元祖!日本で初めて作られたツナ缶 モンマルシェの「オーシャンプリンセス ホワイトツナ」をお試し購入!最高級のびん長まぐろとオイルを使用したリッチな味わいをどうぞ

ボジョレー・ヌーボーの解禁まであと4日となりました。ワインも待ち遠しいのですが、お酒を飲むならやっぱりおつまみが必須でしょう!ワインに合うおつまみに、ツナ缶はいかがでしょうか。

え、ツナ缶?!・・・ただのツナ缶ではございませんよ。日本で初めてツナ缶を製造した清水食品の「モンマルシェ」。ツナ缶製造歴80年以上とツナ缶の中でも大御所です

その中の人気No.1商品「オーシャンプリンセス ホワイトツナ」をお試しで購入しました。

1.三陸東沖で一本釣り!「夏びん長マグロ」を使用した最高級ツナ缶

 
1匹1匹丁寧に漁獲されたため、マグロそのものにストレスがかかりにくく鮮度抜群。芳醇で脂がしっかりと乗っています。缶の中で熟成させて美味しさをぎゅーっと詰め込みました。
 
世界のセレブに愛された豪華客船「オーシャンプリンセス号」という名にふさわしい贅沢な味わい。昔ながらの方法で丁寧に作り上げています。
 
形状は、食べやすい大きさにほぐされたフレークタイプとぎっしりと身が入ったソリッドタイプ。それぞれのタイプを綿実油でつけ込まれているもの2種類と、エキストラバージンオリーブオイルでつけ込まれているソリッドタイプのものをプラス。各2缶ずつの合計6点セットです。
 
 普段召し上がっているツナの味や食感、油の種類など、違いを食べ比べることができるお得なセットです。初回購入のみ送料無料!高級感ある箱にお入れしてお届けします。

2.「オーシャンプリンセスホワイトツナ」の中身を公開!

1.綿実油(フレーク)

「オーシャンプリンセス」をイメージして船のイラストが書いてあります。綿実油のツナ缶の場合、色が付いているものがフレークタイプです。

缶の裏側は日本語表記になっています。開ける際は手を切らないようにお気をつけて。

食べやすい大きさにほぐされていますが、やや大きめのフレークです。油をスプーンですくったら、とてもさらさらとした感じです。

食べやすい大きさに崩されていますのでお子様にもおすすめ。どんな料理とも相性抜群です。

2.綿実油(ソリッド)

金の文字で書かれているのがソリッドです。フレークとの違いは中を見たら一目でわかります。

がっつりと豪快!ブロック状なのです。食べ応えがあってボリュームがありそう。

一口分すくってみました。スプーンですくうとき少し力が入りましたが、すくってみると柔らかいです。しっかりとした肉つきで美味しそう!油はさらっとしていますので、あまりしつこさを感じないです。

3.エクストラバージン(ソリッド)

グリーンの缶はエクストラバージンのオリーブ油を使用したツナ缶です。お家に飾っておきたいスタイリッシュで綺麗な外観です。

油に注目!オリーブオイルです。やや緑がかかった濃いイエローでとても澄んだお色味です。このままで食べても絶対美味しい!

綿実油と比較して少しどろっとした感じ。お料理の際は、お手持ちのオリーブオイルを使用せずに缶の中のものをそのまま使用しましょう。

それぞれ1缶あたり内容量90gと食べやすい分量。

一般的なシーチキンよりも少し多めです。良質なオイルをギューっと閉じ込めていたため油臭さがなくさらさらと透き通った油です。油は捨てないで、そのまま残しておいて利用してくださいね。

3.「モンマルシェ」のツナ缶はかつてのツナ缶とどう違うの?

1.漬け込み油の種類に注目!

ワタの種子を原料としている”綿実油”を使用しています。主に高級料亭やレストランで使用され、多くの料理人の方からも高評価を得ています。上質な風味で酸化しにくいため油臭さが出にくいのが特徴。コクとまろやかさもあるため、サラダドレッシングとしても使用するのがおすすめです。

化学処理を一切行わない最高級のオリーブオイル「エクストラバージン」を使用したツナ缶や、油を一切使わない水とスープだけで仕上げた「水煮」のツナ缶も販売しております。

2.フレークとソリッドの2種類の形状を用意!

フレークタイプは、パンやサンドイッチ、サラダ、パスタなどの具材によく合います。身を食べやすくほぐしたものですので、口当たりが良くまろやかな食感。ディップにして楽しむのもよいでしょう。

ブロック状のソリッドタイプは、ツナそのものの旨みや食感をびっしりと塊にしております。素材そのものの味を楽しむことがおすすめ!そのままで食べたり、サラダや前菜など、加熱をしない料理に使ってみましょう。もちろん、パスタの具材にしてアクセントを付けるのも◎

3.「ビントロ」でおなじみ♪びん長マグロを使用!

マグロのなかでは比較的小型で「びん」という胸びれが長いのが特徴。赤身であるマグロとは異なり、身が白に近いピンク色のため、「ホワイトミート」と呼ばれます。

一般的にツナ缶として使用されるものはキハダマグロですが、びん長マグロはとても柔らかく濃厚な身が油との相性が抜群!ツナ缶のなかでは最高級のものと言われています。

4.「モンマルシェ」のツナ缶で一品作ってみました

綿実油(フレーク)を使用した手巻き寿司です。お好みの量の油を残しマヨネーズと和えたツナを酢飯と一緒に包みました。ツナの旨みが生かされていて、あっさりとしています。マヨネーズを入れず味付けを控えめにしても美味しく召し上がれそうです。

綿実油(ソリッド)で和風パスタを作りました。オリーブオイル不使用。使用している具材は大葉と玉ねぎです。食べる直前に軽く醤油を入れています。パスタそのものはあっさりしていますが、ツナは鶏肉のように肉厚で、とても噛みごたえのあります。ほぐしすぎないほうがバランスが良いでしょう。

ブロッコリーを添えてトマトバージョンも作りました。煮込む際にツナが少し煮崩れをしてしまいましたがしっかりとツナの味が閉じ込められています。

エクストラバージン(ソリッド)で作ったトマトカップサラダ。トマトとオリーブオイルは相性抜群ですね。オリーブの実を添えて、ダブルで贅沢な味わいをどうぞ。

4.一度食べたら他のに戻れないツナ缶

 

おしゃれなデザインで素材と風味豊かなツナ缶をいただき、大満足です!一度食べたたやみつきで、今まで購入していたツナ缶に戻れません。

お酒のおともだけでなく、お歳暮ギフトやご結婚やご出産の内祝いにも喜ばれそうな一品。お酒が大好きな方は一度は食べてみる価値ありますよ。

ツナで料理なんて・・・ワンパターンになりがち。なかなか思い浮かばないわ!という方も大丈夫。

保存期間が長く、長期間旨みが持続するのが缶詰の良いところです。もちろん、そのままで食べても美味しく召し上がれます。

食べたい時にさっと食べれる贅沢なひとときに、モンマルシェのツナ缶。おうちのストックにもおすすめですよ。

 









コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz