美味しい新米といえば「新之助」がおすすめ!新潟県の数量限定!新しいプレミアム米!大粒で美しいツヤツヤなお米を召し上がれ♪

実りの秋真っ只中だからこそ美味しいお米を食べたい!やっぱり日本人の食事といえば、白いご飯ですよね。10 月14日に新登場したばかりの「新之助」は、コシヒカリの美味しい新潟県で生まれ東日本を中心に販売を始めています。

イケメン俳優の杉野遥亮さんのCMをご覧になって「新之助」を知った方も多いのではないでしょうか。私は西日本在住なので店頭まで買いに行けないのですが・・・ネット通販という便利なものが!波に乗っちゃいます。

たくさんある新米の中から、今年は「新之助」に決まり!

1.2017年の新米に「新之助」を食べよう

「新之助」は新品種の開発に8年もの年月をかけた晩生品種のお米です。

新潟県で生産されるブランド米、「コシヒカリ」や「こしいぶき」よりも少し遅い時期に生産されるのが特徴です。外観はもちろん、香りや味、粘り、硬さにおいて、これら2つのブランド米に近いものを開発することに成功し高評価を得ています。

ほんのりとした甘い香りとツヤツヤした潤いとコクの強さ、粘り気と弾力のバランスがうまく配合して、ひとつの味を作り出しています。お米の分量は、2kg袋と5kg袋、そして食べきり用にぴったりな900gの3種類が販売されています。

2016年に東日本の三越・伊勢丹などで試験的に限定販売をしましたが、ほんの数時間でソールドアウト!今年は本格的に発売開始しましたが、早速注文が殺到しています。オンラインの在庫もちらほら品切れが出ているように思えます。お早めにチェックを!

袋を開けてみると・・・見てください!このお米の粒。とても大きいんです。一粒一粒が主役を飾れるようなくっきりとキラキラしたお米。これらが集まり口の中に入れた瞬間、どのような味を物語ってくれるのか、楽しみですよね。

2.実際に炊いて食べてみました

炊飯後、混ぜていない状態。1時間吸水させたお米を炊飯。新米は水分が多いので、水加減を線よりも気持ち少なめにして炊きました。

混ぜてみるとこんな感じ。ふっくらと仕上がってて少し粘り気があります。大成功!

つくねハンバーグと野菜の煮炊き、そして自家製ぬか漬けと一緒にいただきます。

こんなにツヤッツヤなお米。生の状態よりも一粒一粒が大きく見えて、ご飯そのものに存在感があります。一口食べると、とても甘い!

普段は口の中におかずの味が付いていないと白いご飯が食べられない私なのですが、「新之助」はご飯そのものに美味しさがあるので、ご飯から食べても美味しく感じます。

もちろん、おかずを食べると・・・ますます「新之助」が欲しくなります。あっというまにお茶碗の中身が減っていきました。

おにぎりにしてもベチャつかず、ふっくらとしています。握ってしまうと米の表面が乾燥しがちですが、全く違和感なく美味しくいただけました。しっかりと炙った焼き海苔を巻いて食べると本当に風味が豊かで美味しいです。

みんな大好き!カレーライスにも。今日はカレーが脇役でご飯が主役です。(笑)カレーの香りがより一層食欲を増進させますので、たっぷりお米を用意しておきたいですね。

シチューオンライスにも。シチューにご飯!チャレンジしたい方は、まずはお米から変えてみるとよいかもしれません。

もちろん、お弁当にも最適!昨日炊いておいたご飯ですが・・・使いまわした感がなく、イキイキしています。

冷めてもこんなにツヤツヤ。冷めてしまうとお米がカチカチしてしまいますが、みずみずしさがしっかりと残っています。

3.美味しさは新鮮なうちに♪使い切りの900gパックから!

今年の夏から900gパックのお米も仲間入り。少し割高になってしまうかもしれませんが、2kgと5kgの袋にないメリットが900gパックにはあります。

  • 冷蔵庫に保管しやすい
  • チャックが付いている開け口
  • 新鮮の状態で食べきることができる

冷蔵庫の扉に収納すると、このようにすっきりスマート!マチ付きの袋になっていますので、お米がどんどん減っていっても袋がヘナヘナにならずに自立した状態で保管ができます。

チャックが付いてますのでしっかりと密閉できて、持ちやすい構造。200mlの計量カップもすっぽりと入ります。900gで約6合入っていますので、1人暮らしの方にも食べやすい食べきりサイズですよ。

やっぱり新鮮で美味しいものは、新しいうちに食べたいもの。ちょっとしたご褒美や特別な日の食事にも「新之助」900gは、とても重宝するものになることでしょうね。

お試しで使ってみたいわ!という方は、まずは900gから購入することがおすすめです。中生品種の「コシヒカリ」、早生品種の「こしいぶき」にならんで、新潟県の新たなお米が仲間入り!食べ比べるのも面白いですね。

「新之助」は楽天市場やamazonの他に、新潟産コシヒカリ専門店“いなほんぽ”さん で購入することもできます。おすすめのお米が一目でわかります。









コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz