クラシックコンサートに初めて行く人!服装のルールとマナーを知っておこう 子連れのときに注意することをまとめました

クラシックコンサートってなんだか富裕層の方が行くイメージ。

庶民の私にとって、敷居の高い印象です。

行ってみたい!と憧れは叶ったものの・・・いったいどのような雰囲気なのか?

服装やマナーとか・・・実際自分で体験してみないと分からないことばかり。

実際にクラシックコンサートに行かれた方の経験をもとに、備忘録を作ってみました。

服装に決まりはあるの?

 

国内で行われる場合のほとんどが服装に大きな決まりはありません。

クラシックコンサートは、ピアノ・オペラ・オーケストラなどの種類があり、種類や規模によって正装かカジュアルかはそれぞれ異なります。

清潔感が第一!
  • 男性・・・ダークカラーのジャケットとワイシャツにスラックス。
  • 女性・・・膝丈のワンピースにカーディガンに控えめのアクセサリーをプラス 
  • 子ども・・・普段着でよそ行きの服。大人の着ている服の色や雰囲気と合わせると◎。

ドレスコードの指定がなければ、デニムやスニーカーを身につけても問題ありませんが、できるのなら失敗を避けたいもの。

百貨店やお高いレストランに行く感じの服装を心がけると、きちんとした印象になりやすいです。(ショップの販売員さんに相談するのも手)

仕事帰りに鑑賞する場合、スーツやオフィスカジュアルの服装で行っても問題ありません。

カジュアルファッションで行くよりもきちんとした感じを出しやすいですし、「通勤服で行く」と考えたほうが、帰って分かりやすいですね。

キレイめモテファッション,SPUTNICKS スプートニクス

お子様の服は、わざわざかっちりとしたスーツを用意する必要はありません。きれいめの普段着で十分です。

派手な色や大きなロゴがついたデザインのもの、スウェット生地の服などは避けたほうが無難です。

トップスの種類や色などに決まりはありませんが、襟付きのほうがきちんとした印象です。

 避けたほうがいいファッションがあります!

  • チャリチャリと音がするアクセサリーや小物類
  • 鈴などの音が鳴るキーホールダー
  • シャカシャカと音がする素材の服(スパンコールなど摩擦によって音が生じるなど)
  • カツカツと音がするヒール靴

クラシックコンサートは音を楽しむものです。

じっとしてはいるものの少し姿勢を変えるだけで、案外音は響くものです。

音が気になるな・・・と思うものはできるだけ持参しないよう注意しましょう。

音以外にも服装に関して注意すべきことが2つ

  1. 帽子は脱ぐこと
    後ろの人にとって、帽子で視界を邪魔することがあるかもしれません。
  2. 香りものを控える
    香りで音楽を聴くことに集中できないと不快に感じる方もいらっしゃるかもしれません

ドレスコードを念のため確認!身の丈にあった清潔感ある服装でOK

コンサートの料金もビギナー向けのものから本格派のものまであり、料金もグレードも様々です。

料金がお高くなるとドレスコードを求められることもあるかもしれません。

アニメやゲームなどのサウンドをオーケストラ演奏するものやファミリーを対象としたクラシックコンサートなど、最近増えてきています。

私たちがクラシックを聴くことがより身近になっていて、とても喜ばしいことです。

背伸びしない程度で、動きやすい清潔感のある服装を心掛けましょうね。

airCloset

マナーはどんなこと?

もう一度言います。

クラシックコンサートは音楽を聴いて楽しむということが一番の目的です。

音に対して気を遣う必要があります。

ファッションだけでなく、立ち振る舞いによって音を出してしまうことも十分にあり得ます。

音を出しやすいものの取り扱いに注意!

  • 大きな荷物やバッグ
  • スーパーのビニール袋やレジ袋
  • 飴やお菓子などの包み紙
  • 鈴が付いている小物(財布やポーチなど)
  • 来場時に配布されるリーフレットなど
  • 咳やくしゃみ
  • 携帯電話の通知音やアラーム音

万が一荷物が増える時はクロークに預けて持ち込むものを最小限にしておきましょう。

飲食禁止のところも多くあります。

香りが強いものも多くありますので、小さなお菓子でも会場内では食べずにロビーで食べておいたほうが無難です。

咳やくしゃみは自然のことですので避けられませんが、ハンカチやティッシュを持参して、すぐに口を押さえられるようにしておきましょう。

携帯の電源はオフにしておくことを忘れずに。

雨の日の場合

傘の管理が必要になります。傘置き場の収容量に限界もありますし、紛失する場合もあります。

会場内に持ち込む場合は、席にかけたり挟んだりせずに、座席の下に横に倒して置いたほうが無難です。

折り畳み傘を持参してもOKです。その際はロビーで必ず畳み終えましょう。

【必読】拍手のマナーがあるんです!

演奏中に拍手する人は・・・いませんよね?

音を楽しむことに反していますし、音に気を遣っていませんね。

「演奏が終わった後、盛大に拍手しよう!」なんて、思っていませんか。

実はこれ、間違いですよ。

”楽章と楽章の間”に拍手をしてしまうミスが初心者に起こりがち。

オーケストラは複数の楽章に分かれているため、次の楽章に移る際に演奏がストップします。

でも、これは演奏の終わりを意味するわけではありません。

親切なところでは「演奏が終わってから拍手をしましょう」とアナウンスをしてくださる場合もあります。

拍手のタイミングがわからない・・・

そんなときは、周りを見ながら、その場に応じて拍手をするように合わせるとよいでしょう。

余裕があるのでしたら、あらかじめCDや動画などを聴いてシュミレーションしておくといいかもしれません。

子連れで大丈夫?気をつけることは?

小学生未満の方はご遠慮ください

残念ながら、年齢制限をしているコンサート会場は多くあります。

年齢制限をしている会場の中に、小さなお子様がいらっしゃる方のための託児所を用意していることもあります。

事前にリサーチして利用するとよいでしょう。

見た感じだと、小学生からは来場が可能になるところが比較的多い印象です。

もちろん大人と同様に子どももマナーを守ることが必要です。

長時間の拘束となると、子どもはじっとしてられないもの。

「じっとしてられる」と思い込まないよう、無理な我慢をさせないことが大切です。

お子様と同伴をする際にできることは、演奏前に必ずお手洗いを済ませること。

演奏中は音楽を聴くことに集中しますが、原則として途中離席をすることはできません。

水分を取りすぎないように注意をしましょう。

逆に、あまりに空腹すぎると演奏を聴くことに集中ができないこともありますので、ほどほどにお腹を満たしておくとよいでしょう。

館内は飲食禁止のところも多くあり来場後は食事がまともにできないと思ったほうがいいです。

来場前に食事を軽く済ませておきましょう。

マナーを守ってクラシックと親しくなりましょう

音を立てないことと拍手のタイミングに気をつけることが重要ですね。

クラシックは長年築き上げてきた伝統的な芸術作品です。

多くの方にいつまでも素敵なものだということを知っていただきたいものです。

初心者であるということは、必ず誰もが通る道。

私も長く親しんでいきたいと思いますし、長く親しんだきた方の失礼にならないためにも、マナーをしっかりと学びたいものです。

 

これで今日の夕食が決まる!
1分でわかるレシピ動画アプリ



「クラシル」のレシピ動画で
献立メニューやアイディアを検索。

・レシピ数30,000件以上
・毎日更新されるレシピ無料
・管理栄養士監修の1分動画レシピ