子どもの風邪!処方薬で悪戦苦闘・・・オブラートで粉薬が飲めない娘を無事に飲ませることができた3つの飲ませ方




暑い夏が続いていますが、子どもたちのまわりで夏風邪が流行っていませんか。

子どもが熱を出して病院に行き、お医者さんの話を聞いて安心するものも、次に待ち構えているものは・・・処方薬!たいてい粉薬で処方されます。

ちいさな子どもにお薬を飲ませるって本当に大変ですよね。お薬を包むゼリーやオブラートは薬とバレてしまい受け付けてもらえずで、いろんな食べ物と混ぜてみて試行錯誤をしました。

粉薬大嫌いな娘が無事(薬と気づかずに)飲んでくれたテイストは以下の3つです!

1.味が濃いめの甘いものと混ぜるのがポイント

1.アイスクリームとチョコレート

”アイスクリーム”と表記されている味の濃いめのボックスアイスがおすすめです。味はバニラでもチョコレートなどの他の味でもOKです。

アイスを器に盛った後に薬をまんべんなくふりかけて、その後スプーンなどで表面を軽くおさえて粉末を見えなくします。チョコレートシロップやチョコスプレーでトッピングをします。

2.ヨーグルトとはちみつ

プレーンヨーグルトに薬を混ぜてその上にたっぷりとはちみつをかけます。はちみつとヨーグルトを絡めて食べさせます。1歳未満のお子様にはちみつを絶対に食べさせないでくさい!好みでカラースプレーやシリアルなど少量トッピングして華やかにしてもいいでしょう。

3.濃いめのカルピスと牛乳

カルピスを牛乳と混ぜると、水で混ぜるよりも濃厚になりトロッとした食感になります。牛乳で割るタイプのものがおすすめですが、水で割るタイプを使用しても同様に効果がありましたのでどちらを使っても大丈夫です。原液と薬を混ぜて、それから牛乳を注いでさらに混ぜます。

2.飲ませ方のポイントは?

味を濃いめにすること、おしゃれな容器にしたりトッピングを工夫するなど見た目を豪華にすることがポイントです。分量はお好みで大丈夫ですが、体調面も考慮して普段食べる量の半分くらいにしておいたほうがよいでしょう。

薬という飲まなければならないものから逸らすようにしましょう。がんばって病気と闘っている患者様のごほうびメニューというスペシャル感が大切です。

ある程度の年齢になると、薬の袋そのものを見るだけで子どもは察知してしまいますので、薬は子どもの目の届かないところに置いて、こっそりと作るようにしましょう。そして、「がんばったねー♪」とさりげなくおやつを出す感覚で子どもに見せます。

3.薬を食品と混ぜて飲む際に注意すること

柑橘系のテイストは、抗生物質など薬の種類によっては効果を低下させてしまったり味に苦味が生じてしまう場合がありますので、使用しないようにしてくださいね。

また、お子様の症状や薬の種類によっては摂取することをおすすめしない食品が含まれている場合もあります。一度お試しする前にお医者様に相談されることをおすすめいたします。

夏風邪は長引きやすいですので、暑いからと言って冷たいものを食べ過ぎたり体を冷やし過ぎたりしないように予防から心がけていきましょう。何よりもお薬を飲まないでいい!というのが一番大事ですね。

ABOUTこの記事をかいた人

管理栄養士の資格を取得し就職するも1年で失敗。 その後、結婚・出産。7歳4歳0歳の3児の母です。 結婚生活の85%を専業主婦で過ごしてきた、自称【お料理主婦ブロガー】。 仕事と家事を完璧にこなす「スーパーウーマン」を目指すことに疲れてしまい、日々お気楽に過ごす方法を模索中。 料理はカタチから入るタイプです。 「ていねいな暮らし」を心がける、スーパーズボラ主婦の生活を公開。 節約と人付き合いと、オムレツを焼くのが大の苦手です。 料理は得意じゃないが、料理をせずにはいられない! 好きな言葉は『適当万歳』