浪費主婦が教える!節約できない買い物好きは、自分の気持ち任せで出費を抑える。




数多くある苦手なことで節約が大の苦手です。

結婚9年目の専業主婦ですが、買い物がやめられない私は本当にダメ主婦だ・・・!

家計を見直す方法として、我が家では「マネーフォワード」というスマホアプリを夫と共有しています。

銀行口座やクレジットカードを一括管理するアプリです。

通帳から引き出した金額やカードの使用歴が一目でわかります。

私一人で家計を握るのは危ない橋を渡るようなもの(笑)

夫と二人で家計管理をし、お互いブレーキを掛け合っています。

ただ、私自身が浪費しないように気をつけていることがあります。

浪費しないように私が気をつけること

1.気分が落ち込んでいるときは買い物をしない

落ち込んでいるときは自分に足りないものを埋めようとしがち。

とくに私物の買い物は控えます。

例えば洋服の試着!お世辞?と思っても「お似合いですよー♪」が嬉しかったりするんですよね。

注意しないといけないのは、ネット通販。液晶上で気軽に利用できるものだから、ついポチっと押しがちです。

そのときは一呼吸置いて、あえて買い物カゴにいれるとこで止めておきます。

後日確認すると、「やっぱいらないやー!」となることがほとんどです。

買い物カゴを押しただけで満足することもかなり多いです。

2.本当に必要なものなのか考える

これは品物ひとつひとつに対してです。

セール品や100円均一で購入できるものも含みます。

「本当に必要なもの?」というと、”重い言い方”のようですが、効果はあります。

いつどこでどのように利用するものなのか、どれくらいの量をどのくらいの期間で使うのか?、代わりはないのか?など。

ここまで明確にしないと無駄に買いすぎてしまったり、家のなかに無駄なストックが増えたりして、うまく管理ができなくなってしまいます。

物が増えるのは本当にあっという間です。必要最低限に抑えることが大切です。

3.実際必要なかった場合どうするのかを考える

買ったのはいいが、使ってみると予想外の失敗がよく起こります。

実はそれほど必要なかった、使う期間が短かった、買う量が多すぎて余ってしまった・・・など。

流行の変化が著しいもの、サイズが変化しやすい子ども服、成長に応じて使用するかが決まってくるベビー用品。予測がつかないことがよくあります。

その場合は、オークションや買取サービスを利用したり、必要としている人に譲るなどの手段を取っています。

最悪ゴミとして捨ててしまう場合もありますが、二度と買い物で同じことを繰り返さないという心構えが必要です。

(私もミーハーなもので…勢いであれもこれもと手を伸ばしたくなりますが、後先を考えることを特に意識しています)

最も注意しないといけないことは「処分する方法があるから買い物をする」と考えることです。

必要であるから買い物をするもので手放すために買い物するのではありません。

買い物する目的を失うとつい浪費に走ってしまいがちです。ここは注意しましょう。

4.冷蔵庫の中をマメにチェック!

食品の場合は、とくに意識しています。

食べ物を腐らせることが最大の損失だと私は考えます。

たくさんの食材を使って日に日に変化のある献立を考えることは確かに大切です。

しかし、これを毎日続けると少なからず使う食材と使わない食材に差が出てしまいます。

生鮮食品は品質の変化が著しいです。

このバラツキが消費期限(賞味期限)切れのものを作ったり最悪カビが生えたりなどを起こしてしまい、健康そのものを害する原因になってしまいます。

今あるものを少ない量で購入し早いうちに使い切る、その後足りない材料を買う。

私にとって最もベストな方法と思っています。どうしても使いきれないというときは冷凍を利用することもよくあります。

時々棚卸しをしスペースに余裕をもたせておくことも大切です。

安全のため、作ったものを冷凍する際は1ヶ月以内に食べ切るようにしましょう。

防災用の食品を我が家もストックしていますが、もちろん賞味期限があります。こまめに確認するようにしましょう。

5.気にしているのは固定費の支出と通帳の残高

光熱費や保険料、子どもの教育費、パソコンや携帯の通信料など、月単位、年単位で出て行くお金です。

大きなお金も多くクレジットや銀行による引き落としにしています。

単位ごとで減るものですので、毎月最低どれくらいのお金が減るのかというのがある程度予測しやすいものです。

クレジット払いの信用に関わることですので、通帳の残高を気にするのは最低条件。

引き落とし前に必ず残高に余裕があるのかを確認するようにしています。

光熱費や通信料は月々変動しやすいものですので定期的な見直しが必要です。

先ほど紹介したマネーフォワーをもとに、家計の相談をしています。

固定費はライフスタイルの変化により必要か不要か変わっていきます。不要と感じたら早いうちに解約をするなど、最小限にしておくとよいでしょう。

6.お金を使うのは投資であると考える

お金は減るけど、その分何かを得ているということを考えます。その行動は決して無駄ではないと思います。

もちろん、その買い物は後々考えると、不要だったということもよくあります。その気づきがお金を貯めようという近道になるのではないかと思います。

私の中でお金が減る理由は、自分の心の中の”欲”が増しているからだと思っています。

先ほど申し上げたように自分に足りないものを何かで埋めようとするから買い物をしてしまうんです。

キレイになりたかったら洋服や化粧品を買うし、知識を得たかったら本を買うようにね。

疲れたりイライラしたら甘いものが食べたいとか飲んで忘れたいとか。

どんなにお金の知識があっても、自分の欲には勝てません。

ここは自分が精神的に成長をするか、自分の弱点を知りコントロールするしかないですね。

まだまだ未熟なところです。

お金の使い方はダイエットと似ていますね

お金を作ることができないからこそ、お金の使い方を把握しようと思っています。

お金を使うことは我々人間の行動ですからね。食べたい時に食べる!→太ってしまう→ダイエットする、まさに私の食生活とお金の使い方は同じです。(笑)

欲が増して無駄に溜め込んでしまい収拾がつかなくなる前に、一度自分の気持ちに正直になってみることが大切です。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい食を求めて、自由気ままに過ごす主婦ブロガー。 ズボラな私でも上手にできる!キレイすぎない料理術を発信していきます。 育児や家事に完璧を求めず気楽に過ごせる方法、専業主婦が負い目を感じない働き方を模索中。 神戸在住の30代。管理栄養士。夫と7歳,4歳,0歳(2018年1月出産)の子の5人家族。 ご飯にシチューをかけて食べる派。ピザは、ドミノピザ派。