自転車マナーアップを目指して!歩道は走ってはいけないの?車道を走る時に気をつけることは?子ども乗せの場合注意すること




子どもが入園したときに子ども乗せ電動アシスト自転車を購入しました。娘の幼稚園の送迎に毎日利用しています。とても便利で快適なものです。

平成27年に道路交通法の改正により自転車についての取り締まりがより厳しくなりました。子どもの命を運んでいるものですので毎日注意して走っていますが、知らないうちに間違った乗り方をしていないのか気になります。もう一度法律を確認して見直してみようと考えます。

1.自転車は歩道を走ってはいけないの?

まず、自転車は軽車両という意味で車両という認識になります。車両は原則的に言いますと、例外がない限り歩道を走ってはいけないとなっています。しかし、法律の内容によりますと

道路標識等により通行することができるとされている歩道を通行することができる
(道路交通法 第63条の4第1項)

自転車は歩道の中央から車道寄りの部分を徐行しなければならない
(道路交通法 第63条の4第2項)

とあります。

また13歳未満の子ども、70歳以上のお年寄りは、安全のため歩道の自転車走行が認められています。歩道を走る際は、歩道中央より車道側を徐行して走ることがルールになります。

車道側を走るということになると、なかなか難しいかもしれません。歩道というのは、もちろん歩行者優先の道路のことです。歩行者にベルを鳴らして追い抜くこと、2列で並走をして歩行者の通行の妨げることは、マナー違反であることは言うまでもありません。

自転車が歩道を走ることは100%間違いではありませんが、歩道は”歩行者のための道路”という意識を持ち、歩行者に注意を払うことを忘れないようにしてくださいね。

2.車道を走る時に気をつけることは?

先ほど申し上げたとおり自転車は車両ということですので、車道の左側を走行するものであるります。走る時は路側帯の中を走るようにします。

路側帯の種類は

  1. 白い実線が1本のもの
  2. 白い実線と点線のもの(駐停車禁止路側帯)
  3. 白い実線が2本のもの(歩行者専用路側帯)

の3種類あります。3の路側帯は歩行者専用になりますので、自転車は車と同様に車道を走ることになりますので注意が必要です。

そして、車道走行の中で最もしてはいけないことは、右側通行です。

これは逆走して運転するということにあたります。向かいから走る車や自転車と接触する可能性もあります。

路側帯の道幅が狭く目の前に車が走っている場所での接触はとても危険です。左側通行を必ず心がけましょう。

路側帯に歩行者が通行している場合、自転車は無理に通行したり追い抜こうとしたりしてはいけません。歩行者がいる場合は通行の妨げにならないように徐行をし、いない場合は安全な速度であることが必要です。

最近は自転車専用道路というものが増えつつあります。自転車専用と言っていますが、もちろんこちらも右側通行は厳禁です。向かいからくる自転車と接触してしまう事故が実際に起きているという情報もあります。左側通行を心がけましょう。

3.子ども乗せの場合注意することは?

お子様を乗せる場合注意することは、ヘルメットの着用とチャイルドシートの設置についてです。ヘルメットの着用は平成20年の道路交通法の改正で

幼児および児童(13歳未満)に対するヘルメットの着用(道路交通法 第63条の10)

と努力義務が施行されました。ヘルメットの未着用で罰則や罰金はありません。しかし、事故にあった際にヘルメットの着用の有無で生死に大きな差が出たという報告があります。中には着用を嫌がるお子様もいらっしゃるかもしれませんが、着用したら助かる命があるということをお子様へ伝えておくことが大切です。

また、チャイルドシートの設置について見直すべき点は、子どもの体重に対応できるシートかどうかとシートがしっかりと固定されており劣化していないかという点です。お子様の成長とともに対応できるシートは変わってきます。こまめな点検とともに、対応可能なシートかどうかを再度確認しておきましょう。シートの交換の際はメーカーによって異なりますが、目安としては以下のとおりになります。

前乗りの場合:1歳以上4歳未満 身長100cm以下 体重15kg未満

後ろ乗りの場合:1歳以上6歳未満 身長115cm以下 体重22kg以下

それから、見落としがちな点として、自転車は2人乗りをする際は、運転者が16歳以上であること、幼児用座席は座席1つにつき6歳未満の幼児1人であることです。

3人乗り自転車の場合は、幼児を2人同乗できる特別構造の自転車であり6歳未満の幼児2人の場合のみ許可されます。

我が家も、6歳で小学生のお兄ちゃんがまだ2人乗り自転車の後部座席に座りたがっています。不便に感じるところはありますが、体重も22kgを超えていますので違法になってしまいます。自転車のルールを一緒に勉強して、近いうちに息子も自転車デビューをするつもりです。

 

他にもたくさん気をつけるべき点がありますが、子ども乗せ自転車を毎日使用している親目線で書きました。歩行者を優先して安全運転を心がけること、お子様を自転車に乗せる場合は年齢や体重に合ったものを選ぶようにしてくださいね。ヘルメットの着用は必須ですよ!

ABOUTこの記事をかいた人

管理栄養士の資格を取得し就職するも1年で失敗。 その後、結婚・出産。7歳4歳0歳の3児の母です。 結婚生活の85%を専業主婦で過ごしてきた、自称【お料理主婦ブロガー】。 仕事と家事を完璧にこなす「スーパーウーマン」を目指すことに疲れてしまい、日々お気楽に過ごす方法を模索中。 料理はカタチから入るタイプです。 「ていねいな暮らし」を心がける、スーパーズボラ主婦の生活を公開。 節約と人付き合いと、オムレツを焼くのが大の苦手です。 料理は得意じゃないが、料理をせずにはいられない! 好きな言葉は『適当万歳』