人付き合いにぐったり!ママが疲れた時のリラックス法は?イライラはその日のうちに対処してしまうのがおすすめです




今年度も3分の1を過ぎようとしています。新生活を迎えた方は新しい人間関係に慣れましたでしょうか?あらゆるシーンにおいて、親しくなろうと頑張り過ぎてしまい疲れてきたという方も中にはいらっしゃるかもしれません。そんなときにおすすめする5つのリラックス方法をご紹介します。

1.イライラしたときのリラックス法は

1.家事を簡単にすませる

頭の中がモヤモヤしているときは家事を最小限にしておきましょう。特にイライラしている時は、余計なことまで目についてしまい神経質になりがちです。それがさらなる疲れを生み出すことがあります。夕食も作りたくないと思う時は無理をせず、お惣菜やデリバリーに頼ってもよいでしょう。無理して作った夕食のあとの食器洗いは本当にしんどいです。明日笑顔で過ごすための手段ですので、できないことを決して責めないでくださいね。

2.早く寝る

お金や道具を使わない簡単な方法といえば、やっぱり寝るに限ります。日頃の就寝時間よりも1〜2時間早く寝るようにしましょう。寝かしつけではなく、いっその事子どもと一緒に眠ってしまう勢いで。眠れない時はホットミルクやハーブティを飲むとより効果的です。寝る前のパソコンやスマホの利用は避けるようにしましょうね。

3.とにかく笑う

笑うというのはストレスを発散するために大切なことです。よく笑う人はそうでない人よりも寿命が伸びるという研究結果も出ています。一緒にいて前向きな気持ちになる友人を頼るとよいでしょう。同様に、お笑い番組を見るのも効果があります。YouTubeなどの動画サイトでお気に入りの芸人さん探しをすると自然と時間が経ち、気が付いたら嫌なことを忘れてたなんてこともあるかもしれません。

4.好きなキャラクターや芸能人に頼る

いい大人がと思うかもしれませんが、想像することで幸せな気持ちになります。好きな芸能人がいらっしゃる方はその方のドラマや映画をひたすら見るのもいいですね。漫画やアニメ、ゲームなどの魅力的なキャラクターに頼るのも素敵です。私は小説を読んで忘れようとしていますが、もしも実写化したら・・・このキャラはあの人だ!というような俳優予想をしています。(笑)

5.子どもと少し距離を置く

もちろん育児放棄ではありません。疲れているときに子どもと一緒にいるとイライラする必要がないことまでイライラしてしまうことがあります。そのときは子どもに「ママ疲れているから向こうの部屋でひとりになるね」ということを正直に話すようにしています。預かり保育や一時保育が利用できる場合は積極的に活用します。私用で子どもを預けて何か言われるということはありませんので、安心して利用してくださいね。

2.これはあまりおすすめしません!

甘いものを食べる・お酒を飲む・買い物をするなどの消費行動を20代の頃よくしていましたが、ほとんど効果がなかったです。結局は何も生み出さずに根本的な解決にならなかったからです。何かを満たそうという欲が強く出てしまうと周囲に伝わってしまい、かえってマイナスになってしまいます。イライラしながら買った洋服、結局袖を通さなかった・・・ということも実際によくありました。疲れているときは無駄な消費を避けるようにしています。

3.ときにはひとりになっても良い 自分の時間が大事

物事をうまく進めていくために人付き合いは大切なことですが、相手と親しくなる時間はそれぞれ個人差があると思います。無理して距離を縮めようとすることが返って逆効果なることもあります。私は相手と親しくなるまでに2倍3倍と時間がかかってしまうタイプですが、決してマイナスなことだと思っていません。程良い距離感をつかめるというメリットがあるからです。仲良くしなければならないという考えから離れてみることが人付き合いで疲れないコツです。自分の時間も大切にしましょうね。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

管理栄養士の資格を取得し就職するも1年で失敗。 その後、結婚・出産。7歳4歳0歳の3児の母です。 結婚生活の85%を専業主婦で過ごしてきた、自称【お料理主婦ブロガー】。 仕事と家事を完璧にこなす「スーパーウーマン」を目指すことに疲れてしまい、日々お気楽に過ごす方法を模索中。 料理はカタチから入るタイプです。 「ていねいな暮らし」を心がける、スーパーズボラ主婦の生活を公開。 節約と人付き合いと、オムレツを焼くのが大の苦手です。 料理は得意じゃないが、料理をせずにはいられない! 好きな言葉は『適当万歳』