人付き合いが苦手な幼稚園ママにおすすめ?迎え直前にスーパーへ駆け込んで節約。カウントダウン買い物術とは??




子どもの幼稚園の迎えの10分前にスーパーに行き買い物するだけ

この方法で買い物をしています。「カウントダウン買い物術」と呼んでいます。

ママ友をはじめ、人付き合いが大の苦手な私の行動心理をもとに考えました。

普段持参している買い物バッグとタイマーを用意するだけ

  1. 子どもの迎えに行く時間を知らせるためにタイマーを利用します。タイマーはスマホのタイマー機能でOKです。
  2. タイマーの時間帯は、スーパーから幼稚園まで徒歩2分の距離であれば8分程度でいいでしょう。

このように、ギリギリの時間をセットすることで、短時間で買い物を済ませ、荷物を持って幼稚園へ迎えに行きます。

「なんで買い物袋持って、幼稚園入らないといけないの?」

「そんなの恥ずかしくて、できない。」

なんて思うかもしれません。でも、この買い物したものを敢えて持参するというのがポイントです。

私が「カウントダウン買い物術」を使う理由

1.迎え直前というするべき用事があるので時間が限られている

自宅から近いところに数多くスーパーがありますし、買い物できる時間はいくらでもあります。

しかしスーパーに滞在する時間が長くなると今買う必要がないものまで買ってしまうことがよくあります。

暇なときに限ってダラダラと買い物をしがちです。

余計なものを買わずに短時間で必要なもののみ購入する。

子どもがママの迎えを待っている幼稚園の迎え直前に買い物を終わらせます。

魚や肉、卵、牛乳など、デリケートな食材ほど、カウントダウン買い物術に向いています。

新鮮で劣化が著しいものほど、早くおうちで冷蔵庫に入れなければならないという緊急性を要しているからです。

限られた時間で必要な用事のみを終わらせて、さくさくと次の家事を進めていくことが時短への近道です。

2.保存を必要とするものを持つことでお誘いや付き合いなどの寄り道防止になる

「迎えが終わったらさっさと家に帰りたい!」

そう思った時に、この買い物術を生みだしました。

降園後は、子どもが園庭や公園で遊びたがったり、急にママ友から誘われたり・・・何かと時間を使いがちです。

子どもにとってもママにとっても、決して無駄な時間ではありません。

でも、自分の都合を調整してまで変更しないといけないのかと思うと、迷うところです。

それに、人付き合いが加わると、予想外にお金も時間も多く使ってしまいがちです。

この買い物術を使うと、突然お茶が飲めるお店やママ友の家に誘われても

「冷蔵品の荷物があるから〜」

「今日の夕飯の支度、全くしていないんだー」

と、断る理由をつくれます。

無駄買いを防ぎ、さらに食材管理に気を遣わなければならない状況を作ることができるのが、子どもの幼稚園の迎え直前ということになります。

「遊ぶ〜!」って、子どもは遊びたがることもよくありますが、寄り道をせずにまっすぐ帰るということを教えるのにもベストかなと思っています。

降園後の買い物をやめました

「わざわざ迎え前でなくて、降園後にすればいいじゃん!」という方もいらっしゃると思います。

私も以前は降園後に買い物をしていましたが、子ども連れて買い物に行くのはスムーズにいかないため、やめました。

スーパーは広いですし、買い物しながら子どもを見るのも大変。

途中でお菓子やジュースをねだられることもあり、買った後に後悔することもよくありました。

小学生低学年の長男の帰宅のことを気にすることもあり、落ち着いて買い物ができないのもあります。

それに、帰宅した後ってかなり疲労がたまりませんか?

降園後にすぐに帰宅したほうが、その後ダラダラと過ごさなくなり、切り替えが早くなります。

降園後に買い物をやめるのは、その後の家事や夕食作りに支障をきたさないというメリットがありますよ。

難しいかもしれないが、長期的に考えると楽ですよ

最初はなかなか慣れないですし、難しいですよね。

「短時間の買い物が不安だわ」と思う方は、メモを用意しておくとスムーズです。

品物の置き場がどこなのか? と場所を明確にしておくことがコツです。

慣れてくると、TVゲームのようなスリルや圧迫感を楽しめます♪

まずは、迎え直前に幼稚園から一番近いスーパーに行くここから始めてみてくださいね。

幼稚園ママのお付き合いが苦手なあなたへ。

「あー・・・今日もママ会か〜。また悪口大会なんだろうな。」

と、渋々ママ友付き合いをしていませんか。

子どものためにのらりくらりとやり過せばいいと思っていても、頻繁にお付き合いが重なると面倒に感じるもの

せめて、子どもが幼稚園に行っている間は、自分のために時間を使いたい!

スキマ時間にWebサイトを作る在宅ワークやフリーランスなど。

自宅でできるWebデザインスキルを身に付けることができるスクールがあります。

お気軽に始められる無料相談も開催中です。

愚痴や悪口に付き合うなら、夢や目標に向かって一緒に頑張れるママ友が欲しいよね。

主婦・ママ専用のWebコースを受講して、同じ目標を持ったママ友を探しに行く

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい食を求めて、自由気ままに過ごす主婦ブロガー。 ズボラな私も上手にできる!キレイすぎない料理術を発信していきます。 育児や家事に完璧を求めず気楽に過ごせる方法、専業主婦が負い目を感じない働き方を模索中。 神戸在住の30代。管理栄養士。夫と7歳,4歳,0歳(2018年1月出産)の子の5人家族。 ご飯にシチューをかけて食べる派。ピザは、ドミノピザ派。