きます。

ダンボールは、場所を取るうえに資源ごみの日まで捨てることができないので、簡易包装なのが帰ってありがたいです。

お届け伝票とレシートがくっ付いた納品書が同封されています。

お届け元のセブンイレブンの店舗は、お好きなところを指定できます。

鮮度が命の生鮮食品なので、配送時間が短いご自宅の近くに指定しておくと安心です。

実際に届いたものの中身です。

ネットスーパーのように、食材をご自宅まで届けてくださいます。

少量での購入のため、まとめ買いのようにどっさりと食材が手元に届くわけではありません。

冷蔵庫にせっせと収納する手間が省けます。

生鮮食品というと・・・鮮度が気になる。

少しズームインしてみると、こんな感じです。

鮮度が優れたスーパーが数多くありますが、個人的には気にならないです。

欲しいときに少量だけ、届けてくださり本当に助かりました。

セブンミールのおすすめの使い方

まずは、セブンミールのデメリットをあげておきます。

  • 生鮮食品の品揃えは、スーパーよりも少ない
  • コンビニ価格なので、若干割高
  • 翌日配送のため、すぐに必要って時は利用できない

ネットスーパーと同じ感覚で利用できて便利ですが、コンビニ色が強いため、コンビニにある商品が中心に販売されています。

目が飛びれるほどではありませんが、お値段も少し高めです。

受け取りは、前日の午前10時30分までの注文で締め切ります。

すぐに、その食材が必要!っていうときには、適用できません。

ネットスーパーでまとめ買いをすると、よくやってしまうこと、買い漏れです。

ときには、痛手となることがあります。(私だけかもしれませんが 笑)

外出する気なかったのに、結局スーパーに行って買ってしまったわと、二度手間になります。

当日の献立では間に合わないのですが、翌日以降の献立だったら、なんとかできる!

そんなときに、セブンミールで補えます。

セブンミールのメリットは

  • 配送料無料のハードルが低い
  • 近くの店舗を登録して自宅に届けることができる
  • おうちにいながら、食材を届けてもらえる

何と言っても、一切外出していないという点が大きいです。

大人ひとりだったら当たり前にできていたことが、赤ちゃんがいると、なかなか上手く回らない。

ときには妥協せざるおえないこともよくあります。

ちょっとしたものを、少額で届けてもらえる

そんなときに、セブンミールがおすすめです。

パソコンやスマホでラクラク!ネットスーパーと併用しよう

セブンミールでは、お肉やお野菜のほか、豆腐や牛乳、卵、麺類などの商品も取り扱っています。

組み合わせ次第で献立を作ることは可能です。

しかし、生鮮食品をメインにしているわけではありませんので、品揃えが少ないです。

マニアックなお野菜は取り扱っていないこともありますし、お肉は、希望の部位がないこともあります。

あくまで、補助的な手段として使うと良いでしょう。

セブンミールといいますと、お弁当やお惣菜が充実しています。

出産したばかりのとき、配達してくださり本当に助かりました。

「セブンミール」のすこやか膳を産後ママが1週間お試し!配達料ゼロで彩りおかずを自炊せずに食べられる

2018.02.22

パソコンやスマホひとつで、ご自宅に料理を届けることができるなんて、本当に便利な世の中になったなぁと実感しています。