ゲーミフィケーションを子どもの教育に?「DS美文字トレーニング」を1年使い続けた息子の字に変化が現れはじめました




DS美文字トレーニングというソフトを、ご存知ですか?9年前の2008年3月13日に任天堂から発売されたニンテンドーDS専用ソフトです。。

かなり昔のソフトなのですが、60万以上売れた大ヒット商品!CMで何度も放送されていため、知っているという人もいらっしゃるのではないでしょうか?

ゲームばかりの子どもについつい「勉強しろ!」と言ってしまいがち。しかし、いつまでたってもゲームはやめられない。子どもあるあるですよね。ただし、「DS美文字トレーニング」はゲームといえ、馬鹿にできません。

1.ゲーミフィケーションを教育にうまく利用!

「ゲーミフィケーション」という言葉をご存知でしょうか?「日常生活の様々な要素をゲームの形にする」という「ゲーム化」から派生し、2010年から使われはじめた言葉です。(このゲームの発売後に出てきた言葉ですね。) 最近では、子どもの教育現場でもよく使われるようになりました。

子どもにとって机に向かっているだけの勉強は地道なことですし、長時間続けていると・・・どうしても飽きてしまうもの。自分のレベルが上がるとともにステージが難しくなる面白さや時間をかければかけるほど自分に跳ね返ってくる達成感が、まさにゲームの醍醐味。このゲームの要素を利用することで、勉強に対するモチベーションを上げようとする考え方です。

「DS美文字トレーニング」は、このゲーミフィケーションをうまく利用したソフトと思います。あんなに癖のある字を書いていた息子が、学校の書き方で花丸をもらってきましたよ!

※上の画面はイメージです

2.漢字練習帳ではできない?DSを使った文字練習のメリット

1.書き順を覚える  

基本、お手本通りにかいて○☓がつくというシンプルなものなのですが、文字は書き順通りにしないと認識しません。何度も書いているのに認識しないというのが続くとイラッとしてしまいそうですが・・・正しい書き順で書かないと認識しないというのをうまく利用することで、書き順が自然としみつきます。

大人の私もそうなのですが・・・癖のある人って書き順間違っていること多いんですよね。息子もたまに癖のある字に戻ることもありますが、書き順が正しければ、大きく崩れずきれいな字に見えます。

2.繰り返し練習できる

ここが、デジタルの良いところ!お手本を見て繰り返し繰り返し書いて保存をすることができる。紙とペンだと練習を繰り返しているうちにどんどんノートが増えていきますね。

デジタルの判定とはいえ、合格がでるまで次に進めないため、自然と筆が進みます。書き順を間違えたときなど、消しゴムを必要としないため机の上が汚れないのも嬉しいですね。

3.単純におもしろい

子どもは本当に正直です。DSのゲームの体裁をとっているとはいえ、つまらないものは長続きしません。さすが、任天堂!ただ文字を書くというシンプルな内容なのですが、音やアニメーションを上手く使っていておもしろく工夫されています。

ひらがなやカタカナ、低学年で習う漢字はもちろんのこと、年賀状や暑中お見舞いなどの挨拶で使う実用漢字まで・・・大人も十分耐えられるクオリティです。子どものために買ったのですが、私も夢中になってしまい遊んでしまいます。

かなり古いソフトになりますが全く陳腐化しておらず、今でも十分に利用できるソフトです。今だとamazonなどで中古で安く手に入れることも可能です。

3.子どものうちに正しい書き方に慣れておこう

子どもの字の汚さに悩んでいる、ゲームばっかりやって悩んでいる保護者の方は「DS美文字トレーニング」を騙されたと思ってやってみてください(笑)

ゲームだからって・・・意外に馬鹿にできなくてびっくりすると思います。私も癖字が治らないまま大人になってしまい、自分の筆跡を子どもに見せるのが恥ずかしくて・・・とても後悔しています。

今やパソコンの活字に慣れてしまい、手書きで書くことが減ってきています。しかし、美しい文字で丁寧に書くのはいつの時代になってもその人の人柄を表す大切なこと。文字を覚える基本はやはり自分の手で書くことです。

親子で文字のトレーニングをして美しい文字を書く素晴らしさをともに学んでいきたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

料理は得意でないが料理を作らずにはいられない 結婚生活の85%専業主婦で過ごした30代前半の主婦ブロガー。 2017年6月1日から運営している「まごころ365」は、運営開始半年で累計10万PV突破。 酒好きマンガ好きの夫とイタズラ大好きの子ども2人の4人家族。現在第3子妊娠中。 家庭料理とグルメのこと、料理における体験談を主に書いています。