シチューにご飯 否定派の人のための「シチューオンライス」活用術!ビーフストロガノフ風でアレンジいたします




「シチューオンライス」が大好評ですね。

ご飯にかける専用のシチューの素として発売されてから、「シチューとご飯って合うんだな〜」と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その一方で「シチューにご飯なんて、やっぱり無理!」という方も。

シチューとご飯 合わないの?「まずい!」と言う前に「シチューオンライス」を食べてみて

2017.08.28

それぞれお好みですので、どちらのご意見も否定はできません。

でも、ご飯があってもなくても「シチューオンライス」はとても美味しいシチューです。

ご飯にかけても美味しいように濃いめの味で工夫がされています。

この濃厚さを利用して私流にいろいろアレンジを加えてみました。

1.シチューオンオムライス

オムライスのソースに。白く味のないご飯にかけることに抵抗がある方へ。

ご飯をバターライスにして軽く塩で味付けます。卵のふんわり感をプラスしてより食べやすくなります。思えば・・・洋食屋さんのオムライスもクリーム系多いですよね。

2.シチューインラザニア

 

※少し焼きすぎた・・・(笑)

ラザニアで重ねてみました。中はシチューと市販のトマトソースを交互に重ねています。

ミートソースを使うことが多いラザニアですが、牛肉が入ったビーフストロガノフ風のシチューで代用しました。

ミートソースを使用して、ダブルビーフにしても美味しいと思います。簡単に手作りできますので、イチから作ってみてくださいね。

調理時間30分でできるミートソース!アレンジも楽々♪子どもの昼食に困った時用に冷凍しておこう!

2017.07.28

3.シチューオンライス DE パイ包み

 

「パイ包みにしたら美味しそう」と思い、実際に作ってみました。

市販の冷凍パイシートを半分に切って乗せました。フレンチでよくあるパイ包み。

食卓にのぼるとより華やかです。

溶き卵を塗りオーブン200度10分で焼きました。

シチューにご飯をかけるのが苦手な息子は、パイ包みにするとペロリと完食しました。

冷凍パイシートは冷凍庫に常に忍ばせておくと便利ですよ。

ケーキ型活用術!スポンジケーキが焼けなくても大丈夫!底抜けを活かして何かできないかを考えてみました

2017.08.17

4.シチューインライスコロッケ

 

またまたライスの登場です。残りが少ないシチューとご飯を混ぜて丸めて衣をつけました。

写真のライスコロッケは、遠慮してシチューが少なめなのですが・・・もう少し増やしてもいいと思います。しつこすぎずにほんのりシチュー味です。

それでもライスは嫌!という方は、ライスなしでクリームコロッケにしても美味しいと思います。

 鍋にこびりついた残りシチューにご飯を投入し、鍋の縁に沿って混ぜると・・・シチューを無駄なく使い切ることができます。

 

 

無印良品のシリコン調理スプーンが便利ですよ!

ムジラーおすすめ「シリコン調理スプーン」が便利!お鍋を傷めずに鍋肌まで無駄なく美味しくいただける♪

2017.06.02

「シチューオンライス」食べたいけど・・・家族の中に、”シチューにご飯否定派”がいらっしゃるご家庭も少なくないと思います。

アレンジ法があるというのを知っておくだけで、相手の好みに応じて料理ができると思います。

アレンジを加えると・・・より高カロリーになりますので、サブは野菜中心でこってりしすぎないものを選ぶようにしましょう。

ちなみに、牛肉は国産と外国産両方試しました。国産は口当たりがよく外国産はお肉の旨みがよく出ます。お好みのお肉でどうぞ。

ご飯よりパン派のあなたにオススメの食パンはこれだよ。

「シチューにライスって言ってるけど、パンの方が好きなんだよね。」

シチューにパン派のあなたに持って帰っていただきたい!

ほっこりとした温かいシチューのおともに、八天堂の食パンはいかがでしょう。

フワッ!トロッ!の「くりーむパン」でおなじみ。

広島県三原市に本社がある「八天堂」。

実は食パンも大人気であるってことご存知でしょうか。

八天堂の食パンは、外がサクッとしてて中がふんわり。発酵バターの香りがとても良く、絶品です。

知る人ぞ知る!八天堂は「とろける食パン」もおすすめ!お店に行かず購入できる方法をご紹介します

2018.02.11

ほんのりとした甘さでデニッシュのような食感。

スイーツっぽくないので、塩味のあるお料理とも相性も◎

チーズをトッピングして食べたけど、めちゃめっちゃ絶品だったよ!

一口サイズにちぎって、シチューをつけパンしてみて、味わってみてくださいね。

とろける食感が倍付けされること、間違いなしですよ。

クリームシチューのおともに八天堂の「とろける食パン」を食べてみる