ハニーマスタードがやめられない!ソースの利用方法とレシピをご紹介!「ハニーベイクド・ハム」の名脇役から様々な料理に使えて便利♪




ハニーマスタードがじわじわと人気を呼んでいます。遅ればせながら、ハニーマスタードなるものを今月初めて口にしたRumiです。先日お取り寄せした虎ノ門ハムさんの「ハニーベイクド・ハム」がきっかけです。大きなハムと一緒に1瓶まるごとと大容量のハニーマスタードがオマケに付いてきました。ハムだけで使用するのはもったいなかったので、少し残しておいて他の料理に使ってみました。とても美味しくて、使い切るのが惜しい!また利用したい!と思いました。

東京虎の門で人気の骨つきハム「ハニーベイクド・ハム」を家族4人で1週間過ごしてみた

2017.10.08

定番はチキンソテーですが、豚肉やお魚、野菜とも相性が抜群!私が活用した料理法をご紹介!(レシピは2人分です ポテトサラダのみ4人分になります)

1.ポークソテー・ハニーマスタードソース

子ども大絶賛。マスタードを火に通しますので辛さを感じません。ポークの脂としっかりと馴染みあっさりとした味です。

①とんかつ用の豚ロース肉を2枚用意。肉と脂の間に切り込みを入れたあとビニール袋に入れて下味をつける。下味は塩コショウとハニーマスタード(小さじ1)のみ。ビニール袋の中でぐしゃぐしゃと揉み込み、小麦粉を満遍なくつけてさらに揉み込む

②オリーブオイルをフライパンに熱し、潰したにんにく(1片)を入れて香りがついたら、①を中火で蓋をしめて2分焼く。焼き目がついたら裏返してさらに2分焼く。

③フライパンに豚肉を盛り、フライパンに残った肉汁をまわしかける。一緒に焼いたにんにくは食べてもOK。写真のようにトッピングしても。

2.野菜サラダ  ハニーマスタードドレッシング

毎日使いたくなるドレッシング。葉物野菜やトマトはもちろんのこと、ブロッコリーやゆで卵などのどっしりした具材によく合います。

ハニーマスタード小さじ1に対し、オリーブオイルとマヨネーズを大さじ1で割りました。

3.鶏もも肉と焼き野菜のパスタ ハニーマスタード風味

鶏肉と相性抜群。ほんのりと甘く優しい味です。鶏肉のジューシー感と野菜の甘さが引き立ちます。

①フライパンにオリーブオイル(大さじ2)ににんにくで香りをつけ、鶏もも肉70gとお好みの野菜(今回はパプリカ・ズッキーニ・エリンギを使用しました)をソテーしておきます。ハニーマスタード(小さじ2)を加えさらに炒め火を止めておきます。

②パスタを茹でてザルにあげます。(袋の裏面に従ってください)

③②を①のフライパンに入れて混ぜます。塩コショウで味を調えます。トッピングにカイワレを添えました。

4.アボカドとトマトのハニーマスタード和え

ペロリと食べちゃうお手軽レシピ。熟して柔らかいアボカドを使うのがおすすめですよ。トマトの酸味とよく合います。

①アボカド1個とトマト1個を一口大に切ってレモン汁(小さじ1)で和えます。

②召し上がる直前にハニーマスタード(小さじ2)を混ぜて塩コショウで味を調えます。

5.鯛のカルパッチョ  ハニーマスタードソース

調理時間10分以内、今晩の食事が豪華に見える一皿。ワインのおつまみにも。

①鯛の刺身(60g)をスライスし、刻んだミニトマト2個とオリーブオイルと酢(大さじ1ずつ)と砂糖小さじ1/2で和えます。

②食べる直前にハニーマスタード(小さじ1)を加えて塩コショウで味を調えます。お好みでカイワレを添える

6.ハニーマスタード入りポテトサラダ

普段食べているポテサラにハニーマスタードをプラス!マヨネーズの酸味が抑えられ柔らかい味になりました。

①じゃがいも3個を皮ごと30分茹でます。中まで火が通ったら熱いうちに皮をむき潰します。

②ハム(30g)はみじん切り、きゅうり(1/2本)は千切りにします。たまねぎ(1/4個)はみじん切りにし水に30分間さらしておき、水気をしっかりと切ります。

③よく冷ました①に②とマヨネーズ大さじ3とハニーマスタード小さじ2、塩コショウを加えてよく和えます。

ハニーマスタードを家庭料理に取り入れてみよう!

市販されているハニーマスタードは、マスタードの粒の大きさや辛さ、甘さなど、メーカーによって異なります。

ハニーベイクドハムに付属されていたハニーマスタードは、そのままで食べるとほんのりと辛味があります。料理と混ぜることでマスタードの辛さがなくなり、まろやかでコクのある料理に変身しました。新たな調味料が仲間入り!ますます認知度が高まるハニーマスタード、是非料理に取り入れてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

管理栄養士の資格を取得し就職するも1年で失敗。 その後、結婚・出産。7歳4歳0歳の3児の母です。 結婚生活の85%を専業主婦で過ごしてきた、自称【お料理主婦ブロガー】。 仕事と家事を完璧にこなす「スーパーウーマン」を目指すことに疲れてしまい、日々お気楽に過ごす方法を模索中。 料理はカタチから入るタイプです。 「ていねいな暮らし」を心がける、スーパーズボラ主婦の生活を公開。 節約と人付き合いと、オムレツを焼くのが大の苦手です。 料理は得意じゃないが、料理をせずにはいられない! 好きな言葉は『適当万歳』