調味料収納がやめられない!気づいてる?賞味期限の日付は開封前の場合ですよ!




ふとキッチン内をぐるりと見渡してみると、そこでいつも思うこと・・・

「調味料がなんて多いんだー?!」

「調味料コレクターのRumiです♪」

と自己紹介でもしておきましょうか。

1.調味料を挙げればキリがない

さしすせその定番のものはもちろんですが、乾物やスパイス、小麦粉、コーヒー豆や紅茶、日本茶などの飲み物や干しエビや塩昆布、固形スープまでも。もはや、味をつける物だけでなく、ハーブや粉物、乾物までもが私にとっては調味料の仲間のようなものだ。

それだけではない!すぐ使う使わない関係なく、どういうわけかキャニスター(保存容器)に入れたがる。すっきりスマート 見える収納!インテリアにも!っていう意味なのでしょうか。もうすっかり自己満足な世界ですね。(笑)

お気に入りのキャニスターは、奥さまに大人気の「フレッシュロック」。数がどんどん増えています。

フレッシュロックはサイズが豊富!業務用小麦粉もらくらく収納!米びつ代わりにパスタ入れに♪

2017.05.31

2.フレッシュロック品切れる その代替は?

LOHACOで購入できますが、さすがの人気商品!残念なことに・・・在庫切れ!ということもよくあります。すべてフレッシュロックで揃えたら素敵!と思いながらも、まだまだ追いつけずに・・・「どれだけ調味料集めるんだ?」と自分に突っ込みます。

少しずつ揃えるとして、足りない分は娘のお弁当でよく使う鮭フレークの空き瓶で代用しています。なんの変哲もない空き瓶ですが、並べてみるとなんだかしっくりきます。


空き瓶が調味料入れと化す リメイクアイディア他にないかしら?

2017.06.01

3.”調味料を集める”ということは すべて使い尽くすこと前提!

食べ物に表記されている賞味期限・・・未開封の状態の場合ですし、開封しキャニスターに移してしまった時点で”お早めにお使いください!”ということになります。それは忘れてはなりません。

キャニスターに移して、「さあ、これらをうまく使いこなすんだ!」と、お料理スイッチを入れることが大切です。

お気に入りのキャニスターの中に調味料がずらっと並んでいることは確かにとても素敵なことです。

「さあ、今日はどのような味付けにしてどのように料理をしよう?」と冷蔵庫の中のものと照らし合わせて新しく料理のアイディアを考えるのが理想です。

調味料が多いほど味や風味の幅が広がりますし、美味しく食べれるために限られた期限があるからこそ料理をしようという気持ちが高まります。この気持ちが無駄にならないように・・・今日も調味料を集め続けます。

そしてお早めにいただきます♪料理をせずにいられない性分なのは、調味料収納が止まらないおかげなのかもしれませんね。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい食を求めて、自由気ままに過ごす主婦ブロガー。 ズボラな私でも上手にできる!キレイすぎない料理術を発信していきます。 育児や家事に完璧を求めず気楽に過ごせる方法、専業主婦が負い目を感じない働き方を模索中。 神戸在住の30代。管理栄養士。夫と7歳,4歳,0歳(2018年1月出産)の子の5人家族。 ご飯にシチューをかけて食べる派。ピザは、ドミノピザ派。