シチューにご飯 否定派の人のための「シチューオンライス」活用術!チキンフリカッセ風でアレンジいたします

「シチューオンライス」が大好評!

「シチューをご飯にかけるんだー!」と驚いた方も「シチューにご飯なんて邪道だー!」なんて感じる方も、とりあえず商品を手にしてみてはいかがでしょうか。

それぞれ好みがありますが、「どんな食べ方でも美味しいものは美味しい!」というのが私の考えです。(笑)

「シチューオンライス」も工夫次第でお口に合うものになると思います。

今回は、シチューオンライス「チキンフリカッセ風」のアレンジをご紹介いたします。

1.シチューオンライス バターチキンカレー風

「見た目変わらないやん!」と感じますが、小さじ1程度のカレー粉を加えています。

シチューにご飯は苦手だけど、カレーライスは好き!という方へ。

カレー粉を加えることでカレースパイスの風味が強くなりシチューの味が弱まります。

鶏肉多めのクリーミーなシチューなので、カレーが加わることでバターチキンカレーのような味になります。

2.シチューインライスリゾット

ビーフストロガノフ風では、お鍋にこびりついたシチューでライスコロッケを作りました。

チキンフリカッセ風はリゾットにしてみました。

残り少ないシチューにご飯を加えて、牛乳で伸ばしながらお粥をつくります。仕上げにピザ用チーズと塩コショウ少々を加えます。

使用しているツールは、無印良品のシリコン調理スプーン。本当に便利です。

 

ムジラーおすすめ「シリコン調理スプーン」が便利!お鍋を傷めずに鍋肌まで無駄なく美味しくいただける♪

2017.06.02

3.シチューオンライス DE パイ包み

ビーフストロガノフ風と同様、チキンフリカッセ風バージョンも作りました。

クリスマスのメニューなどにも使えそう。パイを破るまで中身が見えないので、食べる前から興味をそそります。子ども受け抜群のメニューです。

4.シチューオンライス DE ドリア

「シチューオンライス」にチーズをのせて焼いただけです。

正体がシチューだ!というのがわかりにくいメニューです。

シチューをかけるのに抵抗がある方は、ドリアから始めるとよいでしょう。

家族の中にもご飯にシチューをかけていいかどうかは好みが分かれるところ。

そのままシチューとして食べるのもよいですが・・・せっかくですからアレンジを加えたものを一度試してみて。

ご飯を使用しているものもありますが、抵抗なく食べれるように工夫をしました。

ちなみに今回は・・・鶏むね肉(皮なし)を600g使用し、しめじの量を少し増やしました。

もも肉と比較して低価格ですし、あっさりめの味になります。チキンフリカッセ風はもも肉を800gとたっぷり使いますので、今まで食べたシチューよりもボリュームがあります。

カロリーを控えたい方は、むね肉を使用するのがおすすめです。