とろける抹茶スイーツで自分へのおもてなし。がんばるママのご褒美は伊藤久右衛門に決まり!

「今日も子育てを頑張った自分に◎をあげよう。」

と、通販サイトでスイーツを眺めては自分へのご褒美を用意する私です。

甘いものを食べている時間って、なんてこんなに幸せなんでしょうね。

我が子とは20も30も年齢が離れているのに、いくつになっても「お菓子買ってー!」と言っている子どものようです。

スイーツの中でも、抹茶を使ったものが 大 好 物!

自分へのご褒美に抹茶スイーツ・宇治茶専門店【伊藤久右衛門】のスイーツをお取り寄せしました。


高級感ある箱にお手紙付き。引きこもりながら おもてなし

どっしりとした箱で届きました。

「スイーツ」と書かれているものを見ると、なんだか気分が上がるから不思議です。

魔法の言葉ですよね、「スイーツ」って。(笑)

手書きのお手紙が入っていました。

清らかな川と満開の桜が描かれた便箋、とても素敵です。

LINEでパパッと済ませてしまう私にとって、丁寧に綴られたお手紙をいただくと、なんだか心が洗われたような気持ちになります。

このようなキレイな文章が書ける女性になりたいです。

思いきって4種類を食す!至福のひととき

箱を開けると、こんなにたっぷりのスイーツが!

挽き立ての抹茶を使用し、新鮮な状態でのご提供。

素材そのものの味を楽しみたいので、早速すぐに食べちゃいます。

たっぷりのスイーツに思わず舞い上がってしまい、一斉に盛り付けてしまいました!

え、こんなにたくさん、私一人で食べるのかって?

・・・も、もちろん家族みんなで食べますよ!

一人で食べるのも十分あり!

だと思いますが、大人2〜4人分ぐらいの量はあります。

それぞれ2人分ずつの量ですので、3人以上で召し上がる際はケンカしないように仲良く食べましょう。(笑)

それでは合掌!ありがたくいただきます。

宇治抹茶あんみつ

宇治市にある本店「伊藤久右衛門茶房」のみでしかいただけない人気商品です。

食べれるチャンスは、本店かインターネットのお取り寄せのみ。

箱の中に、あんみつの材料が入っています。

中身が崩れないように、材料ごとにひとつひとつ丁寧に包装されています。

白玉、寒天、餡子、抹茶みつをひとつにまとめます。

食べるのも待ち遠しいのですが、こうやって作るプロセスも、とても貴重なものなんですよね。

はい!出来上がり。センスよく盛り付けられたかしら?

まずは白玉から。

うーん・・・!小さなスプーンに乗せようとすると転がりそうなくらい、まんまるでぷるっぷるとしています。

しっかりと餡子をつけていただきました。

もっちもち〜!小豆の甘さも程よい感じで上品です。

続きまして、抹茶ゼリー。

つるん!ぷるん!としてて柔らかく、ほんのりとした抹茶の香りと苦味。

甘さ控えめの抹茶みつとよく合いスーッと後を引く美味しさです。

こちらの抹茶ゼリーは、石臼で丁寧に挽きあげて新鮮な状態でつくったものです。

人気の秘密は、抹茶そのもののまろやかさと、上品な旨味とコク。

抹茶の産地ならではの濃厚で深い味わいを堪能することができますよ。

隠れた名脇役!寒天くん。縁の下の力持ちです。

抹茶ゼリーに美味しいところを持って行かれたと思ったのですが、そうではないです。

抹茶ゼリーの苦味やぷるんとした柔らかい食感、餡子の甘み、夏みかんの酸味、白玉の弾力。

これらを上手にまとめているのがこの寒天です。

寒天の独特な固い食感が、あんみつ全体をまあるくしています。

ゆっくりと落ち着いて食べようと決めていたのですが、スプーンが進んでしまいペロリと食べてしまいました。

あ〜!美味しかった。

夏に食べたくなるあんみつですが、一年中食べても飽きない。冷蔵庫にストックしておきたいお品です。

宇治抹茶チョコ

続いて、バレンタインデーに大人気「宇治抹茶の生チョコ」です。

和紙のラッピングにひらがなで「ちょこれーと」と書いているのを見て、心がホッと和みます。

袋を開けた様子です。袋の内側は全面が煌びやかな金色の和紙です。

小さなチョコレート5個入りです。5つ子の兄弟のように仲良く並んでいます。

ホイッと手にしてはパクッと口の中にインしたくなりますが、一粒一粒丁寧に作られた生チョコ。

ゆっくり味わっていただきます。

付属の抹茶をお好みでかけていただくと、より美味しくなります。

こんな感じです。クリーミーなとろける甘みに抹茶の粉末の苦味をプラス。

パラパラっと優しく振りかけてください。

ふわぁっと抹茶のいい香りがします。

ここでゆっくりと・・・ひとくちいただきます。

一粒食べたとたん、お茶会に招待されたのか?

着物を着た私が、茶室に座ってお茶をゆっくりと飲んでホッとしている

そんな場面に吸い込まれてしまいました。

お抹茶を飲んでいるような苦味がありますが、すぐにチョコレートの甘みでふんわりと包んでくれる。

抹茶独特の苦みがチョコで際立ち、とろんとした甘みが口の中で広がります。

一口で食べきってしまう程の小さなチョコレートですが、抹茶の濃厚な苦みとチョコのとろんとした甘みがぎゅーっと一粒に収まっています。

小さな粒なのに世界観広がる。これは夢なのか現実なのか?

食べてみて、じっくりと夢の世界をお楽しみくださいね。

宇治抹茶ロールケーキ

わーい!ロールケーキ。待ってました!

パッケージの時点でふわふわなのが伝わってきます。

わくわくした気持ちで開けてみます。

うわぁあ♪クリームがいっぱい。

袋を外すと・・・より一層、ふわっふわ!

ふっくらした生地にとろんとした生クリームを包んでいます。

ところどころに小豆が練りこんであり濃厚な抹茶の苦みとよく合いそうです。

3等分でだいたい2cmくらいの厚みです。

ミシン糸を使って切るときれいにカットできますよ。

生チョコで使用した抹茶が余ったので、少し振りかけました。

それでは、いただきます。

フォークを刺してみると、ふわっと崩れてしまうほど柔らかいです。

ん、もう。クリームが濃厚!

歯を使って噛む必要がないくらい、ふわっふわでとろりと溶けそう。

苦みが欲しい方は、もう少し抹茶の粉末を振りかけてもよいかもです。

クリームの程よい甘さと生地に練りこまれた抹茶の香り。

ロールケーキのふんわり生地が、クリームと一緒に柔らかく優しく、疲れた心を包んでくれてホッと癒されます。

明日もまた頑張ろう!っという気持ちになります。

宇治抹茶だいふく

ふっくらとまんまるいシンプルな和菓子、表面が雪のように真っ白く上品な印象です。

中を開けてみると・・・うわぁ!この触り心地。

ぷにぷにして癒されます。

まるで、赤ちゃんのほっぺたを触っているかのよう。

イライラしていたことや辛いと感じたこととか。ホントどうでもよくなりそうです。

シンプルな大福ちゃんですが、中がスゴイ!

こんなにたっぷり!抹茶餡が入っています。

表面は真っ白けだったのに・・・ミドリ率めっちゃ高いです。

付属の抹茶を少しかけて、”抹茶感”を出してみました。これは渋〜いお茶と絶対に合う!

用意しておかないと・・・!

餡をスプーンですくってみました。これで半分くらいです。まだまだお餅に残っています。

スプーンをそのままパクリと口に入れましたが、ホントとろける〜!

苦味はほんのりと控えめですが、クリーミーな口触りでふわっと口の中で広がります。

いつまでも口の中に含ませていたいほどじゅわ〜っととろける甘み。幸せや〜♪

ぷにっとたっぷり餡が入ったふんわりとした大福です。

一気に飲み込もうとせずに、ゆっくりと口の中で味わいながらしっかりと味を覚えてくださいね。

独り占めにもみんなで食べるにもスイーツは欠かせない!

以上。1日で4種類の抹茶づくしスイーツを食べ尽くしました。

もう!これ以上の幸せはないです。

ごちそうさまでした。

自分一人で食べきるのもよし、家族団欒のおともにもよし。

たったの2,990円で、本場の抹茶を使ったスイーツをお試しできるなんて!

 

小さな子ども連れで京都の人気観光地に行くと、混雑の中歩いたり並んだりで、ヘトヘトになって帰ってしまう・・・。

だから、このようにお取り寄せをして京都気分を味わうんです。

おうちでこんなにたくさんの抹茶スイーツを堪能できるなんて、素敵すぎるわ!

和のイメージが強い抹茶なんですが、和菓子にも洋菓子にも大変身して両方楽しむことができます。

伊藤久右衛門のスイーツの味は、ランキングをつけることができないくらい。

どれもふわふわでとろける美味しさです。

美味しいスイーツは、がんばるママのミカタですね。

「最近仕事が忙しくて・・・子育てをママに任せっきりだな。」

と思ったパパ。

「たまには、ご褒美に好きなスイーツ買いなよ。」

とママに言ってみてください。

ご褒美スイーツの候補のひとつに、【伊藤久右衛門】の抹茶スイーツ。ぜひお試しくださいね。