湘南野菜を宅配してもらったよ。おまかせで届くから新たな野菜と出会えてもっと料理が好きになる




海がキレイで、夏は海水浴で賑わっている!

サーフィンをしている人を眺めながら浜辺を歩いていると、サザンの音楽が聞こえてきそう!

「湘南」に行ったことがない私の中のイメージです。

海のイメージが強い湘南地方ですが、美味しい野菜を栽培するのに適した環境であることご存知でしょうか。

湘南野菜は、ひとつひとつが生き生きと大きくて、とても瑞々しいんです。

私が住んでいる関西地方まで届けてもらっても、その新鮮さは出荷前と変わらず。

1年前からリピート購入しています。

今日は、購入したら戻れない!「湘南野菜」についてをご紹介です。

「湘南野菜」はどうやってお取り寄せできるの?

※出典元:ローソンフレッシュ

もっとも簡単な方法は、ローソンフレッシュから購入することです。

ローソンフレッシュは、大手コンビニ「ローソン」が運営しているネットスーパーです。

気をつける点としては、野菜が「おまかせ」で届くということ。

旬のものを届けるので、ある程度の予測はできますが、何の野菜が届くかは到着後までわかりません。(稀に果物が届くこともあります。)

あらかじめ何が届くか知っておきたい!

と思うかもしれませんが、届いたものは本当にフレッシュな野菜ばかり。

届いたものの中で今までハズレだと思うものはありません。

自信を持っておすすめしてくださっているのが伝わってくるほどです。

ただ、うっかりして野菜室に野菜をいっぱい残しておくと、「ストックしている野菜と被ってしまった!」ということになりかねません。

前もって注意しておく必要があります。(私も何度も経験したことあります。)

新鮮な野菜を早いうちに召し上がれるように、なるべく野菜室の中身を少なくしてから、購入することがおすすめですよ。

届いた野菜はこちらの5種類!

こちらの5種類が届きました!

全体的に緑の野菜が多い印象ですが、生き生きと育っている植物のよう。

それぞれ異なった鮮やかさを持ったグリーンと真っ赤なトマトのアクセントがとても眩しいです。

野菜の品種と生産場所、生産者のお名前が書かれた「おしながき」がついています。

湘南に行ったことがないのに、顔の見える心遣い!自分で足を運んでみたくなりますね。

どんな調理をすればいいのか、おすすめのレシピが簡単にまとめられています。

以前のセットでいただいた「トルコナス」のように、初めてお目にかかる珍しい野菜が届く場合もあります。

新野菜「トルコナス」に注目!ナスとの違いと食べ方は?ドキドキしながら料理をして食べた”白い茄子”に感動!

2017.09.04

知らない野菜で初めて調理するときは、本当に大助かりです。

ではでは、届いたお野菜をご紹介します。

キャベツ

ブーケのようにパーっと広がった、ふわふわな葉っぱ。柔らかい春キャベツです。

太陽の恵みをいっぱい浴びてすくすくと成長したのが伝わります。

外葉だけでこんなにたくさん!

だいたい60%くらい、濃いグリーンの葉でした。

青臭くって苦手・・・って言う方もいらっしゃるかもしれませんが、βカロテンやビタミンCなどの栄養分がぎっしり入っている部分です。。

使わなければもったいないです!

炒め物やスープ、お好み焼き、餃子などにおすすめです。

卵と合わせると、菜の花畑のような春らしくってキレイな色。油で炒めると、ますます色鮮やかです。

ブルガリア風スクランブルエッグの「ミッシュマッシュ」をキャベツで作りました。

ハンチョウも満足?ブルガリア風スクランブルエッグ「ミッシュマッシュ」は何食べようと迷ったときにグルメ脳を刺激した!

2018.02.24

食べてみると・・・全然青臭くない。

癖も苦味もほとんどなくて、ペロリと完食しました。

緑の野菜が苦手な4歳の長女が「美味しい!」と食べたほどです。

内側は、刻んでコールスローにします。

さすが春キャベツ!とても柔らかくて気持ちいい。

捨ててしまいがちな芯まで、一気にザクザクと切り刻んでしまいました。

胡瓜(相模半白節成)

半分白いのが特徴の珍しい胡瓜です。

神奈川では、昭和中期頃から生産をし始めている、由緒あるお野菜です。

ごつっとした太めの形に、鋭いイボイボが特徴。皮の部分もパリッとした見た目です。

切ってみると、パキッと歯切れの良い音が聞こえてきそうな瑞々しい断面。

このままかぶりついても、いいですか。(笑)

・・・というのは冗談ですよ。

ピクルスにすると美味しそう!てか、絶対美味しいよね。

早速全部酢漬けにします。合わせ酢と漬物ボトルがあると便利ですよ。

ミツカンの「カンタン酢」とは、いつもワンセットです。

カンタン酢は、酢の物が苦手な子どもにも食べてもらえるよう、常にストックしています。

フルティカトマト

フルティカトマトはこちら。見た目はミニトマトのようですが、

フルーツのように甘そうな響きです。

近くで見ると、こんなにつるんつるんのピカピカ!

宝石をコレクションしているみたいでうっとりしてしまいます。

大きい実と小さい実でバラツキがありましたが、大人と子供では口の大きさが異なるので、あまり気になりません。

3つの野菜を合わせて、サラダにします。

キャベツ・きゅうり・トマト。定番の具材ですが、いつもと一味違います。

湘南野菜を使用したワンランク上のコールスローサラダです。

こんな感じで盛り付けてみました。

トマトが大きかったので、切ってみましたが、ゼリーのようにぷるんぷるんとした断面です。

潤い溢れているのが目で見て伝わってきます。

トマトの味も、ただの野菜のトマトの味ではなくて、新種のフルーツを食べているかのように糖度が高くて、喉の中をジュワーっと潤ってくれます。

とてもジューシーで美味しいです。

キャベツもきゅうりも、シャキッとしてて噛んでいるだけでも目が覚めそうな歯ごたえ。食べた後の、ブログの作業も捗りそうです。

ほうれん草

ほうれん草をまな板にパーっと並べてみると、茎がめっちゃ太くて頑丈。

葉っぱは、このまま水をあげると、何か花が咲くのではないかというくらい、1枚1枚が大きくてピーンっとしています。

葉脈をまじまじと見つめると、葉緑体が喜びながらわいわい動いていそう。

顕微鏡が家にあったら覗いてみたいです。

お塩の入った水を沸騰させて、まるごと寸胴鍋にインします。

茹で加減は、葉っぱがお湯に浸かり30秒程度。その後、ざるにあげて、一気に冷やします。

しっかりと水気を絞り、食べやすい大きさに切ります。

香ばしく焼いた椎茸としょうゆ、ゴマで和えたものを焼き鮭の付け合わせにしました。

しょうゆのみの味付けですが、十分いける!

味加減は人それぞれお好みですが、素材そのものを味わいたいので敢えて味付けを控えました。

新鮮なものは、余計な味付けをしなくても、素材の風味や食感で十分味わえます。

小松菜

授乳中の私にとっての必需品。カルシウム、鉄分が豊富の小松菜です。

ほうれん草に負けないほどの太い茎に、瑞々しい葉っぱ。

美味しい小松菜を食べて、ママも赤ちゃんも生き生きと過ごせて良いことだらけです。

片栗粉をつけてニンニクと一緒にこんがり焼いた豚肉とごま油でさっと炒めて中華風にしました。

味付けは味覇のみです。

小松菜は下ゆでをせずに生の状態で炒めます。

ボイルのように栄養や食感が逃げ出しにくいので、シャキッとした歯ごたえを楽しめます。

豚肉やニンニクとも相性抜群で、ご飯がどんどん進む一品ですよ。

これは、なんと・・・生の小松菜をバナナと一緒にミキサーに入れて

スムージーにしてみました。ヨーグルトとハチミツで酸味と甘みを出しています。

ミキサーを使うのが面倒という理由でスムージーをほとんど作ったことがないのですが、戸棚からよいしょっとミキサーを出しては作りたくなるほど。

新鮮な野菜は、生が一番美味しいですね。

届いたその日に作るのが、新鮮な野菜の味が楽しめておすすめですよ。

美味しい野菜との出会いは、料理を楽しくし元気にする

キャベツの葉っぱの量や葉物野菜の束の量が多くって、家族4人で食べるのはかなり食べ応えがありました。

だいたい3日間ほどで一気に平らげました。

湘南野菜といえど、スーパーに売っている定番のお野菜もよく届きます。

でも、味や鮮度、歯ごたえが異なります。

生で食べると、シャキッと繊維が張っていてパリパリと口のなかで音が聞こえてくるようなフレッシュな食感。

スーパーで買っているお野菜に、戻ることができません。

日頃、よく食べているお野菜だからこそ、比べてみるとその違いがわかります。

今回の注文で、「相模半白節成」が初めて食べるお野菜でしたが、湘南野菜のセットを買わなければお目にかかることがなかったもの。

食べたことない良い品質のものを手にすると、「絶対に美味しい物をつくるんだー!」と、私の場合張り切ってしまいます。(笑)

「おまかせ」で届くからこそ、できることです。

野菜料理のデパートリーを増やしたい!美味しい野菜を食べて元気になりたい!

そんなときは、湘南野菜をお取り寄せ。一度お口に運んでみて、その違いを比べてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

管理栄養士の資格を取得し就職するも1年で失敗。 その後、結婚・出産。7歳4歳0歳の3児の母です。 結婚生活の85%を専業主婦で過ごしてきた、自称【お料理主婦ブロガー】。 仕事と家事を完璧にこなす「スーパーウーマン」を目指すことに疲れてしまい、日々お気楽に過ごす方法を模索中。 料理はカタチから入るタイプです。 「ていねいな暮らし」を心がける、スーパーズボラ主婦の生活を公開。 節約と人付き合いと、オムレツを焼くのが大の苦手です。 料理は得意じゃないが、料理をせずにはいられない! 好きな言葉は『適当万歳』