空き瓶が調味料入れと化す リメイクアイディア他にないかしら?




「空き瓶、捨てられない。」

今朝使い切った鮭フレークの瓶を眺めながら、つぶやいてしまいました。

子ども達は、鮭のおにぎりを好んで食べます。毎朝お弁当作りと並行し鮭のおにぎりを握ります。

使用している鮭フレークは、2瓶セットの小瓶です。だいたい週に1本のペースで使い切ります。ハイスピードですね。あっというまに瓶がどんどん溜まっていきます。

1.そこで瓶の使い道を考えてしまう私

瓶のリメイク方法、先に思いつくのは、言わずもかな・・・調味料入れにすること!調味料集めがやめられません。そのお手伝いさんになっている鮭フレークの空き瓶。毎回毎回同じメーカーのものを購入していますので統一感がありますね。

さらに、ラベリングまで始めます。好きなイラストやロゴなどを書いて手作りしてブログにアップしたいところですが、市販のラベルシールを使います。

絵を描くのが苦手ですので・・・ラベルの手作りをするのでしたら、たくさん練習が必要です。このようなスタイリッシュなラベルが販売しているんですよ。私はvor.1を利用中ですが、vor.2も近いうちに購入します。

▲ クリックするとどのような調味料に利用できるのかご覧になれます

2.こんなにたくさんあると 集めたくなるじゃないですかー!(笑)

「空き瓶が増えるから、調味料が増える? それとも、調味料を増やすから空き瓶を増やさなければならない?」

鮭フレークは瓶詰めのものを買うではなく、袋詰めのもにすればいいのに・・・とも思ってしまうのですが、瓶詰めの食品ってなんだかときめきません?

自然そのものを丸ごとゴロゴロっと入っている感じがしてさ。食品の素材そのものが生きているって気分にさせるんですよ。

中身が見えるからそのように感じるのでしょうかね?それとも使い終わった後何に使おう?というワクワクした気持ちからでしょうか?

今日も調味料集めのお手伝いさんになる、我が空き瓶たちにラベルを貼って眺めてみては、「献立何にしよう?」と頭を悩ませるのでした。