くら寿司 限定メニュー「茶碗蒸しリゾット」を家庭で再現!大好評につき販売延長中です




2017年11月7日の「有吉弘行のダレトク!?」で大反響のくら寿司の没メニュー「茶碗蒸しリゾット」。もともと5日間限定販売だったのですが、大好評につき販売を延長することになりました。まだ食べていない方は、チャレンジしてみる価値あり!

おうちにあるものでできそうなので、家庭で再現してみようと思います。

前回の記事はこちら。

くら寿司の「茶碗蒸しリゾット」を実食してみた感想 11月12日(日)まで期間限定の没メニューが発売!

2017.11.10

くら寿司限定 茶碗蒸しリゾット(4人分で作りました)

(「有吉弘行のダレトク!?」で2017年11月7日放送。番組の企画により限定発売されたメニューです)

ささみの筋を除き、一口大にカット。3切れずつ人数分の容器にいれました。

冷ました一番だし350ml・酒大さじ1・みりん小さじ2・濃口醤油小さじ1・塩少々で調合。卵2個を濾してしっかりと混ぜましょう。

※うす口醤油のほうが味がしっかりして茶碗蒸し向きですが、家にないため濃口を使用しました。

今さら聞けない?”一番だし”の取り方は?時間がない場合はどうする?素材の特徴を知りワンランク上の料理を作りましょう

2017.10.11

酢飯で一口大のおにぎりを作ります。おにぎりにすることで、卵液を入れたときにご飯がバラバラになりません。

お好きな大きさでこのように鶏肉の横に置きましょう。

先ほど合わせた卵液を静かに流していきます。分離しやすいので、茶碗蒸しの容器に入れる前にもう一度混ぜておきましょう。

これで下準備完了!蒸し器の用意を始めましょう。蒸し器に水を張って沸騰させます。

蒸し器を用意している間にカニかまとピザ用ミックスチーズを用意!お好みの量でどうぞ。

カニかまはこちらを裂いて使用しました。カニではありませんのでご注意を。少ししか使いませんので余ったらおつまみにしてくださいね。なかなか美味しいですよ!

蒸し器に卵液の入った容器を入れて、強火1分!その後、弱火で5分蒸します。

その結果がこちら。表面は固まりましたが、中はまだ少し柔らかい状態です。

固まった茶碗蒸しの上にお好きな量のカニかまとチーズをトッピングして蓋をし、火をかけないで余熱で5分温めます。

さらに5分後。カニかまが温まりチーズが溶けました。半熟の卵液も食べ頃まで固まります。

※蒸し器の種類によって火の通り方が異なります。メーカーによって蒸し時間が異なります。長時間蒸しすぎると、すぐに巣ができてしまいます。ゆっくり慎重に温めていきましょう

受け皿を置いて熱いうちに召し上がってくださいね。蒸したての器はお熱いのでお気をつけて!

店舗のものと比較してみます!

くら寿司 店舗

Rumi作

カニかまが店舗のほうが細かく、私の作ったのは大雑把ですね。(笑)店舗のほうがしっかりと固まってて私のほうが柔らかそうな見た目です。Twitterの投稿写真をいくつか拝見しましたが、チーズの溶け具合は店舗によって差があるようでした。

くら寿司 店舗

Rumi作

中身はこんな感じ。Rumi作のほうがご飯多かったかな。一口目の時点で米粒が出てきました。

お味は、店舗のほうが味がしっかりと付いていました。かにかまやチーズにも塩気がありますので、茶碗蒸しの味を控えめにしましたが・・・濃い味が好きな方はもう少し醤油の量を増やすか、薄口醤油を使用するかしたほうがいいかもしれません。麺つゆを使うと味もしっかりと付きやすく時短にもなりますね。

酢飯の味は・・・店舗のものも私が作ったものも、ほんのり酸味はありますが、あまり酸っぱさを感じませんでした。そこは成功です。(笑)

ちなみに・・・酢飯で使った酢はこちらを使いました。酢の物が苦手なお子様用に1本あると重宝しますよ!時々「まごころ365」の記事内でも登場しています。

一度食べ比べてみてくださいね♪

おうちにある食材で茶碗蒸しリゾットを作ることができました。夫と子どもに実食してもらったところ、違和感なくぺろりと食べてもらいました。子どもは茶碗蒸しにご飯入っていたことに驚いていましたが、酢飯であることに気づかずに最後まで食べました。

酢飯というと・・・「え?!」かもしれませんが、(私の主観ですが)それほど酸っぱくありませんので、気軽な気持ちで注文してみてくださいね。再現レシピも作っていただけると嬉しいな。(笑)

※くら寿司のHPはこちらをご覧くださいませ

茶碗蒸しリゾットで使用した蒸し器はこちらのものを使用しました。

かもしか道具店「三とく鍋」は煮る・焼く・蒸すの三役をこなす土鍋♪中川政七商店でゲット!

2017.09.26

こちらの記事もあわせて読みたい!

ココイチカレー再現レシピ!サイゲン大介さんのカレーが美味しすぎる!ミキサー使用で時短!昨年TVで紹介されました

2017.08.05

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代前半。2児の母で管理栄養士の資格を持つ専業主婦。料理は得意でないが料理を作らずにはいられない。食べ物を粗末にすることが大嫌いな私が、毎日食べ物で遊びまくっているブログでございます。食生活が多様化している中、”食”を通して自分や家族がプラスに過ごせるためのシンプルな方法を発信していきます。