私が「ウェザーニュースタッチ」を使う理由!高精度の天気予報がスマホでわかる! 変わりやすいお天気とお付き合い上手になろう




レビューブログからの情報です

「秋の空は変わりやすい」と言いますが、秋の過ごしやすい季節お天気に左右されたくないのが本音です。

「行楽シーズン!おでかけしよう!と計画を立てていたのに・・・急な雨でがっかり・・・」

とか。このような経験ありませんか?そのあとの埋め合わせを考える気にもなれず、終日凹みっぱなし・・・。せっかくのお出かけだったのに、なんだか損した気持ち。そうなりたくないものです。

「もっと早くお天気の変化を知っていれば・・・」

と思っちゃうもの。早いうちに正確なお天気の情報を知っていれば、その状況に応じて次の行動に移しやすくなりますよね。

そんなときに役立つアプリが「ウェザーニュースタッチ」!私も使っていますが、こちらのアプリを使う理由があります。

1.私がウェザーニュースタッチを使う理由

スマホでお天気をご覧になる方もたくさんいらっしゃると思います。気象庁のデータをもとに各地域ごとに1時間おきの予報をしています。身近に使うスマホでここまで出来るのはとても便利なものです。

数多くのお天気アプリがありますが、私は「ウェザーニュースタッチ」を使用しています。

その理由は、ひとつ!「ユーザーが撮った空の写真を見ることができるから」です。

※今私がいる場所周辺の空の写真です

この機能があるのは、ウェザーニュースタッチの大きな特徴ですが、意外と侮れません。

送られてくる写真は1日2〜3万件。空の写真だけでなく、場所や時間、その天気に対して自分の身体で感じたことが書かれており、その内容をアプリで見ることができます。

自分の今いる場所周辺であっても、空の色や雲の形はそれぞれ異なっています。もしかしたら、その写真の内容の中に雨を降らせる雲が存在した!ということにもなりえます。

雨雲レーダーに映っている雲は雨を降らせると予想はできますが、すべてレーダーでキャッチできるとは限りません。そんなときに、雲の流れがくっきりと撮影された写真があると、「おかしな雲が出てきた!」ということが分かり、正しい予測につなげることができるのです。

2.スマホの天気アプリの正答率を実際に調査したところ

このような結果が発表されました。異なる時期に2回、14日間ずつ調査をしたところ、「ウェザーニュースタッチ」がほんの少しの差ですがトップになりました。

その違いがわかるのが、台風18号が九州に接近していた2017年9月16日。実際の天気は、15時が曇りで18時が雨です。これを唯一予報できていたのが、「ウェザーニュースタッチ」のみでした。

台風接近となると外出を控えようと思うところですが・・・曇りの場合と雨の場合だったら行動の仕方が変わってくると思います。曇りでしたら、スーパーで非常に備えて食材を買いだめする時間が作れますし、雨だったら外出そのものをやめちゃうし。この差はとても大きいものです。

こちらの結果は厳密なものではないために、調査した方の主観に過ぎないのかもしれません。しかし、ユーザーから送られたリアルタイムの空の写真は、精度を高めるために必要な情報源になり正確な天気を予想するための十分な証拠になると考えられます。

ウェザーニュースタッチを運営する「(株)ウェザーニューズ」の方に尋ねたところ、

「全国1300カ所の気象庁のアメダスに加えて、ウェザーニューズ独自の観測網が1万3千カ所ある」とのこと。「2017年に入ってから、5キロ四方ごとの観測を1キロ四方ごとの観測に変更し予報精度を上げた」ということもおっしゃっていました。

精度を上げることで、夏場に起こりやすいゲリラ豪雨の予測にも対応しやすく、わずか数キロ範囲の異なる場所でも予測が可能にもなったそうです。

観測網を増やすこと、実際の空の写真をもとにすることによって、より細やかで正確な情報を伝えることができているのですね。

世界から見ると日本はとても小さく見えますが住んでいる場所の状況は、ほんの数キロ離れているだけでもそれぞれ異なるもの。このように、異なる場所によって正確な情報が入ってくるのはとてもありがたいものです。

3.写真で伝えるのはわかりやすく十分な証明になる

天気予報を見ると、表や数字、hPaとか・・・小難しい単位で表したり。日本地図全体の絵や各地方の大きな都市のみの天気だけが大まかに伝えられるだけ。今現在自分が立っているところはその一部に過ぎないのに・・・と思います。

天気予報の画面を見ただけでは自分の感覚では分かりづらいところがたくさんありますよね。

しかし、これに加えて空の写真が加わると、自分が立っている場所付近の空の状況が一目でわかります。一定の場所だけではなく、周辺のあらゆるところで空の色や雲の形、雲の流れ方などが異なります。

ユーザーの情報とそれをもとに動いている専門の方々のおかげで、より正確な情報を私たちに伝えることができて、その天気によって今いる場所でどのように対応すればいいのかを迅速に伝えることができるのです。

「おかしな雲の写真があるから雨が降るかもねー、傘持って行こう」

「急に雨が降り出すかもしれないから、早めに洗濯物取り込んでおこう。」

と、対応しやすくなれば、天気に左右されることなくストレスフリーで過ごせるものです。

おでかけだけでなく、家事や育児をしているときも、天気に左右されることはよくあること。より正確な情報をうまく見極めながら、お天気の変化と上手に付き合っていきたいです。

今日ご紹介した調査結果はこちらのページで詳しく書かれていますので、ご覧いただけたらと思います。

【調査】“当たる”最強お天気アプリはコレだった!!

まだまだ、過ごしやすい季節は続きます。ウェザーニュースタッチを参考に秋の行楽日和を満喫しましょうね。

※正当性は高いものですが、あくまで人が予測したものにすぎません。100%確実に当たるものではないことをご了承ください。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログからの情報です

ABOUTこの記事をかいた人

管理栄養士の資格を取得し就職するも1年で失敗。 その後、結婚・出産。7歳4歳0歳の3児の母です。 結婚生活の85%を専業主婦で過ごしてきた、自称【お料理主婦ブロガー】。 仕事と家事を完璧にこなす「スーパーウーマン」を目指すことに疲れてしまい、日々お気楽に過ごす方法を模索中。 料理はカタチから入るタイプです。 「ていねいな暮らし」を心がける、スーパーズボラ主婦の生活を公開。 節約と人付き合いと、オムレツを焼くのが大の苦手です。 料理は得意じゃないが、料理をせずにはいられない! 好きな言葉は『適当万歳』